NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » 2020年08月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2020年08月28日

砂ガニさんはお昼寝ですか?

2020.8.2-1.JPG

2020.8.2-2.jpg

2020.8.2-3.JPG

 鉢ヶ崎リゾート振興協会と共同で、鉢ヶ崎海岸で実施している砂ガニ調査。今年は8月2日(日)に、飯田小学校6年生の親子会(大人15名、子ども20名)が参加して行いました。指導は、のと海洋ふれあいセンターの東出さんです。
 これまで朝の早い時間帯に行っていたのですが、今回は午後2時の集合です。砂ガニはいるのでしょうか?今回設定した、6m×25mのエリア内に280個の巣穴を確認しました。期待は膨らみます。しかし残念ながら、捕獲されたのは2匹だけでした。
 理由としては、周りに人が多い時間帯であったことや、調査エリアを確保するためにロープを張るなどしたことが、警戒心の強い砂ガニに影響を与えてしまったのではないかと思われます。
 砂ガニは甲羅が3cmほどの砂浜の代表的な生物で、自然の豊かさを図る指標生物でもあります。鉢ヶ崎の海の豊かさを調査するのはもちろんのこと、そこに生息するカニをみつけ触れてみる体験活動です。地球環境基金のLOVEBLUE助成事業を受けて実施しています。今年で4回目となります。
 NPOのメンバーと地域の子どもたちが会話をし、触れ合いながら進める砂ガニ調査は、とても楽しいものです。今回の教訓を生かしながら、長く継続していける活動にしていきたいものです(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 13:33 | コメント (0)

2020年08月08日

マダコも獲れたよ!

2020.7.26-1.JPG

2020.7.26-2.JPG

2020.7.26-3.JPG


 7月26日(日曜日)、小泊の海岸で地引網を使った、飯田小学校3年生の親子会が行われました。かなり心配されたお天気でしたが、波は子どもたちにとって最良のベタなぎ状態で、まさに地引網日和となりました。
 参加したのは、子ども28名、大人19名。網は2回入れ、獲れた魚はタフブネに入れてみんなで観察しました。手を入れて触ってみたり、体長30cmのマダコが入っていたのには、大はしゃぎです。
 漁師の上野さんと里海教育研究所(能登町小木)の谷内口さんが、子どもたちの質問に答えて魚の名前などを教えてくれました。ハゼ、タナゴ、ベラ、メバル、クサフグ、イトマキヒトデ、アメフラシなど、いろんな海の生き物が獲れました。観察した後は、すべて海に帰しました。
 地球環境基金LOVEBLUE助成事業で制作した網ですが、子どもたちの環境教育や里海を知る活動に大いに貢献してくれています(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 14:27 | コメント (0)

ふるさとの海を知る

2020.6.19-1.JPG

2020.6.19-2.JPG


 昨年から始まった宝立小中学校の里海学習が、6月19日(金曜日)にありました。
同校は今年7年生を対象に、総合学習の一環でビオトープ(里地)、里海、里山の3テーマにふるさとを知る学習をしています。里山については、日程の調整がつかず9月以降に持ち越されました。
 今回の里海学習では、NPO会員で地元漁師の上野さんや、能登里海教育研究所(当NPO会員)の谷内口さんが、子どもたちの質問に答えていました。
 珠洲に住んでいても、地引き網をする機会はなかなかありません。ワクワク気分での学習は楽しかったのではないでしょうか。
 最後は海岸のごみ拾いをして、里海学習は終了しました(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 12:02 | コメント (0)

2020年08月05日

クリーンビーチ2020

2020.6.23-3_R.JPG

2020.6.29-2_R.JPG

2020.7.4-3_R.JPG

2020.7.23-2_R.JPG

 今年のクリーンビーチ2020は、6月23日(火)の正院小学校を皮切りにスタートしました。昨年同様、市内小中学校5校といっしょに実施することになりましたが、宝立小中学校は波が高く危険だという判断で、残念ながら今年は中止になりました。
 参加4校で、児童・生徒、教師、NPOなど合わせて延べ158人が参加し、収集したごみの総量は236.83kgでした。どんなごみが多いかというと、ナンバーワンはプラスチック系のごみです。ペットボトルやロープなど石油から作られたものです。一つ一つは軽いのですが、残念ながら数が多い。外国からのプラスチック系容器も、毎年必ず拾います。能登は漁師が多いので、どうしても漁業系の網や浮き球が流れ着いたりします。
 せっかくきれいにしても、どこからともなく海岸にはゴミが漂着します。だからこそ、子どもたちへのアンケート調査では、「海や川にゴミを捨ててはいけない」という回答が一番多くなります。大人になっても、その気持ちを忘れずにいてほしいものです。
▽6月23日=正院小学校 参加者55名 ごみ量20.0kg
▽6月29日=みさき小学校 参加者32名 ごみ量50.6kg
▽7月4日=直小学校 参加者44名 ごみ量84.0kg
▽7月4日=宝立小中学校 波高く天候不良のため中止
▽7月23日=大谷小中学校 参加者27名 ごみ量82.23kg

投稿者 赤石大輔 : 14:53 | コメント (0)