NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » 第345回 里山里海食堂へんざいもん 令和元年9月10日

ソーシャルブックマークに登録:

2019年09月14日

第345回 里山里海食堂へんざいもん 令和元年9月10日

2019.9.10-1.JPG

本日利用人数:31人
<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・わかめとうす揚げとミョウガの味噌汁
・煮しめ(シイタケ、ミニがんも、ちくわ、ごぼ天、人参、かぼちゃ)
・塩サバ
・スパゲッティサラダ
・アカズキの酢の物
・ゴーヤのサラダ(和風)
・キンピラごぼう
・切り干しの煮物
・漬物


 本日は火曜日ですが、へんざいもんは臨時営業です。大阪からシニア大学校の受講生たちが、能登へ二泊三日の自然観察会で見えられました。
 珠洲に来る時期としてはいいかもしれません。なぜなら秋祭りの時期だからです。「日本遺産」のキリコ祭り見学もメニューに入っています。
 案内役は、石川県立自然史資料館館長の中村浩二先生です。
 シニア大学ということで、お料理は昔ながらの煮物が中心です。参加者の方からは、アカズキの調理方法など、いろいろと訊かれました。へんざいもんのお母さんたちは、それに対し的確に答えていました。
 メニューからは想像できないかもしれませんが、揚げ物などなくてもお腹いっぱいです。あっさりしているので、いつの間にか全部いただいちゃいました。ごちそうさまでした(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 2019年09月14日 14:50

この記事へのコメント

コメントしてください。




保存しますか?