NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » 第344回 里山里海食堂へんざいもん 令和元年8月28日

ソーシャルブックマークに登録:

2019年09月07日

第344回 里山里海食堂へんざいもん 令和元年8月28日

2019.08.28-1.JPG

本日利用人数:36人
<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・つみれ汁
・トリの竜田揚げ
・茄子と人参の煮物
・ピーマンの甘味噌炒め
・ワカメとキュウリの酢の物アカズキ添え
・ポテトサラダ
・ベロベロ
・漬物


 本日は、ANAの社員研修ということで、全国から約30名の方たちが能登学舎にお見えになり、へんざいもんは臨時営業です。
 研修は、珠洲市の「SDGs未来都市構想」について、市の担当部署の課長が講師を務めました。
 政府は昨年、全国29自治体を「SDGs未来都市」に選定し、その中の一つに珠洲市が選ばれました。そのプラットフォーム的機能を持たせる予定の「能登SDGsラボ」が、当NPOも入居している金沢大学能登学舎に昨年設置されています。
 以前から多い外国からのお客さまに加え、大企業の研修まで行われるようになり、私たちもボーっとしてはいられませんね。
 さて本日のメニューですが、メーンはやはりトリの竜田揚げでしょう。中はジューシーなのに、外はいい具合にパリパリです。マイスターの修了生も、へんざいもんのトリの竜田揚げは忘れられない!と評判です。
 どうしたら、あんな風にできるのか聞いたけど、特別な作り方をしているわけではないと言われました。
やはり、へんざいもんで食べるしかないのかな?また食べたいです!(S.O)

投稿者 赤石大輔 : 2019年09月07日 14:29

この記事へのコメント

コメントしてください。




保存しますか?