ソーシャルブックマークに登録:

2019年08月29日

砂ガニ、み~つけた!

2019.8.4-1.JPG

 令和元年8月4日(日)7:00~8:00、鉢ヶ崎海岸は晴れです。NPOは、8月3日と4日の二日間にわたり、国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成を受けて、「おらっちゃの親子ワークショップ」里海キャンプ編を行っていました。
 砂ガニ調査は、地球環境基金・LOVEBLUE助成を受けて実施していますが、せっかく珠洲市外から親子が参加しているので、キャンプ二日目の朝のプログラムとしても実施しました。
 砂ガニは甲羅が3cmほどの砂浜の代表的な生物で、自然の豊かさを図る指標生物でもあります。鉢ヶ崎の海岸の豊かさを調査するのはもちろんのこと、そこに生息するカニをみつけ触れてみて、里海の豊かさを感じる体験として開催し、今回が3回目となります。
 これまでは7月上旬に実施していましたが、その時期は海岸整備を行っていたため、今回は1カ月ずらして8月上旬に調査を行うことにしました。
2019.8.4-2.JPG  当日は雨も心配されましたが、キャンプの参加者を含む親子11組が参加し、捕獲した砂ガニに触れ、観察してみることで、里海の豊かさや生き物の魅力、その多様性、そこに生物が共存していることを実感できる内容になったと思います。
 この調査が終わりでなく、調査結果を他の地域と比較するなど、視野を広げた内容で子供たちに伝えていけるよう今後、準備していきたいと思います。(Y.K)

投稿者 赤石大輔 : 2019年08月29日 14:34

この記事へのコメント

コメントしてください。




保存しますか?