ソーシャルブックマークに登録:

2019年08月27日

ミニ地引網試運転

2019.6.15-1.jpg

2019.6.15-2.jpg

 地球環境基金(LOVEBLUE)の助成事業で、ミニ地引網を作りました。これで、珠洲の海にはどんな魚がいるのか、どの時期にどんな魚が獲れるのかなどを調べてみたいと思っています。
 さっそく6月15日(土曜日)に試し取りをしてみました。候補地は、長手崎すいせん工房さんの作業場下の海岸(A地点)と、当事務所のご近所さんである新出製材さん下の海岸(B地点)です。
 結果は、A地点で2~16cmのクサフグ6匹と7cm前後のタナゴが5匹。B地点では10.5cmのアブラメと3cmのグチの子が各1ひきずつでした。
 今年は、A地点での定点観測をすることにしました。どんな結果が出ることやら、今からワクワクです。(S.O)

投稿者 赤石大輔 : 2019年08月27日 16:02

この記事へのコメント

コメントしてください。




保存しますか?