NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » おらっちゃのクリーンビーチ2019

ソーシャルブックマークに登録:

2019年08月03日

おらっちゃのクリーンビーチ2019

みさき小集合_R.JPG

正院小集合_R.JPG

宝立小中集合_R.JPG

直小集合_R.JPG

大谷小中集合_R.JPG

 今年も6月24日のみさき小学校を皮切りに、市内の小、中学校5校といっしょに「クリーンビーチ」を行いました。昨年と違いお天気にも恵まれ、予定通りに海岸清掃活動を終えることができました。
 この活動は、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金(LOVE BLUE)事業の助成を受けて、2016年度からスタートさせた活動です。
 海開きを前に自分たちが海水浴をする海岸や、毎日目にする学校前の海岸など、身近な海岸が対象です。最近、世界的にも問題になっている海洋プラスチックなど、高学年になればなるほど子どもたちの関心も高いと感じました。
・6月24日(月)=みさき小学校3,4年生10名や能登海上保安署の方など20.名で、学校前の海岸を清掃。プラスチック52kg、発泡スチロール1.2kg、缶など金属0.7kg、ビン0.8kgの計54.7kgを回収しました。
・6月25日(火)=正院小学校5,6年生10名や校長先生など15名で、海水浴場となる西浜を清掃。プラスチック51.2kg、発泡スチロール0.2kg、缶など金属0.3kg、ビン0.8kgの計52.5kgを回収しました。
・7月6日(土)=宝立小中学校の全校76名やPTA、見附島観光協会の会員など約140名で、市内有数の海水浴場である見附海岸を清掃。プラスチック87.4kg、発泡スチロール0.5kg、缶など金属1.6kg、ビン3.7kgの計93.2kgを回収しました。
・7月6日(土)=直小学校5,6年生26名や教師、PTAなど約45名で、海水浴場となる杉の木浜を清掃。プラスチック33.6kg、発泡スチロール2.0kg、缶など金属3.2kg、ビン6.4kgの計45.2kgを回収しました。
・7月30日(火)=大谷小中学校7,8年生12名や校長先生、能登里海教育研究所の方など27名で、学校前の海岸を清掃。プラスチック59.9kg、発泡スチロール3.5kg、缶など金属21.5kg、ビン2.9kgの計87.8kgを回収しました。
 来年もまた、いっしょに海岸清掃活動しましょうね。

投稿者 赤石大輔 : 2019年08月03日 14:42

この記事へのコメント

コメントしてください。




保存しますか?