NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » おとなのためのおさかなワークショップ

ソーシャルブックマークに登録:

2019年02月22日

おとなのためのおさかなワークショップ

2019.2.9-11.JPG

2019.2.9-12.JPG

2019.2.9-13.JPG

2019.2.9-14.jpg

 2月9日、「おとなのためのおさかなワークショップ」が開催されました。今年は、へんざいもんの厨房を離れ、ご近所の伏見区集会所をお借りしてのワークショップです。
 テーマは、「おいしい干物を作ってみよう!」。
 昨年の釣り大会の時に、せっかく釣ったのに、魚をさばいたことがないーとの声が聞こえたことから、身近な魚のさばき方を習うことにしたものです。講師は、おさかなマイスターの前野美弥次さんです。
 釣り大会も、おさかなワークショップも、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金のLOVE BLUE助成を受けて実施している事業です。最近では、会員の方のほうが楽しみにしているようにも思えます…。
 さて今回のワークショップには、男性5名、女性2名の計7名の方が参加されました。最初は、包丁の研ぎ方からです。切れる包丁を使うのと、切れない包丁では、さかなのさばかれ具合が全然違います。日々、道具の手入れは重要だと思いました。
 女性の方は、習うまでもなく日常的に調理されていますが、講師の前野さんの説明で新たなお話が聞けたと喜んでおられました。良かったです。
 写真撮影に行ったつもりの私も、割りばしでカマスの内臓を取る方法など、初めて見ました。やはり目の前で見るのは、勉強になります!次回は参加しようかしら…。
 さばいた魚は、カマスのほか、カワハギとサバです。カワハギは肝が入ったお醤油でお刺身を食べたいですが、今回は干物になってしまいました。残念!
 最後は、さばいた魚のアラでアラ汁をいただきました。ネギととうふとアラだけなのに、なんと美味しいことか!!!来年は、何をさばきましょうか?(S.O)

投稿者 赤石大輔 : 2019年02月22日 16:38

この記事へのコメント

コメントしてください。




保存しますか?