NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » 2018年07月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2018年07月14日

第314回 里山里海食堂へんざいもん 平成30年7月14日

2018.7.14-1.JPG

本日利用人数: 29人
<<本日のメニュー>>
品 名
・サザエご飯
・もずくと豆腐の味噌汁
・アゴのフライ
・じゃがいもと玉ねぎのフライ
・切り干し大根の煮物
・ポテトサラダ
・インゲンの胡麻和え
・きゅうりとワカメの酢の物
・煮豆
・漬物


 サザエご飯をいただくチャンスがめぐってきました。1週間前に悔しい思いをしましたが、本日おいしく頂戴しました。やったー!
 その上に、ポテトサラダがメニューに入っています。今年のジャガイモもとてもおいしいので、サラダでもフライでもOKです。
 今日は、倒れそうなくらい、ものすごく暑い日です。のど越しがいいもずくと豆腐の味噌汁は、豊かなお昼ご飯をいただいたなぁ、を実感できました(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 13:41 | コメント (0)

砂ガニ、み~つけた!

H30カニ調査2018.7.1-1R.JPG

 砂ガニは甲羅が3cmほどの砂浜の代表的な生物で、自然の豊かさを図る指標生物でもあります。鉢ヶ崎海岸での環境調査だけでなく、そこに生息するカニをみつけ触れてみて、里海の豊かさを感じ、その体験をふるさとの海の思い出として、子供たちに海を大切にする心が育めればと思っています。
 昨年に続き今回は2回目ですが、海の水温の上昇や海岸の浸食などの条件で数が減少しているとのことで、比較のため昨年と同様の場所で巣穴の数や生息を調査することにしました。
 のと海洋ふれあいセンターに講師を依頼し、当NPOが受けている地球環境基金LOVEBLUE助成事業の活動の一環として調査しています。
 地元小学校を対象に募集し、5組の親子が参加してくれました。昨年はくもり、雨と良くなかったですが、今回は快晴で砂浜も乾いた状態でした。参加2回目という家族もいて、楽しみにしてくれていたのがうれしかった。
H30カニ調査 2018.7.1-2R.JPG

 調査は、エリアを決め穴の数を数え、122の巣穴がみつかりました。前回は200ほどだったので、数的には減少したといえます。穴を掘っての生息確認では、親子で楽しそうに会話をしながら取り組んでくれました。みつけると子供たちは自慢げに嬉しそうに見せてくれました。
 計測では、子供たちも協力して観察し、オスメスの判別の仕方や砂ガニの特徴などを説明してもらいました。今回とれた9匹はどれもメスでした。
 この調査で終わりでなく、他の地域と比較するなど、視野を広げた内容で子供たちに伝える授業などを今後、準備してみたいです(Y.K)。

投稿者 赤石大輔 : 11:46 | コメント (0)

2018年07月13日

第313回 里山里海食堂へんざいもん 平成30年7月8日

2018.7.8-1.JPG
本日利用人数: 29人
<<本日のメニュー>>
品 名
・サザエご飯
・キノコと豆腐の味噌汁
・クロバンチョのフライ
・じゃがいもと玉ねぎのフライ
・切り干し大根の煮物
・エンドウの胡麻和え
・イカときゅうりの酢の物
・煮豆
・漬物

 毎年この時期に行われる“里山体験実習in能登半島2018”。今年も金沢大学の学生たち25名が7日と8日の1泊二日の日程で能登を訪れました。
 当三崎町では、私たちNPOがトキの住みやすい環境づくりを行った粟津地区の水田を見学、そこに生きる生物などを調査・観察しました。
 珠洲市の取り組みや、能登里山里海マイスター育成プログラムの紹介の後、楽しいランチです。いきなり、サザエご飯とキノコの入った味噌汁!海と山の幸そのものです。
 その日は日曜日だったので、残念ながら私は食することができませんでしたが、味の創造はつきます。食べたかったな~(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 14:39 | コメント (0)

第312回 里山里海食堂へんざいもん 平成30年6月23日

2018.6.23-1.JPG
本日利用人数: 41人
<<本日のメニュー>>
品 名
・おにぎり 
・煮しめ
・ししゃものフライ
・とりのフライ
・ポテトサラダ
・白菜と小松菜の和え物
・大根ときゅうりの酢の物
・イカ焼き

 本日は、金沢大学能登学舎のマイスター修了生たちも参加し、立食形式のへんざいもんです。わいわいガヤガヤ、楽しい食事会です。珠洲のお米はおいしいです。おにぎりサイコー!(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 13:16 | コメント (0)