NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » 第311回 里山里海食堂へんざいもん 平成30年6月16日

ソーシャルブックマークに登録:

2018年06月16日

第311回 里山里海食堂へんざいもん 平成30年6月16日

2018.6.16-1.JPG

本日利用人数: 25人
<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯 
・ジュンサイの吸い物
・アゴ(トビウオ)のフライ
・玉ねぎのあんかけ
・ヒジキときゅうりのサラダ
・大根のゴマ和え
・煮しめ
・おから
・漬物


2018.6.16-3.JPG
 いしかわ農村ボランティアの方たち17名が、私どもの農林作業のお手伝いに来てくださいました。ありがとうございました。
 この時期は、田んぼの畦草も、保全林の下草も、人手不足で伸び放題になっています。皆さん、刈払い機や手鎌を持参で来てくださいました。本当に助かります。
 そんな方たちのために、へんざいもんのお母さんたちも腕によりをかけてごちそうを作ってくださいました。
 珍味は、なんといっても、この時期(5月下旬~7月上旬)にしか採れない「ジュンサイ」です。お吸い物にしていただきました。ジュンサイは秋田!のイメージが強いと思いますが、実は珠洲のため池でも採れます。
2018.6.16-2.JPG
 昔はこの地域でも普通に食べられていたようですが、最近はあまり食べる機会はないようです。おかげで高級食材になってしまいましたがー。
 メーンディッシュは、アゴ(=トビウオ)のフライです。トビウオは、アゴ出汁に加工される魚で、やはりこの時期が旬です。
 この時期ならではの手料理を、また来年も召し上がりに来てくださいね(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 2018年06月16日 14:45

この記事へのコメント

コメントしてください。




保存しますか?