NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » 第一回おらっちゃの里海釣り大会

ソーシャルブックマークに登録:

2016年10月01日

第一回おらっちゃの里海釣り大会

DSC_0014_R.JPG

 天気予報じゃ雨のはずが、なんと青空が広がる秋晴れに。本日は、小泊漁港でおらっちゃの里海釣り大会。参加者全員、晴れ男と晴れ女だったとしかいいようがないお天気です。
 参加者は、珠洲市内の小学校に通う親子6組。朝8時に当NPOの事務所がある金沢大学能登学舎に集合、机に並べられたトロフィーと副賞を見ながら、密かに闘志を燃やしているようでした。ライフジャケットに身を包んだら、いざ小泊漁港へ。

DSC_0019_R.JPG

 表彰の対象となるのは「キス」と「アブラメ」ですが、どんな魚も1匹も獲れないのではないかとの心配をよそに、取りあえず「キス」5匹、「アブラメ」4匹が釣れました。
 優勝は、アブラメ1匹、キス3匹を釣った木挽親子です。そして、18cmのアブラメを釣った橋本親子と、25cmのキスを釣った木挽親子が、それぞれ大物賞に輝きました。
 幸い、釣果ゼロの親子はいませんでしたので良かったです。
 釣りが終われば海岸清掃です。砂浜に「イノシシ親子」の足跡を見つけ、何を食べに来るのだろう?と、?マークが。取りあえず、打ち上げられた海藻を食べに来るのではないか、塩分補給に塩水を飲みに来るのではーなどの案が出ましたが、正解はイノシシに聞くしかないか…。

DSC_0031_R.JPG
 能登学舎に戻って表彰式を行い、少し早めのお昼をいただきました。メニューは、へんざいもんのお母さんたちが心を込めて握ってくれたおにぎりと、とん汁、シシャモのフライです。デザートには地元のナシが添えられました。
 みんなで食べると本当においしい!!!ごちそう様でした。(S.O)

投稿者 赤石大輔 : 2016年10月01日 13:50

この記事へのコメント

コメントしてください。




保存しますか?