NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top » 2015年10月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2015年10月27日

秋の山菜ワークショップ やまんばに弟子入り

IMG_2537_R.jpg
 今年も穴水のやまんばこと、谷口藤子さんに来て頂きました。山の植物のことなら何でも知っている藤子さん。今回の参加者は大人10名、小学生と幼児が1名ずつの12名。NPO会員のおとうさん、いつもは学舎の「食堂へんざいもん」で美味しい料理を作ってくれるおかあさん、見たことある人、初めての人と年齢もさまざまな参加者の皆さんが集まりました。
 今日はNPOで整備している小泊の保全林を散策します。秋の山菜って何があるのだろう?まずは入り口にキノコ発見。ジャムに出来るナツハゼやお酒につけるガマズミの赤い実もあります。秋の色ってきれいだなー。
 少し歩くと、地面がちょっとへこんで小さな水たまり。どうやら、イノシシの跡らしい。そういえば入り口にはイノシシのIMG_2590_R.jpg檻もしかけてあった。食べられるものはアケビやヨモギの代わりに使われるオヤマボクチなど。試してみたいのはマツバサイダー。新芽の時期にアカマツを採ってつくるらしい。ちゃんとシュワシュワするのだろうか?杖で探りながら、次々発見する藤子さん。かぶれるウルシの仲間には要注意!と注意してくれるのも忘れない。非常に珍しい薬草のセンブリを発見。胃痛の時、苦いお茶にして飲むと効くという。梢ちゃんはその小さくかわいらしい花の写真撮影に夢中。保全林にはかわいらしいイスのある広場もあります。反対側には池もありますが、今日は時間切れ。また、ゆっくり散歩に来たいもの。アケビも見つけたし、これでお昼の準備に能登学舎へ帰ります。
 調理場では藤子さんの妹さんが下準備中。それぞれ、エプロンをして料理に取りかかります。もちろん、男性陣も。
 お汁、炊き込みごはんに揚げ物、焼き物もできました!山のものでこんなにごちそう。
みんなで一緒にいただきます。(N.N)

0001eN_R.jpg

投稿者 赤石大輔 : 15:14 | コメント (0)

2015年10月02日

第7回おらっちゃの森づくり運動2015のご案内

NPO法人能登半島おらっちゃの里山里海では、今年も「おらっちゃの森づくり運動」を企画しました。どうぞ、奥能登すずのお茶炭の森を育む運動にご協力ください。遠方からお越しの方には、金沢から1泊2日のバスも用意しております。料金は懇親会費込みで1万円です。参加をお待ちしております。

植林2015最終.jpg

当NPOでは、珠洲市の荒廃した里山で、クヌギを植林する活動を続けてきました。珠洲市の日置地区に植林したクヌギは、10年後に伐採し、茶道用のお茶炭として生まれ変わります。おらっちゃの森づくり運動は、「人の手で里山を育み、活かす」といった本来の里山の機能を取り戻し、古くから伝わる技術と自然環境を後世に受け継ぐことを目的にしています。
今年は、これまでに植林したクヌギの補植や枝打ち、下草刈りなどの育林事業を行う予定です。地味な作業ですが、クヌギの成長には必要なことです。どうぞ、クヌギの成長を楽しみにしてください。

日時:10月24日(土曜日)11時30分〜15時30分(雨天決行)
集合場所:金沢大学能登学舎(珠洲市三崎町小泊33-7)
参加費:無料(事前申し込みが必要です)。簡単な昼食をご用意いたします。汚れても良い服装、長靴、軍手などをご準備下さい。

<<バスツアー>>
金沢からお越しの方へ、植林事業の1泊2食付きツアーのご案内です。10月24日は、朝8時金沢駅西口集合で、植林に参加されたあと珠洲市の灯りの宿まつだ荘で地元のボランティアと懇親会。翌日25日は大野製炭工場や植林エリアの見学ツアーを予定しています。
参加費:大人10,000円(まつだ荘の宿泊費および懇親会費として)
募集人数:20名
問い合わせ先:NPO法人能登半島おらっちゃの里山里海
電話:0768−88−2528
メール:info@satoyama-satoumi.com
応募締め切り:10月15日(木) 
<日程>
10月24日(土)
朝8時:金沢駅西口バスターミナル集合
8時30分:金沢駅をチャーターバスで出発。
     珠洲で植林に参加後、灯りの宿まつだ荘で宿泊。
10月25日(日)
9時30分:大野製炭、植林エリア見学。
12時00分:バス乗車、道の駅すずなりへ移動。
13時00分:道の駅すずなり出発、金沢へ。
16時00分:金沢駅着。

投稿者 赤石大輔 : 13:45 | コメント (0)