NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海Top

ソーシャルブックマークに登録:

2019年08月09日

ボランティアに感謝

2019.6.8-1R.JPG

2019.6.8-2R.JPG

2019.6.8-3R.JPG

2019.6.8-4R.JPG

 6月8日(土曜日)、いしかわ農村ボランティアの農村役たち隊員11名と奥能登農林の方を迎え、ビオトープ田んぼの畦草刈りと、保全林の下草刈りを行っていただきました。「あ~サッパリした!」と山も田んぼも喜んでいます。
 昨年設立10周年を迎えたNPOです。設立当初は60前後のバリバリ世代だった人も、今では70に手が届こうという年代に入ってきています。それでもたくさんの生物が自然に生息する奥能登珠洲の環境を守ろうと活動を続けています。おかげさまで、農村ボランティアの方たちのお手伝いは本当に助かっています。
 午前中は、もち米を育てている小泊ビオトープと、田んぼの持ち主から引き継いでひゃくまん穀を育てている田んぼの畦草を刈ってもらいました。
 へんざいもんでの昼食をはさんで午後は、シイタケのホダ木を保管している保全林で下草刈りをお願いしました。へんざいもんでの食事は、ここへ来る楽しみの一つだと言われました。金沢から珠洲まで来るのも時間がかかるのに、来ていただいて感謝します。
 また毎回きていただいている男性ボランティアの方から、趣味で作っている組みひもをたくさん頂戴しました(写真)。へんざいもんのお母さんたちにもお配りしたら、大変喜ばれました。

 2019.6.8-5R.JPG


    おまけではありますが、今回の農作業中になんとすっぽんが捕獲されました。金沢まで持っていけないので、地元の方が持ち帰り食されたそうです。

 後期は、9月28日(土曜日)を予定しております。作業は、時期的に稲刈りとハザ干しなると思います。どうぞ皆さま、お手伝いよろしくお願いします。(S.O)

投稿者 赤石大輔 : 12:46 | コメント (0)

2019年08月08日

アサギマダラ探検隊出動!

2019.6.1-1_R.JPG

 どこから来て、どこに行こうとしているのでしょうか?不思議ですよね、アサギマダラって。なんで、あんなヒラヒラしたかよわそうな生きものが、海を渡り、山を越えていくのでしょう。
 疑問は疑問のままですが、今年も6月1日(土)と2日(日)の二日間、狼煙漁港と川浦海岸でアサギマダラのマーキング調査を実施しました。
 早朝だけに、なかなか参加する人が少ないのが実情ですが、朝日を浴びながら童心に帰って蝶を追いかけるのも楽しいものです。
 今年はみんなで25頭の蝶にマーキングしました。今回マーキングした蝶が、珠洲から遠く離れたところで再度捕獲されたりすれば、それはそれで「すごいなー」と感動します。
 今年からは、生物多様性調査に力を入れる珠洲市の後援もいただきました。子どもたちにも関心を持ってもらえる活動になっていったらいいなと思います。
 調査結果は、百万石蝶談会さんに送り、県内の海岸と奥尻島の分を資料としてまとめていただいています。いつもありがとうございます(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 14:48 | コメント (0)

2019年8月の活動予定

2019年8月の活動予定

【定例会】
・8月  6日(火曜日)  19:00~ サロンルーム

【保全活動】
・8月 10日(土曜日)  活動なし

・8月 24日(土曜日) 9:00~ 保全林の整備
                  集合場所 NPO事務所

【調査活動】

・8月 21日(水曜日)   15:00~ ザリガニ調査の仕掛け設置(亀谷池)
                  集合場所 NPO事務所

・8月 22日(木曜日)    9:00~ ザリガニ調査・採取(亀谷池)
                  集合場所 NPO事務所     

【イベント】
 特になし
                   

※会員でない方も興味のある方はご連絡ください(日・月・祝はお休みです)。
 電話 0768-88-2528 (就業時間 9:00~17:00)
 なお、8月11日(日)~19日(月)は夏季休暇で、活動はお休みですのでよろしくお願いします。

投稿者 赤石大輔 : 11:12 | コメント (0)

2019年08月07日

第335回 里山里海食堂へんざいもん 令和元年6月8日

2019.6.8-1_R.JPG

本日利用人数:23人
<<本日のメニュー>>
品 名
・たけのこご飯
・ジュンサイのお吸い物
・アジフライ
・エンドウのごま和え
・ワカメの酢の物
・フキの土佐和え
・切り干しとヒジキの煮物
・漬物


 元号が令和になって最初のへんざいもんです。地元で採れた食材をふんだんに使っての手料理の数々。前回が3月だったので、まさにお久しぶりです。
 本日は、農村ボランティアの方々が、NPOの農作業のお手伝いに来られたので、臨時営業していただきました。
2019.6.8-2_R.JPG

 お吸い物のジュンサイは、この地域のため池に自生しているもので、ほぼ6月限定で収穫できるものです。なので、この時期にここでしか食べることができないものなのです。秋田の三種町が有名ですが、珠洲では自生しています。
 たけのこ、エンドウマメ、フキ、と春満載の料理にもう満腹です。(S.O)。

投稿者 赤石大輔 : 15:15 | コメント (0)

2019年08月03日

おらっちゃのクリーンビーチ2019

みさき小集合_R.JPG

正院小集合_R.JPG

宝立小中集合_R.JPG

直小集合_R.JPG

大谷小中集合_R.JPG

 今年も6月24日のみさき小学校を皮切りに、市内の小、中学校5校といっしょに「クリーンビーチ」を行いました。昨年と違いお天気にも恵まれ、予定通りに海岸清掃活動を終えることができました。
 この活動は、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金(LOVE BLUE)事業の助成を受けて、2016年度からスタートさせた活動です。
 海開きを前に自分たちが海水浴をする海岸や、毎日目にする学校前の海岸など、身近な海岸が対象です。最近、世界的にも問題になっている海洋プラスチックなど、高学年になればなるほど子どもたちの関心も高いと感じました。
・6月24日(月)=みさき小学校3,4年生10名や能登海上保安署の方など20.名で、学校前の海岸を清掃。プラスチック52kg、発泡スチロール1.2kg、缶など金属0.7kg、ビン0.8kgの計54.7kgを回収しました。
・6月25日(火)=正院小学校5,6年生10名や校長先生など15名で、海水浴場となる西浜を清掃。プラスチック51.2kg、発泡スチロール0.2kg、缶など金属0.3kg、ビン0.8kgの計52.5kgを回収しました。
・7月6日(土)=宝立小中学校の全校76名やPTA、見附島観光協会の会員など約140名で、市内有数の海水浴場である見附海岸を清掃。プラスチック87.4kg、発泡スチロール0.5kg、缶など金属1.6kg、ビン3.7kgの計93.2kgを回収しました。
・7月6日(土)=直小学校5,6年生26名や教師、PTAなど約45名で、海水浴場となる杉の木浜を清掃。プラスチック33.6kg、発泡スチロール2.0kg、缶など金属3.2kg、ビン6.4kgの計45.2kgを回収しました。
・7月30日(火)=大谷小中学校7,8年生12名や校長先生、能登里海教育研究所の方など27名で、学校前の海岸を清掃。プラスチック59.9kg、発泡スチロール3.5kg、缶など金属21.5kg、ビン2.9kgの計87.8kgを回収しました。
 来年もまた、いっしょに海岸清掃活動しましょうね。

投稿者 赤石大輔 : 14:42 | コメント (0)