金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 第250回 里山里海自然学校へんざいもん 平成27年6月2日

ソーシャルブックマークに登録:

2015年06月03日

第250回 里山里海自然学校へんざいもん 平成27年6月2日

DSC_20150006_R.JPG
本日利用人数:  24人
<<本日のメニュー>>
品 名
・たけのこご飯
・新じゃがとモズクのみそ汁
・トビウオのフライ
・ウドの天ぷら
・マカロニサラダ
・キャベツの酢の物
・ヒジキとインゲンの白あえ
・あさりの佃煮
・漬け物


 本日は火曜日なのに、へんざいもんが臨時営業しました。
 金沢大学が受け入れているコロンビア大学建築学研究科の学生さんたちが能登を視察するということで、へんざいもんのお母さんたちが腕によりをかけて珠洲の家庭料理でおもてなしです。
 メインディッシュは、アゴ(トビウオ)のフライとウドの天ぷらで、マカロニサラダが添えられています。トビウオが獲れ始めたので、珠洲では名産のアゴだし作りがこれから本格化しますが、フライもおいしかったです。ウドはそろそろ来年までおあずけになりそうな時期なので、しっかり堪能しました。
 みそ汁に入っていた新じゃがは、“とうや”という品種だそうです。おいしいと評判の品種ですが、今回は特に「新じゃが」という名に恥じない、初物!の味がしました。実においしい。
 学生さんたちは、お箸も上手に使って、楽しそうにおしゃべりをしながらお食事をされていました。私もついつい食べ過ぎてしまい、もう動けません。ごちそうさまでした。(S.O)

投稿者 赤石大輔 : 2015年06月03日 15:02

この記事へのコメント