金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 第235回里山里海自然学校へんざいもん 平成26年8月30日

ソーシャルブックマークに登録:

2014年09月03日

第235回里山里海自然学校へんざいもん 平成26年8月30日

 本日利用人数:68人

H26.8.30.JPG <<本日のメニュー>>
品 名
・ひじきご飯
・とうふとミョウガの味噌汁
・若鶏のエスニック風
・サツマイモの茎の煮物
・キャベツと人参のごま和え
・ソーメンカボチャの酢の物
・ポテトサラダ

 本日は金沢方面から、「第5回アピタピアゴ世界農業遺産スタディツアーin珠洲」に参加された親子の方など43名がお見えになり、とてもにぎやかなランチタイムとなりました。素朴な珠洲の田舎料理ではありますが、お子様もいらっしゃるということでメーンディッシュは洋風です。
 ひじきご飯は、珠洲の海のミネラルたっぷりで栄養満点。ミョウガの入った味噌汁は、やはり夏ならではの味だと思います。ミョウガは、酢の物でも天ぷらにしてもおいしい食材です。子供のころはあまり好きではありませんでしたが、お酒が飲める年ごろになったら不思議なもので好きになりました。へんざいもんのポテトサラダは、いついただいてもおいしいです。今度、作り方を教えてもらおうかな。
 ツアーの方たちは、狼煙の灯台を見学した後、塩田村で塩づくりも体験されたようです。日帰りはハードスケジュールだったかもしれませんが、ぜひまた珠洲へゆっくりといらしてください。

投稿者 赤石大輔 : 2014年09月03日 13:37

この記事へのコメント