金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 第218回・219回へんざいもん

ソーシャルブックマークに登録:

2013年11月22日

第218回・219回へんざいもん

第218回里山里海自然学校へんざいもん 平成25年11月2日 本日利用人数:44人
DSC_0417_R.JPG<<本日のメニュー>>
・さばの味噌煮
・煮しめ
・ひじき入り玉子焼
・ごま和え
・煮豆
・ご汁(しばたけ入り)
・ごはん
・大根の一夜漬け


                                           11月に入っても暑かったり寒かったり、不安定な天気が続いていますね。風邪も流行っているようなので気をつけないと…。
 さて、本日のへんざいもんは体にやさしい和風のメニューが並びました。さばの味噌煮は肉厚でふっくら、素材の良さが際立っています。汁物はしばたけ入りの「ご汁」でした。あまり耳馴染みのない方も多いと思いますが、「ご汁」とはすりつぶした大豆を入れたお味噌汁のことです。今回は枝豆をミキサーにかけたものを使っているそうで、ふわっとした口当たりとやさしい風味を楽しむことができました。また、具のしばたけは一般にアミタケと呼ばれるキノコで能登の人にはたいへん親しまれています。しかし今年は天候の影響かほとんど出ておらず、本日のものが山で採れた初物だったそうです。貴重な初物を「皆さんに食べてもらいたい」との思いでご汁に入れてくださったとのこと。ありがたく頂きました。


第219回里山里海自然学校へんざいもん 平成25年11月16日 本日利用人数:64人
DSC_0562_R.JPG<<本日のメニュー>>
・ふくらぎの酢豚風
・煮物のあんかけ
・赤大根と柿の酢の物
・切り干し大根の煮物
・ごま和え
・大学芋
・漬物
・味噌汁
・ごはん


                             本日は珠洲市の職員組合女性部のみなさん、並びに金沢大学のみなさんが自然学校へお越しになりました。へんざいもんも64名と大盛況。嬉しいことです。
 本日のメインは「ふくらぎ」の酢豚風。「ふくらぎ」は北陸で、ブリの小さな時期を指す呼び名です。今回は一度揚げたものを甘辛く味つけてあってまさに酢豚風。新しい食べ方で勉強になりました。
 新しい食べ方といえば、酢の物に柿が入っているのにも驚きました。柿なますというそうですね。食べてみると酸っぱさの中にほのかな甘みがあってたいへんおいしいです。ご自宅に柿がたくさんある…という方、一度試してみてはいかがでしょうか。

今回のおすすめは「呉汁」です。


今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選


投稿者 赤石大輔 : 2013年11月22日 16:25

この記事へのコメント