金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 番外編・216回へんざいもん

ソーシャルブックマークに登録:

2013年11月12日

番外編・216回へんざいもん

番外編・里山里海自然学校へんざいもん 平成25年10月24 日 本日利用人数:30人
DSC_0358_R.JPG
<<本日のメニュー>>
・チキンと豆のトマトカレー
・カボチャのオーブン焼き
・モヤシとピーマンのナムル
・青菜としいたけのおひたし
・サラダ

                                                                         本日はJICA(国際協力機構)の方々が自然学校に研修に来られました。そこでお昼はへんざいもん番外編、珠洲在住の村上デビさんお手製のカレーです。デビさんはネパール出身の方なので、カレーもスパイスを使った本格派。というといかにも辛そうですが…そんな事はなく、あっさりした味で食べやすかったです。(辛いのが好きな方向けに唐辛子のサービスもありましたが。笑)
 副菜のカボチャは「バターナッツ」という品種だそうで、とてもなめらかで濃厚な味でした。大きめに切ってニンニクとローズマリーの葉をのせて焼いたものだそうです。こういう食べ方もあるのかと勉強になりました。皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

                                        第216回里山里海自然学校へんざいもん 平成25年10月26日 本日利用人数:60人
DSC_0391_2.jpg
<<本日のメニュー>>
・イカ飯
・春巻き
・マカロニサラダ
・きんぴらごぼう
・ブロッコリーのゴママヨ
・鶏の唐揚げ
・煮しめ
・いなりずし
・おにぎり
・酢豚
・酢の物
・デザート(コーヒーゼリー、抹茶のムース)


 本日は里山里海マイスターの入講式ということで、豪華な立食形式となりました。テーブルにはたくさんの料理が並び、見た目にも華やかです。
イカ飯の中には味のしみたもち米がぎっしり。噛めば噛むほどイカのうま味が広がります。午前中から漂っていたおいしそうな匂いの正体はこれだったのですね。また、春巻きはギョウザの皮を使った変わり種。まるで揚げギョウザのような風貌に皆さん「ギョウザ?春巻き?」と興味津々。
参加者の皆さんとの会話を楽しみつつ、お腹いっぱいいただきました。普段のへんざいもんの倍ほどの品数でしたが、それぞれの料理に心がこもっているのを感じました。時間をかけて調理してくださったお母さん方、ありがとうございました。

今回のおすすめは「いか飯」です。


今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選

投稿者 赤石大輔 : 2013年11月12日 16:38

この記事へのコメント