金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » ワークショップ:能登の狩猟を学ぼう

ソーシャルブックマークに登録:

2013年10月31日

ワークショップ:能登の狩猟を学ぼう

近年、里山にイノシシやシカ、クマなどなどがおりてきて、人とのトラブルが多数発生しています。能登でもイノシシの被害が目立ってきました。能登の農林業に大きな被害をもたらしかねない、獣害の問題について、また昔から行われてきている能登での狩猟について、勉強したいと思います。
(昨年度はニワトリを捌く体験をしました)

chiken2012.jpg

珠洲で長年、狩猟をされており、県の鳥獣保護員でもある伊吹祥昭さんをお招きして、能登での狩猟の歴史や狩猟道具、現在行われている狩猟について、能登でとれる鳥獣、イノシシなど獣害についてのお話しをお聞きします。
獣害対策のためのワナの見学、そして狩猟によるカモやイノシシなど獣肉(ジビエ)体験も行います。

IMGP1060.JPG

おいしいジビエを食べながら、お肉のこと、獣害のこと、能登の里山のこれからを考えましょう。

講師:伊吹祥昭さん 猟友会珠洲支部・石川県鳥獣保護員
日時:12月7日午後1時より
場所:金沢大学能登学舎(珠洲市三崎町小泊33−7)
参加者:15名程度.
参加費:大人:1,000円、子供:500円


スケジュール:
13:00 集合 能登学舎

13:15 講義 狩猟道具の勉強:

 能登の狩猟や猟師の歴史。
 狩猟道具の勉強:鉄砲、カゴワナ、ククリワナなど。
 
14:00 現地見学 イノシシの檻、被害状況の見学(三崎町大屋)

16:00 ジビエを学ぶ・ジビエを食べる
 珠洲でとれる鳥獣:カモ、キジ、ヤマドリについて。
 カモを裁く体験。イノシシ、シカの肉を食べよう。

19:00 解散

ぜひご参加ください!
(参加者定員に達しましたので締め切らせていただきます2013/11/15)

本事業は、地球環境基金の支援を受けて実施しています。
(平成25年度地球環境基金助成事業: 世界農業遺産「能登の里山里海」伝承と協働のプラットフォーム創出事業)

投稿者 赤石大輔 : 2013年10月31日 17:47

この記事へのコメント