金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 第214回へんざいもん

ソーシャルブックマークに登録:

2013年10月12日

第214回へんざいもん

第214回 里山里海自然学校へんざいもん 平成25年9月29日 本日利用人数:19人
DSC_0017_R.JPG<<本日のメニュー>>
品 名
・五目ご飯
・味噌汁
・茶わん蒸し
・塩サバ
・ナスの胡麻和え
・モズクと長いもの酢の物
・昆布とニシンの炊き合わせ
・きんぴらごぼう

                                           本日は午後から、昨年10月20日に開講した「里山里海マイスター」育成プログラムの修了式が行われ、22人の方がすばらしい研究成果とともに、この金沢大学能登学舎を巣立っていかれました。修了生の皆さまおめでとうございます。
 修了式の準備などで忙しいスタッフのために用意されたメニューは、ヘルシーな中にもしっかりと栄養のとれるものとなっていました。クリがたっぷり入った五目ご飯、豆腐と岩のりの味噌汁(岩のりが珠洲らしい)、そして修了式を祝うかのように花麩の浮かぶ茶わん蒸しで華やかさを演出しています。
 塩サバは油がのって絶妙な塩加減です。昆布とニシンの炊き合わせは、いい具合にだしが煮しんでいて、やはりへんざいもんのお母さんたちの手料理は最高です。
 慌ただしく掻き込むことになってしまったスタッフには気の毒ですが、とてもおいしくいただきました。ごちそうさまでした。次回のへんざいもんは、10月19日に営業予定です。


今回のおすすめは「もずくの酢物」です。

今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選


投稿者 赤石大輔 : 2013年10月12日 13:12

この記事へのコメント