金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2013年07月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2013年07月27日

おさかなワークショップ

7月24日

能登の里山里海の伝統知識と生物多様性を学ぶシリーズ第2段、「おさかなワークショップ」を開催しました。
珠洲市の蛸島漁港にお邪魔して、この時期にとられる様々な魚と、その競りの様子を見せていただきました。平日でしたが、夏休みということで親子連れで多数のご参加をいただきました。

IMG_5049.jpg

昨年同様,講師におさかなマイスターの前野さんをお招きし、漁業で現在取り扱われている魚や、イカ釣り漁船についての解説をしていただきました。

IMG_5051.jpg

この日の港には、フクラギ(ブリの子ども)、ウマズラハギ、アジ、タチウオ、フグ、トビウオ、ネズル(クロウシノシタ)、イワガキ、サザエ、クルマエビなどなど、様々な魚介を見ることができました。
参加していた小学生は、夏休みの宿題として、せっせとメモを取っていました。

R0026574.jpg

R0026569.jpg

このあと能登学舎に移動して、前野さんから、この時期旬のスルメイカの生態や体の構造について学びました。
また、鯛の九つ道具という、古くから伝わる面白い形のタイの骨を探す遊びを教わりました。

IMG_5059.jpg

鯛の九つ道具についてはこちら → 鯛の九つ道具

講義のあとは、調理室に移動して、包丁の研ぎ方と、イカの捌き方を教わりました。
包丁は普段良く使う道具の一つですが、ちゃんと研ぐことができる人はあまりいないようです。捌き方の前に、包丁の研ぎ方からマイスターに教えていただきました。良く切れる包丁があると料理もとても楽しくなりますね。

IMG_5065.jpg

今回はスルメイカの捌き方を教えていただきました。
イカは比較的捌くのは簡単ですが、どこに包丁を入れればより綺麗にさばけるか、皮をむけるかを教えていただきました。また、卵巣、精巣、肝臓など体の構造も教えていただきました。皆で1杯のイカを捌いてお刺し身にしました。

IMG_5067.jpg

皆で捌いたイカでお昼ご飯です。
スタッフに、クロウシノシタというヒラメの仲間のおみそ汁と、イカのマヨネーズ炒め、そして鯛の煮付けを作っていただきました。鯛は子供たちが九つ道具を探しながら、美味しくいただきました。

能登の里山里海を学ぶワークショップは、能登に住む若い世代が先人たちから技術や知識を学ぶ会です。今後も色々なワークショップを予定していますので、ぜひ多くの方にご参加いただきたいと思います。

投稿者 赤石大輔 : 18:45 | コメント (0)

2013年07月19日

第209回へんざいもん

第209回里山里海自然学校へんざいもん 平成25年7月6日 本日利用人数:23人
DSC_0368_R.jpg<<本日のメニュー>>
品 名
・ひじきご飯
・味噌汁(ジャガイモ、もずく)
・塩サバ
・かき揚げ
・煮物
・酢の物
・切り干し大根の煮物
・漬物


 ずいぶんと夏らしくなってきて、へんざいもんの厨房も暑く感じられるようになりました。しかしスタッフさんはその暑さに負けない熱気で、いつもと変わらず楽しく料理をされています。
本日のメニューは「ひじきご飯」。白いご飯ももちろんおいしいのですが、なぜか○○ご飯となると少しテンションがあがります。ここでスタッフさんに教えていただいた、ひじきご飯の調理のポイントをご紹介。ご飯を炊く時は最初からひじきは入れず、別に他の具材と一緒に甘辛く煮ておきます。ご飯には少し醤油などで下味をつけて炊きます。最後に煮ておいたひじきをご飯に混ぜると完成です。ひじきを一緒に炊いてしまうと、ご飯が黒くなってしまうからだそうです。すごく細かい気配りですよね。おいしかったです。ごちそうさまでした。


今回のおすすめは「さざえ飯」です。

今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選

投稿者 赤石大輔 : 10:31 | コメント (0)

2013年07月04日

保全活動:クロマツの植林エリアの草刈り。

3月に植林した鉢ヶ崎のクロマツはすくすくと育っています。しかし、整備前に生えていたニセアカシアの新芽がものすごい勢いで生えてきています。とてもしぶとく、外来種でもあるので、これを刈り取り、なるべく根も掘り起こして少なくしていきたいと考えています。

日時:7月13日土曜日午後1時より
場所:鉢ヶ崎海岸(ケビン近く)

その他の雑草も抜き取りをします。

クロマツの一部は数年後に蛸島のキリコ祭りで利用する予定です。
地域の伝統行事と里海の景観を守る活動に、ぜひご参加下さい。

IMG_4528.jpg

投稿者 赤石大輔 : 10:33 | コメント (0)