金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » じゅんさい、というか蛙

ソーシャルブックマークに登録:

2013年06月27日

じゅんさい、というか蛙

今日もため池でジュンサイ採りをしていた。昨日よりも天気が良く、暑いくらいの日差しであった。
ため池に手をいれると、日光で暖められた表面の水の層の下に、冷たい水の層が広がっていてとても気持ちがいい。ジュンサイは水面に浮かんでいる開いた葉の下に、紐のように葉柄が伸びていて、その下に新芽がついている。今の時期は花芽と一緒についているので,その部分を指でぷちっと千切って採集する。これがなかなか楽しくて、時間を忘れて採ってしまう。しかし前かがみの体勢なので足腰への負担は大きい。ちなみにジュンサイの花は赤い。

しばらくジュンサイ採りに熱中していると、ぼちゃ、ぼちゃん、と水面に何かが落ちる音が。顔を上げるとため池にせり出したヤナギの枝から、モリアオガエルが飛び込む姿が見えた。数匹が立て続けに飛び込む様子を不思議に見ていると、枝の奥に細長い陰が。ヤマカガシだ。里山のヘビで、田んぼやため池でよくカエルを食べている。今日は産卵中のモリアオガエルを狙ってやってきたようだ。ちなみにヤマカガシにはサシバという天敵の猛禽がいる。虫とカエルとヘビとサシバという田んぼの食物連鎖がある。

カエルは逃げる際には、声など出さずに飛び込むのだなあ。仲間のことなんか、考えちゃいないんだなあ。などと思いながらその様子を見ていたら、ヤマカガシが素早い動きでモリアオガエルを捕まえた。逃げ遅れたのは交尾中の2匹で、オスの方に食いついたようだ。

これはと思い、急いで小舟をヤナギの方に寄せる。食いつかれたが、オスはまだメスを放さない。メスも逃げたいが逃げられない。オスはヘビが迫ってきた時、逃げるか、留まるかといった葛藤があったのだのだろうか。交尾中のカエルは割とヘビに狙われやすいのだろうか。ヘビもそれを知っているのだろうか。とにかく、メスにしがみつくオスと、そのオスを飲み込もうとするヤマカガシという、凄まじい生と死の瞬間を見届けることができて、今日は満足だ。

などと感心していたら随分と時間が経ってしまい、ジュンサイを採る時間が無くなってしまった。結局、昨日の半分しか採ることができなかった。ちなみに昨日は2人で3キロ採ったが今日は3人で2キロだ。

R0026413.JPG

何が言いたいかっていうと、カメラを忘れてせっかくのそのシーンを撮れなかったということと、仕事をさぼってすみません、ていうことです。

投稿者 赤石大輔 : 2013年06月27日 21:44

この記事へのコメント