金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2013年03月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2013年03月28日

里山子ども園の実施に向けて

3月28日

年度末ぎりぎりですが、今年度最後のワークショップ、里山子ども園の講習会を開催いたしました。
指導してくださったのは、いしかわ自然学校のインストラクターをされている村上さんです。
いしかわ自然学校は県内各地で実施されている自然体験プログラムを紹介したり、インストラクターの養成を行っている組織です。

詳しくはこちら →  いしかわ自然学校

今回の目的は、能登の里山を活用して、特に就学前の子どもたちに自然体験を提供する場や人のネットワークを作ろうというものです。
里山子ども園というのは、石川県が実施している幼稚園・保育園を対象にした自然体験活動です。森林環境税の一部を活用して県内各地で年間40回ほど開催され、里山を活用して子どもたちに自然体験を実施しています。以前はもりの保育園といっていたようですが、名称が変わったようです。
里山子ども園の活動は今後3年間は継続される見込みとのことです。

IMG_3999.jpg

大変良い活動だと思いますが、奥能登ではあまり開催されておらず(輪島市三井で実施があったようですが)、知名度がいまいちです。また実施に当たってスタッフも地元で確保が難しいのも、課題となっています。

里山子ども園の詳細はこちら →  石川県のホームページ

そこで、今後珠洲を中心に奥能登で里山子ども園を実施していきたい、その可能性を探りたいということで、今回の講習会を開催いたしました。
当日は、平日の昼間にも関わらず、インストラクターを目指す人、自分の子どもへ自然体験をさせたいお母さんなど、6名が参加してくださいました。

はじめに里山子ども園や活動組織の説明をしていただきました。また参加する保育園,幼稚園によって子どもたちの活発さや興味の対象がずいぶん違うことなど、長い活動から生まれる様々な経験をお聞きすることができました。

その後、野外でネイチャーゲームの紹介。今日はカモフラージュというテーマで、外に色々な物を隠して,それを見つける活動を通じて、生物が自然の中でどのように身を隠しているかを学びました。

その後は、私たちNPOが活動している保全林まで歩き、里山子ども園を実施するフィールドについて検討しました。小さな子供たちが参加する活動ですので、歩く時間は大人の倍以上かかること、トイレや雨宿りをする場所などもなるべく近くがよいということになり、保全林ではなくて、活動拠点の能登学舎周辺の自然を使ったプログラムを検討することになりました。

IMG_4006.jpg

里山子ども園は、来年度に珠洲市で、できれば2回実施を目指しています。実施に向けてスタッフを募集しておりますので,興味のある方はNPOおらっちゃまでご連絡下さい。

IMG_4012.jpg

投稿者 赤石大輔 : 19:33 | コメント (0)

2013年03月23日

第201回へんざいもん

第201回里山里海自然学校へんざいもん 平成25年3月16日 本日利用人数:32人
DSC_0031_R.jpg<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・すりわり汁
・天ぷら
・ほうれん草とうすあげの胡麻和え
・いもダコ
・わかめと春雨の酢の物
・人参の粕和え
・かぶらの漬け物


 だんだんと暖かくなり春めいてきました。本日のへんざいもんにも“春”を感じる一品がありました。“ふきのとうの天ぷら”です。皆さん「春やね~」と言って味わっておられました。食べ物で季節を感じるのは当たり前のようですが、季節をとわず色々な食材がいつでも口にできる今では、なかなかない事なのかもしれません。他にも「美味しい!」の声がたくさんあがっていたのは“すりわり汁”。味噌汁の上の方はふわふわで、具はエノキと白菜。白菜はトウのあがったもので、一度ゆでてから調理したそうです。なにげない具材にもちょっとした手間がかかっています。本日もおいしくいただきました。ごちそうさまでした。


今回のおすすめは「ふきのとう味噌」です。

今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選

投稿者 赤石大輔 : 15:14 | コメント (0)

2013年03月21日

里山子ども園研修会のお知らせ

里山子ども園研修会のお知らせ

・日時 平成25年3月28日(木) 13時半〜16時半
・場所 金沢大学能登学舎(珠洲市三崎町小泊)
・講師 村上博司さん いしかわ自然学校インストラクター
     
「里山子ども園」が珠洲ではじまります!
園の運営・実施に興味のある方、子どもの自然体験に関心のある方の参加をお待ちしています。
     
・内容
里山子ども園のおはなし:プログラムの内容や運営、子ども達の反応などについて
珠洲での実施について:候補地めぐり、プログラム内容の検討                  
※ 平成25年度の「里山子ども園」は2回実施の予定。
※ 石川県では里山を活用した自然環境教育の普及を目的として県内の園児を対象とした「里山子ども園」プログラムを実施しています。

・募集人数 若干名  
・参加費   無料  

参加ご希望の方は当方までお申し込みください。
また今回は参加できなくても、関心のある方はどうぞお問い合わせください。

R0025756.JPG
(写真はイメージです。昨年10月に講師の村上さんが行った夕日寺での里山子ども園の様子です) 。
   
お申し込み、お問い合わせはこちらまで 
主催: NPO法人能登半島おらっちゃの里山里海 (担当 中谷)
0768−88−2528
E-mail: satoyamasatoumi.naoアットgmail.com

(本事業は地球環境基金の支援を受けて実施しております) 

投稿者 赤石大輔 : 18:28 | コメント (0)

2013年03月10日

鉢ヶ崎でクロマツの植林イベント

3月10日

珠洲市の鉢ヶ崎海岸で,クロマツの植林を行いました。
3月になりましたがこの日は風が強く、雪もチラつく寒い日となりました。

参加者は予想をはるか超えて総勢100名ほど集まっていただきました。
共催の蛸島青年団、地元蛸島の漁協の皆さん、蛸島小学校の児童と保護者の皆さん、また加賀から根上松で有名な根上町の、高坂・根上みどりを守る会の方々も駆けつけてくださいました。本当にありがとうございました.

IMG_3947.jpg

みどりを守る会には昨年クロマツの植樹方法についてご指導いただきました。
植林を通じてみどりを守る会と蛸島の交流が始まり、お祭りなどにも参加していただければと思っています。

この植林作業の目的は、鉢ヶ崎のクロマツ林を保全することと,キリコ祭りに使うクロマツを育てるという2つの目的があります。
詳細はこちら

R0026197.jpg

かつては日々の生活のなかで松葉や枝などを利用し,クロマツ林は美しく維持されてきました。
そのような環境でクロマツの若木は育ち、キリコ祭りに使われていたと考えられます。
珠洲の里山里海の風景として、鉢ヶ崎のクロマツ林が地域の方の手によって維持され,利用されていく。そこに地域の外の人たちが加わり、祭りなどに参加して交流が広まる。そんな流れをイメージして、活動を続けていければと思っています。

IMG_3955.jpg

今後は、植林地の草刈りや落ち葉かきなど作業が予定されていますが,それも親子で楽しめるバーベキューなどと一緒にできればと考えています。松ぼっくりや松葉などでご飯を炊いたりすることもできますので、バイオマス燃料の利活用にもつながるのではと考えています。

投稿者 赤石大輔 : 15:58 | コメント (0)