金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 地域連携保全活動計画を考えるシンポジウム

ソーシャルブックマークに登録:

2013年02月21日

地域連携保全活動計画を考えるシンポジウム

3月3日日曜日、珠洲市商工会議所にて「地域連携保全活動計画を考えるシンポジウム」を開催いたします。

珠洲市は平成23年度より、地域連携保全活動計画の策定にあたっています。平成25年度に完成予定です。

今回のシンポジウムでは、

1.珠洲市が策定を行ってきた生物多様性保全のための地域連携保全活動計画の進捗状況、
2.これまでの調査やワークショップ等で浮かび上がってきた課題について地域の方々にご報告すること、
3.そして今後、地域が連携して里山里海の保全を行っていくために必要なことを議論します。

希少水生生物を守るための方針、森林資源の持続的な利用、外来種、そして獣害への対策について、できる限り対応していくことを目標にしていますが、課題はたくさんあります。どうすれば解決できるのか、どれを最優先して動き出すのか、考えていきたいと思います。

ぜひこのシンポジウムにご参加下さい。

以下、詳細です。

地域連携保全活動計画を考えるシンポジウム

主催:珠洲市地域連携保全活動計画協議会

日時:3月3日(日) 午後1時から3時。
会場:珠洲市商工会議所2階大ホール

基調報告:中村浩二教授(金沢大学)
「生物多様性の動向と珠洲市の取り組みの重要性」
 
課題報告:珠洲の森林・獣害・水辺の生物保全の現状と対策。
地域住民から、里山の現状報告を行っていただきます。

パネルディスカッション:「珠洲の里山里海を守る地域連携の在り方」
今後の地域連携の在り方を地域の方と議論します。

問合せ:珠洲市企画財政課
TEL:0768−82−7176

シンポチラシ.jpeg

投稿者 赤石大輔 : 2013年02月21日 13:51

この記事へのコメント

 このシンポジウムにも行きたいと思っていたのですが,前日にあった「旧松波城庭園の保存と活用を考える」のシンポジウムで力尽きました。
 珠洲市にいながらも能登町の人間になりかけています(^^;)。もう能登町は6年になりました。

投稿者 珠洲の好奇心 : 2013年03月10日 16:09