金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2012年11月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2012年11月30日

収穫祭.

11月25日

おらっちゃの里山市場で収穫祭を開催しました.
当日は幸い天気にめぐまれ,たくさんのお客様にご来場いただきました.

IMG_3505.jpg

おらっちゃの里山市場も3年目を迎えました.地域の里山の産品を地元の方,観光客の方に販売したい.交流の場として,珠洲駅のプラットホームを有効活用したいと言う願いではじまった事業です.緊急雇用事業を活用しています.なかなか売り上げが思うように上がらず,経営は苦労していますが,来年度もぜひ継続していきたいと考えております.

IMG_3531.jpg

さて今回もやはりメインイベントはお餅つきです.
いつものように能登の小豆ときなこを付けましたが,
今回はさらに,餅に春摘んで冷凍しておいたヨモギも入れたりと,いろいろ手が込んでいます.
今年も10臼つきましたが,午前中のうちに全て売り切れてしまいました.
珠洲の人はお餅好きですねー.

珠洲のゆるキャラみつけたろうも来てくれました.珠洲の名所,見附島をモチーフにしたゆるキャラです.予想以上に子どもたちに人気で驚きました.

野菜もたくさん並びました.
そして,今回は飛び入りで竹カゴを作ってらっしゃる職人さんがカゴを持ってきてくださいました.
昨年はしめ縄作りなど,地域の手仕事を学ぶワークショップも併載して,皆さんに体験していただきましたが,所詮は素人の遊び程度,今回はプロの竹かごを見させていただき,あらためて手仕事の素晴らしさを学びました.

IMG_3521.jpg

NPOおらっちゃで作ったお米も販売しました.5年前から希少水生生物を保全するために作ったビオトープで作ったお米です.
おらっちゃのいきもの米と名付けました.
無農薬,無化学肥料のお米は採っても美味しいですよ.

白米1升(1.5kg)で1000円です.
玄米は,900円.
さらに粒が小さいお米,いわゆるくず米は1升450円で販売しています.
ちょっとお高いですが,希少生物を守るために米を買う,というアクションに参加していただけたらと思います.

IMG_3513.jpg

ご検討下さい.

おらっちゃの市場はとりあえず今年はこれで終了です.また春に,開催したいと思います.
いよいよ冬ですねー.

投稿者 赤石大輔 : 16:43 | コメント (0)

2012年11月24日

第196回へんざいもん

第196回 里山里海自然学校へんざいもん 平成24年11月17日 本日利用人数:42人
DSC_0008_R.jpg
<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・味噌汁(ナメコ、ネギ)
・さばの味噌煮
・けんちん汁
・いもだこ
・春菊のおひたし
・きんぴら
・かぶらのやたら
・大根の酢の物
・煮豆
・漬け物

 本日は里山マイスター受講生の方々の他に、金沢からもお客様がおみえになり、賑やかなへんざいもんとなりました。11月に入って初めてのへんざいもん。私はもちろん、皆さんもとても楽しみにされていたのではないでしょうか。
採れたてのタコを使った“いもだこ”に、地元の野菜がふんだんに入った“けんちん”。さばの味噌煮はやわらかく味がしっかりしみこんでいて、大根の酢の物には“赤大根”が使われて、彩りがとてもきれいでした。
「味噌汁があって、けんちんもあるなんてスゴイね~」と言っておいでる方が何人かおいでましたが、私もその一人。家では“けんちん”はお味噌汁がわりで食べるので、とっても贅沢な気分でした。本日もおいしくいただきました。ごちそうさまでした。
 次回のへんざいもんは、12月1日、15日営業です。


本日のおすすめは「けんちん汁」です。

今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選

投稿者 赤石大輔 : 14:28 | コメント (0)

2012年11月13日

おらっちゃの森づくり運動2012 終了しました.

今年で第4回を迎えたおらっちゃの森づくり運動は,11月11日日曜日,曇り後雨の天候で,足下もぬかるむ悪いコンディションでしたが,180名を超える多くの方の参加を得て,無事終了いたしました.

DSC05411.jpg

DSC05420.jpg

珠洲の荒廃した里山にクヌギを植えるこの事業は,様々な団体によって支えられています.

東京のNPO法人グリーンウェーブさんに活動ための資金を提供していただいたのと,クヌギの苗を育てていただきました.

また今年度は,セブンイレブン記念財団が活動のための助成をしてくださいました.

参加者もさまざまな団体が参加してくださっています.

能登からは,
NPOおらっちゃの里山里海メイト
七尾特別支援学校珠洲分校
宝立小中学校
社団法人珠洲青年会議所
珠洲RAC
珠洲市農林水産課
珠洲市内各郵便局

金沢からは,
星稜大学
金沢増登会
36会ボランティア倶楽部
石川県退職者連合
食、水、みどりネットワーク連合石川
裏千家淡交会金沢城北青年部

など,まさに多様な主体が参加して一つの活動を支援する事業となっています.

この事業は,荒廃した里山にクヌギを植えています.荒廃した里山というのは,ここではかつて農地として整地された山林が,うまく農地として利用されず,荒れ地化しているところをさします.能登では以前,大規模な農地開発がなされ,その多くがうまく利用されず,一部は森林に戻っている地域もあります.今回植林した場所は森林にもならず,クズが覆い尽くす荒れ地とかしていました.金沢大学の調査では,生物の多様性もかなり低く,クヌギ林にした場所の1/3程度しか植物種が確認されなかったそうです.

DSC05556.jpg

この植林のゴールは,10年後に伐採し,茶道用の炭にすることです.伐採されたあとは再び萌芽を育て,さらに10年後に炭を作ることができます.このように里山を有効活用して地域の産業としてくことで,広範囲の広葉樹二次林を維持していこうというものです.数十年後にそこがどのような森になるのかを想像し,木を植えることが大切だと思います.

現在珠洲市では,地域の多様な主体と連携した生物多様性保全の計画作りを行っています.今回の植林はそのモデルとなる活動です.今後は,木を植えることに加えて,木を育てるための草刈りなどと言った作業も実施していく予定です.地域の里山を利用した産業と密接にかかわる活動を行うことが,珠洲市の計画のテーマです.

DSC05454.jpg

この事業の中心となっているのは,若き炭焼き職人の大野長一郎氏です.炭焼き業二代目の彼が家業を継いだその年に,植えた最初のクヌギが,いよいよ今年伐採され,炭になります.素晴らしい炭賀できることを期待しています.
そして,大野さんの生業がこの奥能登で末長く続いていくように,人と里山の繋がりが維持されていくように私たちも活動を続けていきたいと考えています.

DSC05558_2.jpg


投稿者 赤石大輔 : 14:21 | コメント (0)