金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2012年08月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2012年08月30日

続・きのこで染める

8月30日

前回に引き続き,能登いきものマイスター養成講座の課題研究で,きのこ染めに挑戦しました.
前回は,ヒイロタケとアカヤマドリで染めてみて,見事黄色に染まりました.

今回は,ロクショウグサレキンで青く染めてみよう,にチャレンジです.

珠洲の里山でたまたま見つけたこの倒木,青く染まっていますね.これはロクショウグサレキンというきのこが作る色素で染まっているからなんです.ヨーロッパなどではグリーンウッドとよばれ,工芸などに利用されるとのことです.

IMG_2561.jpg

ロクショウグサレキンには同属のロクショウグサレキンモドキがあり,子実体がないとどちらの種かはちょっと判りませんが,ロクショウグサレキンモドキのほうがやや多いようです(参考:北陸のきのこ図鑑).

ロクショウグサレキンについてはこちら → ロクショウグサレキン

この青く染まった木を削り煮出して色をとります.今回はノミとトンカチで砕きました.
こちらは砕かれてできた木片.

IMG_2559.jpg

お鍋で煮ます.木材に沈着した青い色素を抽出するために水酸化ナトリウムなどを入れてアルカリ性にします.今回は,染物で使われるネオソーダというものを使いました.中身はよく判りませんでしたが,お鍋はpH11になりました.

煮出した煮汁は,青くなるかと思えば真っ黒でした.木材はタンニンが多いようです.これで青く染まるのかしら(;゚д゚)ゴクリ…

IMG_2569.jpg

煮汁を染め液として使います.今回は初めてロクショウグサレキンを使い染めたので,色々試してみました.

まずは前回のアカヤマドリとヒイロタケを染めたやり方と同様の方法です.煮汁に布を漬けて,鉄,アルミ,銅イオンの媒染剤で染めてみました.

IMG_2576.jpg

また,還元剤であるハイドロサルファイトナトリウムを使った染め方も試しました.藍染めなどで行われている還元して染める方法で,不溶性の染料を還元することで水溶性にして布に染めるという,いわゆる「建てる」といわれる行程です.

IMG_2573.jpg

ネットで富山きのこ会がロクショウグサレキン染めについて紹介していましたので,それを参考にさせていただきました.
参考:富山きのこ会

染め液は真っ黒でしたが,ハイドロを混ぜたらさっと褐色に変化しました.タンニンが脱色されたのかもしれません.そこへ,絹と木綿の生地を投入しました.

暖めながら染めて30分,とり出してみます.
ハイドロで建てた方の絹の生地は酸素に触れると黄色からエメラルド色に変わりました.
木綿はごく薄く染まっています.pHを高めると木綿に良く染まるのではないかと考えてpH11にして木綿を染めてみましたが,中性よりもちょっと色が濃くなった程度でした.
媒染剤を使ったほうは,エメラルド色にはなりませんでしたが,緑茶色といった感じです.

IMG_2581.jpg

左上から,鉄,銅,アルミ
下段,木綿,木綿(染め液pH11),絹

R0025631.jpg

絹に良く染まるという事がよく判りました.
きのこからこんな美しい色が染まり,とても感動しました.

R0025634.JPG

気を良くしてストールを染めてみようということで2枚試しました.
1枚は絹,もう一枚はレーヨンと和紙(麻)の混合で,染まりやすいように下処理してあるものだそうです.
お鍋に投入して色むらがでないよう布を丁寧に揺らして30分,引き上げてみるとどちらも茶色っぽくなっています.でも空気に触れてどんどん色が変わっています.

弱酸性の水で洗い,干してようやく完成.

右が絹で左がレーヨン和紙.絹の方が緑色になっていますね.レーヨン和紙はタンニンもたくさん付いたのかグレーがかっています.絹ももうちょっと染まると良かったかな.

R0025640.JPG

今回初めて染物について勉強しました.染めの作業は化学そのものであり,様々な生物が染めに使われてきた歴史,染め方の工夫など,生物多様性とそれを利用する人間の歴史が垣間見れる面白い材料です.

能登の里山里海を体験するエコツアーの題材として,きのこ染めはとても可能性があるのではないかと感じました.
ぜひ多くの方に体験していただきたいです.


投稿者 赤石大輔 : 18:50 | コメント (0)

2012年08月21日

きのこで染める

8月21日

いきものマイスターの課題で,「能登らしい草木染め」の開発に取り組んでいるOさんと,きのこ染にチャレンジしました.

きのこや貝など,これまで余り能登では染物に使われてこなかった材料を使って,能登の里山里海を体感できる充実した染物体験をエコツアーとするのが目的です.

今回は,きのこにアカヤマドリとヒイロタケを使って染物をしてみました.
アカヤマドリは写真のようなイグチの仲間で大きくて派手なきのこです.
比較的味も良いきのこですが,能登では習慣がなくほとんど食べられていません.

R0019644.jpg

こんな感じで若いうちはムシが少なくて良いですね.

R0019666.jpg

フライパンで炒めるとお皿が黄色くなるほど色がでます.
これは染物にもなるのではということで,今回実際に染めてみました.
アカヤマドリで染物をされる方は結構いらっしゃるようですね.

R0019670.jpg

今回はアカヤマドリの煮汁で絹の布を染めてみました.媒染には5つの金属を使い,比較をしてみました.
アカヤマドリは自然学校の保全林で今年採れたものを冷凍しておきました.

お鍋に入れ煮ます.良いきのこの匂いがしてきます.
だんだん色も出てきました.

R0025603.jpg


IMG_2509.jpg

布を投入,今回はテストなので小さな布です.

媒染.単に色素だけを布に付けても,後で水洗いしたら流れ出てしまいます.そこで,金属イオンで色素を布に固定する作業が媒染(ばいせん)と呼ばれる作業です.
ピンバッチを布に留めるようなイメージですかね.

再度,染め液に浸して完了.
じゃーん.緑がちょっとは行った感じのレモン色になりました.

R0025624.jpg

媒染剤は,

 鉄,アルミ
銅,チタン,錫

の順で並んでいます.
鉄が緑っぽくなりました.鉄イオンは黒っぽい色になるそうで,他の色素でも鉄で媒染すると黒っぽい色になるそうです.

次はヒイロタケ!いってみましょう.
ヒイロタケは,木材上に発生する名前の通り緋色,紅いきのこです.
一般的によく見られるきのこで,木材を分解する能力の高いきのこであると知られています.

_DSC0022-10.jpg

鍋に入れて煮出すと,赤茶色い色が出てきました.
どんな色に染まるでしょうか.

R0025617.jpg

布を投入!

今回も黄色っぽい色ですね.でもアカヤマドリより赤っぽいかな.

IMG_2511.jpg

 鉄,アルミ
銅,チタン,錫

の順に並んでいます.
銅で媒染したら,赤茶色になりました.結構綺麗な色になっています.

錫,チタン,アルミは金属の色がないからか,色に違いがでていませんね.
天然素材で染めるのは思いもよらない色がでて面白いですね.

さあいよいよ次回は,

ロクショウグサレキン!
いってみたいとおもいます.
きれいな青に染まるそうです.

お楽しみに!

投稿者 赤石大輔 : 18:00 | コメント (2)

2012年08月09日

いきもの調査の目的と意義

7月16日から18日に,新潟県佐渡市で開催された第2回 生物の多様性を育む農業国際会議(ICEBA2012)に参加してきました.珠洲を早朝に出発し,新潟にお昼到着,フェリーに乗って佐渡へ,7時間の旅は,レンタカーしたトヨタマークXで,市長さんはじめ4人での長旅でもとても快適でした.燃費はリッター11kmくらいでした.

16日は佐渡市のご案内で金山へ,金へのものすごい執念が山すら割ったという,人間の欲望がダイレクトに伝わってくる面白い施設でした.当日外気温34度でしたが,トンネル内は15度,この温度差はなにかに利用できるかもしれませんね.

R0025322.jpg

17,18日は農業国際会議に参加しました.17日は佐渡市で行われている「朱鷺と暮らす郷づくり」認証制度の農法を実施しているほ場で,「生きもの調査」を行いました.


NPO田んぼの岩淵先生はじめ,東京農大の先生や,地元の農家の方が指導してくださいました.

このほ場では,水田の脇に幅60cm程の溝が掘ってあり,常時水が溜まっています.これは佐渡で「江(え)」と呼ばれているもので,本来棚田などで隣の田んぼや山からの冷たい水が田んぼに直接は入らないためにいったんここに入れたりするためのものだそうです.この江には水生生物やドジョウなど色々な生物が住み着いており,生物多様性の高い水田環境を保ってきました.

R0025327.jpg

佐渡では,「朱鷺と暮らす郷づくり」認証制度の中で,江の設置を推奨しています.これは,近年行われるようになった夏季の中干し(田んぼの水を抜くこと)によって,田んぼ内の生物が死滅することを避けるためだそうです.

「朱鷺と暮らす郷づくり」認証制度は,佐渡市の生物多様性推進室生物共生推進係が実施しています.制度の詳細はこちら → 佐渡市ホームページ

この水田も,本来の意味での江は必要のない場所ですが,生物を保全する目的で10年ほど前から設置したとのことです.今回はこの江や水田内にどのような生物がいるかをみんなで調査しました.

結果は,というと,あまり生物が多いとは言えない数でしたが,それでも認証制度を実施しているところの方が,ないところよりも多少生物が多かったそうです.
特に多かったのは,外来種であるアメリカザリガニでした.トキや他の鳥類の餌になる事はあるでしょうが,アメリカザリガニが入っていることで水田の他の生物が少なくなっているのではないかと感じました.

R0025329.jpg

アメリカザリガニは,石川県でも全域に分布しています.珠洲市でも30年以上前に侵入し,今も一部に分布しています.アメリカザリガニが侵入したため池などは水草など本来の植生が失われ,元々いたゲンゴロウなどの水生生物に悪影響を及ぼすと言われています.

佐渡のこの江のような農法を,安易に珠洲市に導入してしまうと,保全したかった生物を逆に減らす原因となってしまうかもしれません.むしろ江など恒常的に水が溜まるエリアは水田内に設けず,夏の中干しの時期に一部の水田には水を張るとかいう工夫のほうが効果を上げそうです.

さて,今回の記事では,いきもの調査の目的と意義と題しました.
最近は全国で田んぼのいきもの調査というものを地域で実施しています.

R0025336.jpg

一番多いのは,農家や子供たちが「田んぼに入ってたも網を使い,生きものを探す.種類を見分ける.」という作業です.身近な水田に色々な生きものが入ること,水田が支える生物多様性を実感する,という教育的な意義はとても大きいと思います.

気づき,眼差し,思いやりの心など,美しい言葉とともに,この「いきもの調査」は全国で受け入れられています.

今回参加した農業国際会議でも,パネリストからはやはり子どもたちや農家の生きものへの関心や環境配慮型農業への共感を広げるための技法が主なテーマとして語られていました.生きもの調査は環境教育としての機能が最も重要であるかのようでした.

しかし,「調査」といっている割には,データの蓄積や,調査方法の統一ということには余り配慮されていない場合が多いようです.生物多様性の保全には,適切な管理とそのための定期的で手法の統一した調査が不可欠です.「いきもの調査」に生物多様性保全のための水準を持たせることは可能か,つまり専門家以外の方がやる調査でどこまで統一した調査が出来るのか,ということは議論になっています.

以前話題となった仕分け事業でも,田んぼの生きもの調査は議題にあがり,調査なのか啓発活動なのか明確でないという理由で厳しく仕分けされました.

行政刷新会議「事業仕分け」ワーキンググループ A(事業名) 田んぼの生き物調査

調査という言葉を使うことで,発信している側と受け取る側で意味やが異なってしまう.またそのあいまいな状態を放置しつづけていくことで,どんどん目的からずれた形になることを危惧します.
啓発活動であるならば,いきもの調査と呼ばず,いきもの観察会,とすれば良いと思います.

今月の中ごろに交流事業として佐渡から子供たちが能登へ来られるそうです.そこでも生きもの調査をするそうなのですが,主催者にはその目的と意義を明確にして,実りある活動にしていただきたいと思います.

投稿者 赤石大輔 : 11:04 | コメント (2)