金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2012年04月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2012年04月24日

写真集出版に向けて

私たちNPO法人能登半島おらっちゃの里山里海では,能登のいきもの写真集出版プロジェクトを立ち上げました.
お陰様で日々賛同していただいく方からご連絡がきています.現在も募集中ですのでぜひこの機会に,能登の里山里海を守り伝える活動にご参加いただければと思います.

内容は前回お伝えした通りですが,今回は写真の撮影者である渡部晃平氏の紹介をさせていただきたいと思います.

前回の記事はこちら → 奥能登の生きもの写真集出版プロジェクト

渡部さんは,愛媛大学大学院時代に能登を研究のために訪れ,能登の多様な生物が生息する里山で長期間調査を去れました.その際にとりためた写真の集大成が,今回の写真集となっています.
渡部さんが能登を訪れた当時の印象や,なぜ生きものの写真を撮ろうと思ったのか,そのあたりをお聞きしましたのでここで紹介させていただきます.


渡部晃平さん「写真集出版に向けて」

 僕は大学生の時に、ある昆虫写真家の写真に感銘を受けて一眼レフカメラを購入しました。しかし、良いカメラを買ってみたものの、被写体の昆虫に会うために遠出をしなければならなかったり、上手な写真が撮れなかったりで、ものの一ヶ月もしないうちに、部屋のオブジェとなってしまいました。それから一年後、インターシップという授業で能登半島を訪れました。能登半島の自然は、今まで通ったどんなフィールドよりも魅力的で、どこに行ってもたくさんの生き物で溢れていました。そこで、翌年は能登に住み込み、研究をする合間にもう一度写真を撮ろうと決意したのです。能登では、会いたい生き物にいつでも会うことができました。外に出る度に、「この素晴らしい生き物の姿を残したい!」という気持ちを抱くようになり、もっと魅力的に生き物の写真を撮りたいと思うようになりました。最初にカメラを買った時とは違い、毎日違う顔を見せてくれる生き物達の写真を撮ることが、楽しくて仕方がありませんでした。
 生物多様性には様々な力があります。植物から優れた薬ができたり、木々は二酸化炭素を減らしてくれたりします。そして、能登の生物多様性は僕の人生を変えてくれました。綺麗な蛍を見ること。美しい声を聴くこと。花の香りを匂うこと。美味しいキノコを食べること。興味を持った物に触ること。大自然は、どんな先生にも作ることができない、とても優れた教科書です。その中で自ら感じ、学んだことは、これからの人生でかけがえのない宝物になるでしょう。
 しかし、この素晴らしい自然が世界中で失われていることも事実です。図鑑を見て会いたいと思っても、会うことができない。しかし、能登半島にはまだまだたくさんの自然が残されています。僕が撮影した生き物達のほとんどは、里山という環境で生き、生かされています。里山とは人が管理をすることで維持されている特殊な環境です。能登半島は、その素晴らしい里山が世界中から認められ、世界農業遺産に指定されました。先人達が培ってきたこの里山を後世に残すためには、その魅力を知らなければなりません。この写真集を出版することで、能登半島にいる多様な生き物達を、よりたくさんの人に知っていただき、少しでも周りの環境に目を向けていただければ幸いです。そして、未来の子供達のために、豊かな里山を感じ、伝え、守っていきたいと思います。皆様のご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。


写真集PR.jpg

投稿者 赤石大輔 : 14:38 | コメント (0)

2012年04月19日

奥能登生きもの写真集出版プロジェクト 

 昨年度,能登の里山里海が世界農業遺産に認定されたことを記念して,NPO法人能登半島おらっちゃの里山里海(北風八紘理事長)では,奥能登生きもの写真集の出版プロジェクトを立ち上げました.世界農業遺産の認定を受けたことで、地域の里山里海や生物多様性への関心が高まる中,具体的な形で能登の生きものを紹介することを目的として,写真集を選びました.

 この写真集に収録される写真は,当時愛媛大学大学院生であった渡部晃平氏が,2010年に能登に滞在し,修士論文のための生物調査をする合間に撮影した様々な生物の写真です.
 どの写真も,日ごろ私たちの目に付きにくい,小さな里山の生きもの達の生き生きとした姿が風景とともに映し出されている傑作です.

chirashi0419.jpg

<<応援基金募集のお知らせ>>
 
 この写真集の出版と,私共NPO法人のこれからの活動に対するご支援をいただきたく,一口3000円の協賛金を募らせていただきたいと考えております.
1口につき,写真集1冊(予価1800円)と,巻末に「奥能登の里山里海を守り伝えていきます」という意味を込めて,協賛していただいた方のお名前を記載させていただく予定です(匿名でのお申し込みも受け付けております).
また,協賛金の一部は能登の里山里海保全の活動に使わせていただきます.

出版は6月下旬を予定しております.能登印刷出版部から出版されます.


これからの未来を繋ぐ子供たちへ,能登の美しい風景とそこに生きる生物立ちの姿を伝えていきたいと願っています.
写真集の出版と,私たちの活動に共感していただいた方は,ぜひこのプロジェクトにご参加いただければと思います.よろしくお願いいたします.

お名前,ご住所,お電話番号、メールアドレスをご記入いただき,下記の連絡先までFAXまたはメールでご連絡下さい.

DSC_0933のコピー.jpg

<<写真集出版プロジェクト協賛金について>>

振込先 ゆうちょ銀行
口座番号 00710−9−45126
加入者名 特定非営利活動法人能登半島おらっちゃの

記号・番号 00710 - 9 - 45126
銀行 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 079
預金種目 当座
店名 〇七九 店(ゼロナナキユウ店)
口座番号 0045126


問い合わせ:NPO法人能登半島おらっちゃの里山里海
927−1462 珠洲市三崎町小泊33−7
電話&fax:0768−88−2528
メール: info@satoyama−satoumi.com(半角で)

投稿者 赤石大輔 : 10:05 | コメント (0)

2012年04月03日

自然共生研究員というお仕事

4月3日

春といってもまだ寒い日が続いています.今日は台風のような風が吹いていますね.

さて私,昨年度末でNPOおらっちゃの里山里海の研究員の任期を終了し,4月より珠洲市企画財政課,自然共生係 自然共生研究員を拝命いたしました.1年ごとの更新で,最長3年間,本業務に従事する予定です.
主なお仕事は,里山里海の保全研究はもちろんですが,先日もブログでお伝えした,珠洲市の生物多様性保全計画の策定作業,そして金沢大学やNPOおらっちゃとの連携事業の推進です.昨年度終了した能登里山マイスター養成プログラムに続く新たな事業も今年度始まる予定です.

ということで,肩書きは変わりましたが,内容は大きな変更はいまのところないようです.

これまでの私の職歴を振り返ってみますと,

2006年,金沢大学情報部社会貢献室・事務補佐員 自然計測応用研究センター・連携研究員 兼任
2007年,金沢大学情報部社会貢献室・博士研究員 金沢大学環日本海域環境研究センター・連携研究員 兼任
2008年,金沢大学地域連携推進センター・博士研究員 金沢大学環日本海域環境研究センター・連携研究員 兼任
2009年,NPO法人能登半島おらっちゃの里山里海・研究員 金沢大学環日本海域環境研究センター・連携研究員 兼任
そして,2012年より,珠洲市企画財政課自然共生係・自然共生研究員 金沢大学環日本海域環境研究センター・連携研究員 兼任 となります.

三井物産環境基金のご支援により始まった自然学校のスタッフとして3年,国の雇用事業で珠洲の里山保全活動と研究活動を行うNPOのスタッフとして3年,そして珠洲市役所で研究員3年という風に渡り歩いています.

ちなみに,金沢大学の連携研究員というのは,大学からは給料を支払われない無給研究員の事です.私もポスドク問題,高学歴ワーキングプアなどと近年問題になっている博士余りのど真ん中世代でます.無給研究員のポストでも,どこにもポストがない人たちにとっては大変あり難い肩書きです.

優秀な業績を残していれば大学に残れる.大学に職がないのは能力がないからだ.というご指摘を受けます.その通りだと思います.しかし大学や研究所のポストが減る中,大学院の定員は増え,結果職に就けない若手が多くいるという現状は深刻です.研究者として既存の職業に無かった分野に進出していくことも近年見られるようになりました.私もその一人だと思います.

大学の研究者と地域の関わりについて,珠洲で先日開かれた生物多様性の会議で面白い結果がありました.
戦前1930年代から2000年代に行われた,奥能登での生物多様性の調査の数を数えると,1930年ごろは10件程度,1960年代にピークを迎えます.丁度能登半島が国定公園に指定される時期や,各市町で市制20周年などを迎える前後で,各地域で詳細な生物の調査が行われています.
その後はどんどん少なくなり,2000年代にはなんと1930年代と比較しても少ないということでした.地域の生物調査などは,現在は業績になりにくいのかもしれません.今の大学の研究者が必死に積み上げている業績は,どんどん地域とは関係のないものになっていっていると感じました.

自然共生研究員は,自然と共生すること,その術を研究するお仕事ということになるでしょうか.共生という言葉は多種の生物がお互いに関係を持ちながら生活することです.里山里海の生物多様性と地域に住む人間がどのように共生していくのか,共存していけるか.地域の研究者としてこれ以上素晴らしい仕事はないと思います.

これからもどうぞよろしくお願いいたします.

IMGP4690.JPG
(3月30日,アカガエルの卵がたくさんあった珠洲のビオトープにて,補修作業).

投稿者 赤石大輔 : 13:06 | コメント (3)