金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2012年01月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2012年01月29日

おらっちゃの里山里海平成24年度総会

本日は,NPO法人能登半島おらっちゃの里山里海の,平成24年度総会がありました.当NPOの年度は,1月始まりの12月締めです.分かりやすいのと4月は活動が始まることも在り冬の1月に総会を刷ることに決まっています.

総会で承認された,今年度NPOが取り組む予定の活動は以下の通りです.

1.おらっちゃの里山市場の検討等
4月から毎週日曜日に営業している里山市場,3年目を迎える今年は,市場の継続性,収益性を真剣に考えようということになりました.
当初,里山市場をはじめた趣旨は,カボチャなど規格外品を安く地域で提供すること(廃棄野菜,フードマイレージの減少).
小さな農家,家庭菜園的な農家が,張り合いを持って農作業を継続できること(農地、担い手の維持).
里山マイスター,のうきゃなど若手の農業者を応援すること(環境配慮型農業,若い担い手の支援).
この3つの意義がみたされていることが,おらっちゃとして直売所をやる意義でした.今後もここは変えないようにしていきたいと思います.

NPOがすることとして,
・ 集客のための仕掛けを検討・実施
・ 観光客向け=ポストカード以外の商品開発=竹籠、ミニチュアのキリコ
・ 商品の買い取り
・ 生産者の依頼に応え、可能な支援を行う
・ 個々の生産者の考え方、思いなどを聞き取り調査する必要あり。
が上げられました.さらに,里山工芸として,体験コーナーを設けるなど,市場に来られる方が楽しめる仕掛けも検討していきたいと思います.

その他,雇用関係事業の予定,ビオトープの保全活動,里海関係事業の取り組み方,保全活動参加者へ,エコポイント制度の導入.石川県や珠洲市が実施しているエコポイントとの乗り合わせ.金沢大学との連携事業などについても議論されました.

今年で5年を迎えたNPOおらっちゃです.今年度はさらに会員を獲得すること,若い人の参加を増やしていうと言うことになりました.また,5年後の姿,目標設定も大切ではないかと言うことが指摘されました.

世界農業遺産に認定された能登の里山里海を,私たちの手で守り伝えていく活動を,今年も元気にやっていきたいと思います.

投稿者 赤石大輔 : 16:40 | コメント (0)

2012年01月28日

第184・185回へんざいもん

第184回 里山里海自然学校へんざいもん 平成24年1月21日 本日利用人数:18人
2012年1月21日御膳_R.jpg
<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・納豆汁
・鶏肉のケチャップ和え
・のっぺ
・きんぴらごぼう
・人参の粕和え
・かぶらのやたら
・漬け物

 

 先週の土曜日(1月14日)は、道の駅すずなりで開催された「あんこう祭り・かいそう祭り」に“餅つき”で参加したので、自然学校でのへんざいもんはお休みでした。珠洲の人はお餅好きです。おかげさまで、餅がつき上がるとすぐに売り切れてしまいました。かく言う私も…好きです。
 あんこう祭りで餅を販売_R.jpgさて今回のメニューには少々洋風のものもありました。鶏肉のケチャップ和えです。唐揚げにした鶏のムネ肉を、炒めたタマネギや人参とケチャップで合えた料理で、小さなお子さんにも喜ばれる一品です。鶏肉を豚肉のブロックに変えてもおいしいそうです。一度、試してみてはいかがでしょうか。
のっぺやカブのやたらは、へんざいもんではおなじみの料理ですが、実に素朴でおいしい。そして納豆汁!単に納豆を擦りおろして溶かし入れたみそ汁ですが、これが豆腐とよく馴染むんです。具材として、豆腐以外にもいろいろと入れるご家庭もあるようです。これまた素朴で、納豆のうまみが汁にとけ込んでコクがある。体があったまります。
 今回、一般のお客さまは1組お二人でしたが、25日には遠くからお客さまがお見えになるようです。どんな料理がでるか今から楽しみです。


第185回 里山里海自然学校へんざいもん 平成24年1月25日 本日利用人数:20人
2012年1月25日真上からの御膳_R.jpg<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・ジャガイモとワカメのみそ汁
・さばの味噌煮
・カブのあんかけ・ゴボウとインゲンのごま和え
・カジメの煮物
・大根の酢の物
・漬け物

 

 珠洲は久しぶりの大雪となりました。とは言っても、私の子どもの頃に比べたら降ったうちには入らない程度ですが、慣れない雪道にハンドルを取られながらの出勤となりました。
 本日は、県内の加賀市から9名の方が自然学校の視察に見えられ、へんざいもんで食事をしていかれました。同じ県内でも珠洲市と加賀市は、北のはずれと南のはずれになります。当然、料理の味付けも異なると思いますが、いかがでしたでしょうか?
 あんかけのカブは、口に入れた瞬間にとろけてしまうほど柔らかく、その上、味が良くしみていて、まさに至福の味でした。さばの味噌煮に添えられていた長ネギもまた、甘く柔らかく舌の上でとろけてしまいました。どうして冬の野菜はこんなにもおいしいのでしょうか。
 特別なものは何もないのですが、雪のように真っ白な炊きたてのご飯がおいしすぎて、またお腹一杯食べてしまいました。ごちそうさまでした。


今回のおすすめは、寒い日にピッタリの「かじめの味噌汁」です。

今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選


投稿者 赤石大輔 : 10:25 | コメント (2)

2012年01月12日

第183回へんざいもん

第183回 里山里海自然学校へんざいもん 平成24年1月7日 本日利用人数:23人
IMG_0021_R.jpg
<<本日のメニュー>>
品 名
・お雑煮
・煮しめ
・焼きナマス
・切り干し大根
・黒ササゲの煮豆
・漬け物

                                                                                                                             
                     明けましておめでとうございます。2012年最初のへんざいもんの手料理は、つきたてのお餅でつくる“お雑煮”です。これに、お煮しめと煮豆、ナマスがついて、まさに正月料理です。残念ながら、おとそはありませんでしたが…。
DSC03531_R.jpgところで、皆さんのお雑煮はどんなお雑煮ですか?お雑煮は地方色だけでなく、家庭の色が出ます。餅は丸餅か角餅か、焼くか茹でるか、出汁は醤油味か味噌味か―などなど、本当に千差万別です。さて本日のお雑煮は、つきたての丸餅を使用し、出汁はアゴ出汁です。ここまでは、この地方出身の我が家と同じ。中に入っている具材は豆腐、かまぼこ、ぼた海苔(岩のり)。う〜ん、やっぱり同じ。ということは、我が家とルーツが同じ?
煮しめは、ニンジンの赤と花麩で華やかさを演出し、味がよく煮しんでいて本当においしい。煮豆を食べて、“今年も豆に働こう!”なぁーんてね。お餅もおかわりしてお腹はいっぱいなのに、食後に出されたぜんざいまで戴いてしまいました。もう動けません。
今回は、一般のお客さまはいらっしゃいませんでしたが、今年も土曜日は第三土曜日を除き営業いたしますので、ぜひご利用ください。


今回のおすすめは「ぼたのり」です。


今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選

投稿者 赤石大輔 : 13:05 | コメント (0)

2012年01月11日

死ぬことと,家族と,生きること

金沢の映画館シネモンドにて、映画エンディングノートをみました。

シネモンドのHPはこちら → シネモンド
エンディングノートのHPはこちら → エンディングノート
 
エンディングノートは,実の父親が癌で亡くなるまでを娘が撮影したドキュメントです。全体的に明るい雰囲気で、お父さんの人柄が現れていて、泣けました。家族のために、残される奥さんの為に、努めて場を明るくしようとおどけたり冗談をいってみせるお父さん。それを知ってか、家族もできる限り普段通りに振舞う。

これが家族だよなと、改めて認識しました。家族いいですね。振り返って、仕事を終えて帰り玄関を開けると、暗い、気温二度の冷たい我が家・・・。突然自分の身に、降りかかる事故や病気、避けられるものではないとはいえ、やはり一人で死にたくないなあ、と強く持ちました。

シネモンドは、いつもなかなか良い映画を上映している、文化都市金沢の誇る小さな映画館です。学生時代は良く見に行きました。
今後のシネモンドのラインナップをみると、

永遠の僕たち (加瀬亮が死んだ日本兵の役で出演です)
50/50 (インセプションのオールバックのお兄さんが主演です)

といった,癌を告知される若者や、余命三ヶ月のヒロインなど、死をテーマにした作品が続きます。震災以降、死について考えることが多くなったからでしょうか。あまりにも突然、日常を壊され、無差別に死が訪れたあの瞬間について,私はあまりにも準備不足だったと思っています(しかたないことですが).私はあの時どういう心構えでいるべきだったか,どのように日常を過ごすべきか,ということを反省し,できればやり直したいということを心のどこかで持ちながら,死をテーマにした映画を選んで観ているのかもしれません.

エンディングノート劇中でお父さんは、自分の死までの道のりとお葬式の段取りをシミュレーションしていました。自分や家族の死について、思いを巡らす、シミュレーションすることで、自分が今やるべきこと、どう生きていくか、ということが見えるのかもしれません。昔の侍は常に死を意識して生きていたらしいです(参考:花の慶次、少年ジャンプ)。

今年も健やかに、生きて行きましょう。

投稿者 赤石大輔 : 09:25 | コメント (0)