金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2011年01月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2011年01月28日

里山の価値とは.

「県生物多様性戦略ビジョンは、「トキが羽ばたく石川の実現」を目標に掲げ、環境保全に取り組む人材の育成、里山里海を抱える世界各地との情報の共有、発信など七つの基本戦略を打ち出す。」

前回の記事でちょっと触れましたが,COP10以降も石川県は里山里海の保全活用に力を入れていく宣言がされました.石川県生物多様性7つの基本戦略について,コメントしたいと思っていたのですが,webで探してみたのですがなかなか出てきませんでした.

石川県生物多様性7つの基本戦略

COP10の資料に,PDFファイルがありこの中に「里山の利用・保全を中心とした戦略」として,7つが上げられていましたので,このことだと思います.

7つの戦略
1.里山里海における新たな価値の創造
2.多様な人材の育成・ネットワークの推進
3.森・里・川・海の連環に配慮した生態系の保全
4.多様な主体の参画による新しい里山里海づくり
5.国際的な情報の共有と発信
6.積極的な種の保存と適切な野生生物の保護管理
7.生物多様性の恵みに対する県民理解の浸透

それぞれ大切な内容が含まれていますね.
石川県は,生物多様性戦略ビジョンをまだ発表していません.ですので,ビジョンに合わせて7つの戦略も多少変化があるかもしれませんね.

さて,7つの戦略を見てみると,生物多様性というよりも,里山里海の保全活用に関する戦略と読むことができます.つまり石川県では里山里海=生物多様性という位置づけをしているわけですね.生態系サービスという自然環境の機能を表すものとして,里山里海という言葉を使うのは日本では一利あることだと思います.生物多様性保全については6番目に強調されています.

「里山里海における新たな価値の創造」という大きな目標が掲げられています.新たな価値って何なんでしょうか.そもそも里山の価値とは?

ここで石川県の里山の定義を確認したいと思います.県庁のホームページに「里山ってどんなところ」という紹介ページがあります.
こちら →  里山ってどんなところ

里山は集落の近くにある山や田んぼなど自然景観を指し,そこに住む人々の生活のために利用されてきた資源調達場所です.現在は資源調達場所として使われなくなり,かつての価値がなくなった(低下した)わけです.
現在の里山の価値には何が残ったかというと,レクリエーションつまり娯楽のための機能だと言う方もいます.

自然環境に触れ楽しむことが私たちにとって価値あることだというのは判ります.里山はそれ以外の機能を持っていたいからこそ,レクリエーションとして楽しめる部分があるので,本来の機能はどうやって維持していくのでしょうか.レクリエーションで落ちるお金で里山の管理をしていくのでしょうか.私にはなかなか難しいように思えます.

aenokoto.JPG

里山本来の価値である資源調達場所として,新しい手段で資源を活用をしていこうという取り組みも始まっています.そして,生物多様性の保全という機能はまさに新しい価値といえると思います.
「生物多様性で飯が食えるか」という議論をしたこともありますが,「今はまだ食えない」という答えでした.食っていける仕組みは何か.生物多様性の価値はそこにあるのだと思います.

今回は結局,自分のメモ程度にしかなりませんでした,申し訳ありません.この「里山の新しい価値」が定まらないうちは,これを子供たちに見せても,過去の話としてしか伝らず,次世代に残りません.新しい価値を見つけ,それを育て,発信し活用していくことができるのだと思います.
これからも自分に問い続け,発信していきたいと思います.

投稿者 赤石大輔 : 15:43 | コメント (2)

2011年01月19日

第145回へんざいもん

第145回 里山里海自然学校へんざいもん 平成23年1月8日 本日利用人数:17人
へんざいもん110108.JPG
<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・つみれ汁
・若鶏の照り焼き
・煮しめ
・大根なます
・おから
・煮豆
・やたら

今年最初の「へんざいもん」です。お正月はどうしても食生活が乱れがちなので、「へんざいもん」の料理をいつも以上に味わって食べました。ピンクの赤カブをはじめ、煮しめもいろどりがとてもきれいでした。お正月には食べなかった黒豆を食べて「今年こそはマメに頑張るぞ」と思いました。


今回のおすすめは「大根なます」です。

今月のお勧めレシピ,詳細はこちら →
のとの郷土料理百選

投稿者 赤石大輔 : 15:08 | コメント (0)

2011年01月04日

明けましておめでとうございます.

明けましておめでとうございます.

本日1月4日の能登珠洲市は曇り,気温は低いですが雪はほとんどありません.昨年は大雪だったようですが,今年は雪は少ないのでしょうか.天候の予測はなかなか難しいです.
年末年始は,岡山倉敷へ遊びに行ってきました.倉敷の美観地区は以前からぜひ一度見てみたいなあと思っていましたので,この機会に遊びに行ってきました.

R0021731.JPG

岡山へは京都からレンタカーを借りて行きました.京都駅でホンダfit hybridの白を借りました.ハイブリッド車はプリウスに乗ったことがありますが,ホンダのは初めてです.CR-Zに乗りたかったのですが,あいにく満車でフィットになりました.乗り心地ですが,停車時にエンジンストップするので,次に動き出すときにコンマ数秒の出遅れ感が気になりましたが,すぐになれました.コンパクトカーとしては低速時の静粛性が非常に高いと感じました.街乗りならこれで十分ですね.高速運転もクルーズコントロールまでついていて,とても快適です.運転席はパネルの照明が青と緑で統一されていて,グリーンな車というイメージを全面に出している感じです.ハンドルなどもスポーティな感じで,ちょっと男性好みかもしれませんが気に入りました.燃費はリッター20kmといったところでしょうか.これで200万円くらいなら売れるんじゃないかなー.

車の話はこれくらいにして,ドライブしながら西日本の山を見ると,北陸とはやはり雰囲気が違いますね.岡山は山が多いように感じましたが,岩が露出している場所が多かったですね.この地域は,赤穂もそうですが塩の産地だったようで,山がたくさん伐られはげ山になって,今のような状況になったのかなと考えました.
児島地区にある野崎亭も見てきました.休館日でした.ここの野崎武左衛門が倉敷市児島に入浜式塩田を導入して,財産をきづいたそうです.児島地区は桃太郎ジーンズを見に行ったのですが,年末年始はお休みでした.岡山はジーンズの生産地なんですね.桃太郎印のジーパンを買いたかったのですが.

R0021771.JPG

岡山といえば備前焼,そして日本刀の最上大業物備前長船の里として,有名ですね.製塩,焼物,製鉄,鍛造と里山の木材をたくさん使い発展した地域なんだなと実感しました.岡山はマツタケね産地でもありますね.備前長船博物館も年末年始お休みでした.博物館は以外と普通の住宅街にありました.
(年末年始は施設のお休みが多いのを事前に調べておくべきでした)

瀬戸大橋もみてきました.夕焼けが綺麗でした.

R0021777.JPG

倉敷の美観地区では,大原美術館でゴーギャンとかルノワールとかピカソとかを見て感動しました.また大原家が支援した児島虎次郎の絵が本当に素晴らしかったです.来て良かった(開いてて良かった) .
地ビールが有名だということで,独歩という銘柄の瓶ビールを買い込みました.
私は北関東群馬の出身で,長く北陸で生活していますので中国,四国,九州はあまりいったことがありません.また遊びに行きたいと思います.今度は鹿児島かなー.

能登へ帰ってきて,新聞を見ると, 「里山里海保全へ基金 石川県が新年度、50億円規模で創設 地域振興後押し」と,大きく一面にでていました.ポストCOP10の石川県の目玉事業ということです.
「里山や里海の保全には、農林水産業の充実や鳥獣対策、グリーンツーリズムなど観光業の活性化に向け、各部局との連携強化は不可欠となる。このため、農林水産部の出先機関である五つの農林総合事務所を直接指揮できるようにする。」
という部分もとても前向きな方針だと思いました.
また,
「県生物多様性戦略ビジョンは、「トキが羽ばたく石川の実現」を目標に掲げ、環境保全に取り組む人材の育成、里山里海を抱える世界各地との情報の共有、発信など七つの基本戦略を打ち出す。」
とあります.この7つの基本戦略についてもあわせて,次回のブログ記事で取り上げてみたいとおもいます.2011年は国際森林年でもあります.今年が能登の里山里海にとっても良い年になることを祈り今年一発目の記事を締めたいと思います.

本年もよろしくお願いいたします.

投稿者 赤石大輔 : 13:21 | コメント (2)