金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2010年04月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2010年04月28日

第112・113回へんざいもん

第112回 里山里海自然学校へんざいもん 平成22年4月17日 本日利用人数:34人
100417へんざいもん.jpg
<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・豆腐とワカメの味噌汁
・肉じゃが
・天ぷら(コゴミ、ヨモギ、竹輪)
・水ブキ、芋の茎の煮物
・キャベツの酢の物
・ホウレン草のおひたし
・切り干し大根の煮物

今日の感想
本日のメニューはカロリー低めで、女性にとってはちょうど良い量でしたが、若い男性の方は足りないとの声が聞こえていました。キャベツの酢の物には、大根を細かく切り、ゴマと竹輪を入れた組み合わせも面白いなと思いました。この時期の天ぷらは春の山菜が主役のようです。本日はヨモギが加わりました。切り干し大根はちょっと前まで、農家の軒先で皆さん大根を干して綺麗に仕上げていらっしゃいました。自家製の物はやはり甘みが違いますね。水ブキはこの辺ではカタハといいますが、前回と同じく芋の茎と同様漬けてあった物を水だしして味付けてあり、昔懐かしい煮物でした。カロリー低めでしたが、この後今期の新しいマイスター生を囲んでの懇親会があり、生徒さんの差し入れ食材で、から揚げ等の香りが漂ってきました。きっと男性諸君は満足されたのでは?と思っています。ごちそうさまでした。


第113回 里山里海自然学校へんざいもん 平成22年4月24日 本日利用人数:37人
100424へんざいもん.jpg
<<本日のメニュー>>
品 名
・ご飯
・ネギとワカメの味噌汁
・芋ダコ
・揚げだし豆腐
・サワラの味噌漬焼き
・セリと切干し大根の酢の物
・きんぴらゴボウ
・こごみのゴマ和え
・ワラビの煮物

今日の感想
春というのに寒い日が続いていて、植物にも影響がでているようです。例年ですと今が山菜の最盛なのですが、今年はまだ食卓には少ししかお目見えしていないようです。それでもスタッフの方の裏山にはセリ、コゴミは採れるようで、天ぷら、和え物と何回か出ていました。ワラビはさすがに今回も漬け物を塩出しした物を使ったそうです。サワラは定置網の方にお願いして、昨晩味噌漬けにされた物だそうです。大きさに違いがあり、調理される方は苦労しておられました。山椒の新芽は香りがよく、魚料理にはとても有難いトッピングでした。切干大根は酢の物用の自家製です。切り方により、酢の物用、煮物用になるとの事でした。面白かったのは、きんぴらゴボウには、白と黒のゴマを使ってあり、意図的ではなく量が足りなくて2色になったと笑っておられました。色合いも良く中々美味しかったです。ごちそうさまでした。

投稿者 赤石大輔 : 10:39 | コメント (0)

2010年04月22日

第2回保全活動

4月10日

2010年第2回保全活動を実施しました.
今回は,保全林でシイタケのホダ木づくりです.

里山メイト 保全林20100410_01.jpg

シイタケのホダ木は,保全林に生えていた30年生くらいのコナラです.
保全林はもともとアカマツ林でしたが,長年放置されさまざまな雑木が侵入しています.コナラもずいぶん前に侵入して,大きくなっていました.

里山メイト 保全林20100410_02.jpg

この保全林を美味しいキノコがたくさん出る山にするために,伐採作業など整備を進めていますが,今回は伐採したコナラを有効活用するためにシイタケを植菌しました.
今回使ったシイタケは,徐々に有名になりつつあるのと115です.
肉厚の大きなシイタケは,味も触感もよく,普段シイタケをそんなに食べ慣れない方にもお進め.お子さんもきっとシイタケが大好きになっちゃいますよ!というくらい美味しいです.

shitake2.jpg

最近人気も出てきて,金沢の近江町で取り扱いが在るそうです.金沢で食べたら一個数百円するようですよ.
今回植えた菌は,おそらく来年の春ごろにキノコが出てくると予想しています.楽しみですね.このシイタケは自然学校の活動を支援してくださる方々に送りたいと考えています.

次回は24日土曜日に保全活動を実施します.

投稿者 赤石大輔 : 18:48 | コメント (1)

2010年04月16日

のとの里山再生てびき2


のとの里山再生てびき2が完成しました.

最初に発行した「てびき1」から実に2年ぶりとなりました第2段は,「能登流! キノコ山の再生と活用」というタイトルです.

R0018586.jpg

てびき1の紹介記事はこちら → 「キノコ山の作り方」完成!

これまで自然学校が取り組んできた里山再生事業の中で,特に能登の美味しいキノコがたくさん発生するキノコ山づくりに重点を置き,1章では里山の歴史と保全への取り組み,2章では再生する里山,キノコや山菜について.3章では里山の活用,バイオマスからキノコツアーまで.という風に,キノコ山の作り方から環境教育やエコツアーの開発まで,さまざまな能登の里山の活用法について紹介しております.

是非多くの方々に手に取っていただき,能登の里山でこんなことができるのか,と思っていただければ幸いです.

投稿者 赤石大輔 : 20:13 | コメント (0)

2010年04月14日

第111回へんざいもん

第111回 里山里海自然学校へんざいもん 平成22年4月10日 本日利用人数:59人
100411へんざいもん.jpg<<本日のメニュー>>
品 名
・赤飯
・アオサの粕汁
・シャケのムニエル
・コゴメの天ぷら、ポテトサラダ
・平(煮しめ)
・春雨の酢の物
・五目豆とセリのゴマ和え
・筍と昆布の煮物
・ワラビの煮物
・白菜の辛子和え

今日の感想
本日はマイスターの入学式でした。お祝いという事でお赤飯がすでにお茶碗に入っていたのですが、これを“入り飯”というそうです。量的には少なめにしてあり、お替りは白ご飯で自由でした。
もう、コゴメがお目見えです。天ぷらにしてあり、あっさりとあまり主張していない食材に春を感じました。スタッフのおばさんの裏庭にあったそうです。セリ、芋の茎(煮しめ)等食材の持ち寄りだから出来るのだとおばさん達は笑っておられました。ワラビ、筍はこの時期この辺ではまだ早いようで、漬けてあった物を塩出しして調理されたそうです。何度も水を変えまったく漬け物独特の臭いは感じませんでした。五目豆も大豆をよくこの辺で作っておられる方に頂く事が多いのですが、工夫しだいで美味しく頂ける事を学習させてもらいました。ごちそうさまでした。

投稿者 赤石大輔 : 09:44 | コメント (0)

2010年04月13日

桜祭り

4月11日

小泊の桜祭りが開催されました.
自然学校が開講してから,4回目の桜祭りとなりました.祭りのタイトルは,はじめの小泊桜祭りから,三崎桜祭りにかわり,今年は里山里海桜祭りという風に,規模やテーマがどんどん大きくなってきています.

_DSC0202.jpg

これまでの桜祭りの様子.
2009年
2008年
2007年

_DSC0215.jpg

さて今年は残念なことに雨模様となり,体育館での開催となりましたが,例年同様沢山の方にお越しいただきました.
出店も毎年増えていて,採れたての野菜や魚など,そして手作りの美味しいお菓子や漬物やお総菜などが並んでいます.祭りにはかかせない焼きそばやたこ焼き,いか焼きなどもテントで販売.自然学校とへんざいもんからは,桜餅とおはぎを作って販売しました.

_DSC0224.jpg

地域のグループが参加する踊りや歌の披露,そして大食い大会も今年で3回目を迎えました.チャンピオンは三連覇を達成です.地域の方々と能登学舎でこうして触れ合いを持つことができる桜祭りを,今後も続けていけたらと思います.
_DSC0231.jpg

投稿者 赤石大輔 : 09:57 | コメント (0)

2010年04月07日

里山里海保全活動

里山里海自然学校の2010年保全活動の案内をいたします.

今年度より,保全活動のポイントカードを作りました.
1回参加ごとに1つシールを提供します.
4つたまると,へんざいもんが1回無料でご利用いただけます.
みごと20個たまりますと,自然学校から素敵な里山里海の恵みをプレゼント!
みなさまぜひご参加下さい.

ピクチャ 1.png

ピクチャ 2.png

保全活動第2回,第3回のご案内をいたします.

① シイタケのホダ木づくり.
自然学校の保全林で,シイタケのホダ木作りを行います.
のと115という菌種を植菌します.
開催日時:4月10日(土曜日)13時~15時.
集合場所:里山里海自然学校
準備:作業の出来る服装.小雨決行です.

② 保全林の整備
自然学校の保全林でキノコ山整備活動を行います.
開催日時:4月24日(土曜日)13時~15時.
集合場所:里山里海自然学校.
準備:作業の出来る服装.小雨決行です.
みなさまのご参加をお待ちしています.

両日とも,へんざいもん営業しています(700円).ご利用の方はご予約お願いします.

投稿者 赤石大輔 : 14:36 | コメント (0)

2010年04月06日

第110回へんざいもん

第110回 里山里海自然学校へんざいもん 平成22年3月20日 本日利用人数:52人
へんざいもん100320-1.jpg<<本日のメニュー>>
品 名
・おはぎ、おにぎり、いなり、イカ飯
・すりわり汁
・鶏肉のから揚げ、納豆の包み揚げ
・ぶりの照り焼き
・ポテトサラダ
・煮しめ
・カジメ、ワラビの煮物
・人参のフキノトウ味噌和え
・姫どら
今日の感想
本日はマイスター卒業式があり、バイキング料理でした。参加者も50名以上の大変賑やかなランチでした。おはぎは能登大納言小豆のさっぱりした独特な味が美味しかったです。いなりは人気があり気付いた頃にはゼロでした。すりわり汁に入っていたのは、秋におらっちゃの里山里海で保存して商品開発を試みているシバタケでした。昔からすりわり汁(ご汁)には、この辺ではシバタケが一番美味しいと言われています。ほとんどが、地産地消の食材で毎回工夫されていますが、それがバイキングとなると他では味わえない内容に驚きでした。なぜか珠洲産の“姫どら”がありました。デザートかな?と思っていたら、おやつにお持ち帰りしている人も見かけ、何とも微笑ましい本日のへんざいもんでした。

投稿者 赤石大輔 : 10:49 | コメント (0)