金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2009年11月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2009年11月28日

保全活動

11月28日

保全林で保全活動を行いました.参加者は9名でした.
今回の作業は,整備の仕上げである地掻き作業です.この2年,子供から大人まで多くの方に参加していただき,雑木や枯れ木を伐採し,倒木や枝を搬出して,ようやく地掻き作業に移れました.

DSC_0042.jpg

積もりに積もった落ち葉,腐植層をレーキで掻き取り搬出する作業です.
腐植層にマツなど植物の根が入り込んで,林床は落ち葉のマットを敷いたようになっています.こうなるとレーキで掻きとろうにも,なかなか思うようには行きません.音をぶち打ちと切れるような,歯のついたレーキでもって,がりがりと掘り起こす感じで作業を進めています.想像を絶する重労働です.

20m×20mの面積を,9人で2時間フルに働いてようやく作業が完了しました.
1ヘクタールはこの25倍(100m×100m)です.
仮に作業を誰かに時給800円で委託すると考えると,
800円×2時間×9人×25倍= 36万円/ヘクタールとなります.
結構コストがかかりますね.しかし1ヘクタールあたり100万円分マツタケが毎年とれるとなれば,初期投資としては悪くないと思います.

しかし,せっかく投資してもマツタケが出ないということもしばしばあります.投資すれば,必ずマツタケが出るようになることを確立しなくてはなりません.金沢大学やNPOおらっちゃは県と協働でマツタケの研究に取り掛かっていますが,現状では,なかなか難しいとしか言えません.

さて,冬の時期の地掻きとあって,冬越しのために土の中に隠れていた生き物がちらほら確認できました.大きなモリアオガエルが,うずくまっているのを2回も見ましたし,カブトムシ?カナブン?の幼虫もいました.
松ぼっくりから発生するマツカサタケも見つけました.

DSC_0038.jpg

昨年は夏に地掻きをしましたが,クロサンショウウオが見つかりました.
地面をほじくり返すと面白い生き物に出会えます.
昨年地掻きをしたエリアでは,今年たくさんのアミタケが出ました.今年作業した場所は来年どんなキノコが出るでしょうか?とても楽しみです.

DSC_0046.jpg

投稿者 赤石大輔 : 19:11 | コメント (4)

2009年11月26日

樹木図鑑完成

角間の里山自然学校が2006年から,市民に向けた植物スケッチの講習会を主催していました.
里山を愛する市民の方々が参加して,金沢の里山で見られる植物100種をスケッチし,図鑑を作ろうという目的で始められましたが,この度ついにその図鑑が完成しました.

R0017616.jpg

金沢の里山樹木100種:市民による樹木図鑑
作図 植物スケッチクラブ
監修・解説 梅林 正芳
編集人   笠木 哲也

スケッチのご指導をされたのは,金沢大学の梅林正芳先生です.梅林先生のホームページには先生がかかれた植物画が多数展示してありますので,是非ごらんください.
ホームページにある通り,生物図を専門に描く画家がスタッフとしているのは,日本の国公私立の大学・研究所のなかで金沢大学のみです.優秀な植物画家がいて,市民の皆さんとともに金沢の里山植物図鑑を作り出版するという,金沢大学オリジナルの取り組みを是非評価していただければと思います.

今回の図鑑には私も参加し,1種類だけ書かせていただきました.その1種は,角間の里山に多く見られる「アベマキ」というドングリの木です.もっとたくさん書いてみたかったのですが,1種類書くだけでもものすごい労力がかかりました.

<<ご案内>>
市民による手作りの図鑑ですので,私を始めつたない絵もありますが,梅林先生による丁寧な解説がついて,なんと!お手ごろ価格な1000円!1000円税込みです.里山里海に若干在庫がございますので,ご興味を持たれた方は是非ご連絡ください.

投稿者 赤石大輔 : 17:21 | コメント (0)

2009年11月25日

いしかわ地域づくり表彰

11月22日

いしかわ地域づくり円陣2009が能登演劇堂で開催され,その中で石川地域づくり表彰式がありました.
実はこの度,NPO法人能登半島おらっちゃの里山里海が,石川地域作り優秀賞をいただきました.創立1年とちょっとの新しいNPO法人ですが,これまでの取り組みを評価していただき,ありがとうございます.

R0017596.jpg

以下,受賞者を紹介します.

<<大賞>>
NPO法人 歴町センター大聖寺【加賀市】

<<優秀賞>>
小木地区壮青年連合会【能登町】
小立野地区まちづくり協議会【金沢市】
特定非営利活動法人能登半島おらっちゃの里山里海【珠洲市】
<<奨励賞>>
クリーンビーチ内灘作戦【内灘町】
野々市じょんから節保存会【野々市町】
鳳至上町街づくり推進協議会【輪島市】
<<個人>>
数馬 嘉雄【能登町】

表彰の後,大賞,優秀賞の各団体の活動報告がありました.
暦町センター大聖寺は,以前から存じ上げていましたが,非常に活発な団体という印象で,城下町大聖寺を中心におもしろい活動をされています.
大聖寺川で流し舟の運行もされていて,そこへ行ってみたくなる,そんな気持ちにさせてくれます.素晴らしいNPO活動だと思いました.

優秀賞の小木地区壮青年連合会は祭りを中心に地域作りに励んでいる青年団活動です.今回の表彰を受けた中で最も若い人たちの団体.能登で若い人たちが中心となって活発な活動をされていることに感動しました.私たちの活動もぜひ青年団とともに若い世代を増やしていきたいと思いました.

小立野地区まちづくり協議会は,小立野界隈の活性化に取り組んでいます.
私が大学時代によく通ったなじみ深い地域ですが,金沢の中心でも少子高齢化野並が押し寄せ,地域の活気がなくなってきている現状を改めて知ることができました.

数馬さんはこれまで金沢大学里山マイスター養成プログラムでもご講演いただいたりと,お世話になっていますが,多くの方々と協力して,能登醸しの里構想,いしりの開発など,能登固有の食文化を世界に発信されています.

このように,非常に活発な取り組みをしている各団体と肩を並べて,表彰を受けられたことにとても喜びを感じています.今後もさらに活動を広げていきたいと思います.

R0017591-3.jpg

表彰前に演劇堂となりの「なかじま亭」で中島町の特産品を使った中島菜のプリンをいただきました.
抹茶プリンのような,ちょっと苦味のあるでも,とっても甘いおいしいプリンに感激しました.
コーヒーもおいしかったな.また行きたいです.

投稿者 赤石大輔 : 17:49 | コメント (0)

2009年11月19日

奥能登の未来へつなぐ自然環境フォーラム

11月14日(土)
珠洲市飯田町の商工会議所会館で珠洲市環境フォーラムが行われました。

フォーラムではテレビ・ラジオで著名な月尾嘉男先生によるご講演と,珠洲で活躍する若手による,環境をキーワードとした「これからの珠洲について」の討論が行われました.私もその中に参加させていただき,現在の金沢大学の里山プロジェクトや,NPOと連携したこれからの能登の里山再生に向けた取り組みを紹介させていただきました.

インターンの四方さんにレポートしていただきます.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会場内は思っていたよりもたくさんの方でいっぱいになり、役員の方が慌てて椅子を出しているほどでした。珠洲市の方の環境に対する関心が高いことにとても驚いたと同時に素晴らしいことだと思いました。
フォーラムは泉谷市長の開会のあいさつから始まり、第1部では、東大名誉教授であり日本海塾塾長である月尾嘉男氏の基調講演が行なわれました。その講演では、“地域を発展させる環境問題への挑戦”というタイトルで、人類の人口爆発・動植物の激減・地球上の水の減少・異常気象などの話題から「人類は生きるために自然を踏み台にしている」という現状を示し、その中で地域は何を行うべきか、ということを説いた講演でした。多様という概念を大切にし、自然再生や地産地消、認証制度や自然共生・共栄関係などの事例を挙げ「マイナスの価値をプラスの価値として活かす」ということが重要だということを話していただきました。冗談も交えたお話で途中に笑い声を上げながら、会場の皆さんは熱心に聞いておられました。中にはメモ書きを一生懸命にしながら講演を聞いている方の姿も見え、ここでも環境に対する関心の高さを感じました。

図2.jpg

第2部では、“「自然と共生するまち珠洲」を目指して”というテーマでパネルディスカッションが行われました。コーディネーターは金沢大学の宇野先生、パネリストは泉谷珠洲市長、金沢大学の中村教授、ただ一人女性で、珠洲市内で"古民家レストラン"を営んでいる坂本さん、珠洲市内で炭焼き業を行っている大野さん、そして里山里海自然学校の赤石さんでした。先程講演を行った月尾氏もパネリストとして参加しました。それぞれの立場から、現在環境に対してどのような活動を行っているのか、今後どのような活動を行うのかなど、様々な立場からの貴重なお話が聞くことができ、とても面白かったです。

図3.jpg

第3部では、質疑応答が行われ2名からの質問がありました。中でも印象的だったのは、「これから自然についての教育を子ども達にやっていかなくてはいけない」ということでした。今まで、子ども達が大人の希望であるということをあまり実感できずにいた私としては、このお話で子ども達は大人達の希望・期待であることを実感することができました。
このフォーラムで共有した内容を、今後他の市民の方々に広まっていけばいいなと感じました。

投稿者 赤石大輔 : 13:05 | コメント (2)

2009年11月12日

中学校の文化祭にて

11月8日

三崎中学校の文化祭「海鳴祭」に参加してきました.

時々,小学校や中学校におじゃまする事がありますが,教室や廊下に貼られている生徒達の絵とか作文とか標語とかを見るのがとても好きです.すごく絵の上手い子とかがいて驚かされます.

R0017521.jpg

さて,この日は午後から,各学年が総合学習で学んだことを演じる劇がありました.3年生は自然学校で体験した里山についてがテーマでした.3年生の劇が始まると,はじめに舞台に数本の木が並べられました.背景には,雑木林の風景,その地面にはキノコが生えています.劇のはじめに,生徒が登場し,劇の解説をしてくれました.
「自然学校の赤石さんと,三崎中の3年生が小泊の自然学校で里山の体験を云々」,どうやら今年の里山実習を舞台で再現するようです.

舞台袖から生徒達が登場,一人は作業着を着ています.どうやら彼が「赤石さん」らしいです.なんだか恥ずかしくなってきました.その,「赤石さん」が里山について解説をします.生徒共に保全活動をしたり,キノコを探したり,炭を作ったり,今年実習でやったことを舞台で復習してくれました.

R0017519.jpg

また,劇の途中で,スライドを使って里山についての説明をしてくれました.珠洲の里山が荒れていること,里山が荒れるとキノコも少なくなるということ.松枯れの原因についてなど,実習で勉強したことを,わかりやすく解説してくれました.

とても面白く,里山のことをわかりやすく伝えている良い劇だと思いました.まだ里山を体験していない1,2年生にも伝わったのではないでしょうか.自然学校で以前から取り組んできた地域の子ども達への環境教育ですが,今年は年間通して数回実施できたこと,またこのように振りかえりを,生徒が率先して行ったことは初めてです.劇からは,生徒達に里山の概念が根付いている事を実感できました.本当に嬉しかったです.

これから高校生になる彼らと,また一緒に珠洲の里山で活動をしたいです.

投稿者 赤石大輔 : 14:16 | コメント (0)

2009年11月07日

クヌギの植林

11月7日

DSC_0022.jpg

今日のへんざいもんは松茸ご飯でした!おっきなマツタケ,いやーすごいですね!
コミュニティレストランといえど,松茸ご飯が700円で振る舞われるところは全国にそうは無いと思います.地域の方のご厚意で,差し入れしていただきました.里山の恵みと地域の優しさに感謝です.

さて,今日の活動は,珠洲の山で植林活動を行いました.珠洲で炭焼きをされている大野製炭が,以前からお茶炭用の炭を作るというチャレンジをされており,荒廃した里山にクヌギを植林しています.能登の里山里海保全活動を実施しているNPO法人能登半島おらっちゃの里山里海では,「里山の再生に繋がる重要な生業」ということで,植林事業のサポートをすることを決めました.

DSC_0094.jpg

そしてこの度,東京のNPO法人グリーンウェーブが,NPOおらっちゃの植林事業を支援してくださることが決まり,本日7日に,3年間の活動費100万円の寄付と連携協定の調印式が行われました.多くの方のご尽力によってこのような連携がもてたことを本当にありがたく思っています.

植林作業には32名の方が参加されました.地元珠洲の方を始め,金沢からも多数駆けつけてくださいました.今回植林した山は非常に痩せていて,固い地面でした.そのためクワで40cmほど穴を掘る作業をしたのですが,一本植林するだけでひーひーいってしまいます.20-30代の私と同じ世代の参加者が多かったのですが,50-60代の方々の方が手際よく,しかも丁寧に作業をされていました.経験のない私たちは,若いだけで役立たずでほんとに恥ずかしい限りです.これからも年長者の方々からいろいろと教えていただきたいです.

R0017508.jpg

2時間ほどの作業で,150本ほどのクヌギが植えられました.この後来年の夏には何度か草刈りをして,肥料をあげて,3年目で一度根本から伐採して萌芽を増やし,さらに6,7年成長を待ってようやく炭を焼くための木材をとることが出来るそうです.10年という長い時間と手間をかけてようやく完成するクヌギ林です.とても気の長い作業ですが.珠洲の里山を守る大切な仕事といえます.
作業後に,6年目を迎えたクヌギ林を見せてもらいました.夕日に黄色くなったクヌギの葉が照らされてとても美しかったです.
3m近く育った立派なクヌギの下を歩いていると,キツネタケがたくさん出ていました.遷移初期の若い森林に生えるキノコで,クヌギと共生をしている菌根菌(きんこんきん)です.さらに生長したクヌギ林にはどんなきのこが顔を出すでしょうか.これから長期モニタリングをしていきたいと考えています.

DSC_0082.jpg

能登の里山を守る昔ながらの仕事,その仕事を応援するNPOという新しい仕事.
面白い活動が能登の里山で展開されています.

投稿者 赤石大輔 : 18:50 | コメント (0)

2009年11月06日

清里田んぼ国際環境教育会議

10月31日ー11月1日

R0017442.jpg

山梨県の清里で田んぼ国際環境教育会議に出席してきました.
車だと金沢から5時間くらい,能登からと7時間くらいですかねー,遠いですね.山梨の紅葉が美しい高原を久しぶりに見ることが出来ました.私は群馬出身なので,このような風景をとても懐かしく感じました.

R0017477.jpg

清里には,戦後に宣教師のポール・ラッシュさんらが始めた酪農を中心とした農業経営がされています.以前から環境教育に取り組まれており,現在は環境教育のメッカとして毎年様々な会議やイベントが行われています.
田んぼの環境教育も始まっていて,そこでとれたお米を使ったお酒,「ポール・ラッ酒」なんていうのも作られていました.美味しかったです.

R0017439.jpg


今回は,田んぼの環境教育というテーマで,日本全国そしてアジア各国から様々な取り組みが紹介されていました.
アジアの発展途上国では,農業の近代化に伴う急速な水田生物多様性の劣化について紹介がありました.最重要項目は,農家への指導,農家の意識向上であるということです.
一方日本では,失われつつある田んぼ,そこにある生物多様性をいかに守っていくか.子ども達への教育が主なテーマでした.

私は金沢大学と地域による能登地域での2006年から2009年にわたる活動の紹介をさせていただきました.振り返ってみると,子ども達への環境教育から,若い農林漁業の担い手育成と,規模もテーマも大きくなっていることを改めて実感しました.

091031_2.jpg

懇親会では,美味しい料理がたくさん並んでいました.宿泊した清里の「清泉寮」は料理がとても美味しいです!会場では,地元のお神楽が披露されました.インドネシアからのゲストと並んで記念撮影を横から激写.

R0017465.jpg

文系理系,行政,企業,NPO,教育者から研究者など様々な参加者による田んぼの環境教育の議論はとても刺激があり勉強になりました.

投稿者 赤石大輔 : 19:47 | コメント (0)