金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2009年10月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2009年10月28日

上戸小学校の里山体験

10月27日

上戸小学校の,4,5年生24名が自然学校で生き物観察会をしました.
珠洲市の環境学習支援事業の一環で,2校の小学校が自然学校で,里山体験をすることになりました.今回は,上戸小学校の4,5年生です.

DSC_0016.jpg

今回は,マクロレンズのみで撮影してみました.子供達を撮るには,画角が狭くてなかなか難しかったですが,面白かったです.(Nikon D5000+AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED)
秋も大分深まってきて,虫たちも少なくなってきましたが,セイタカアワダチソウには,ナナホシテントウがアブラムシを食べに集まっていました.

DSC_0010.jpg

天気も良かったので自然学校から保全林へは,列になって歩いていきました.先頭の二人は,上戸双葉クラブのバッテリーだそうです.帽子がかっこいいですね!

道々,イチジクをおじさんからいただいたり,スギ,ヒノキ,アテ,マツの違いを紹介したりと,道草を食いながら,保全林に到着.
今,ちょうど保全林でキノコの発生がピークを迎えています.先週はあんまり無かったのに,1週間でずいぶん違うものです.

生き物観察,とはいったものの,キノコ博士が案内をするとどうしてもキノコばかりに目がいってしまいますね.まあ,これはこれでいいかなと.なぜなら,里山学習の専門家をどんどん養成していけば昆虫,植物,きのこ,鳥など,同じ場所で同じ季節に様々なバリエーションで,観察会を企画できるということになると思います.

DSC_0024.jpg

一時間程度の活動で,道草も多かったために,保全活動は出来ませんでしたが,楽しんでもらえたようです.今回は1回限りですが,あと1,2回シリーズで里山の勉強ができれば,彼らの中で「里山とは?」が根付くかと思います.こちらも体制を整えたいと思います.

DSC_0034.jpg

投稿者 赤石大輔 : 21:59 | コメント (0)

2009年10月24日

ザリガニ駆除作業

10月17日

 珠洲市野々江町でザリガニ駆除作業を行いました.地域の方が多数参加してくださり,また金沢からも応援があって70名ほどで,ザリガニ採りをしました.
珠洲にはゲンゴロウ類を始め,希少な水生生物が生息していますが,アメリカザリガニが侵入すると,ゲンゴロウたちの生活場所を破壊してしまうおそれがあります.そのため,ザリガニが珠洲でこれ以上広がらないために,出来る限り駆除する必要があります.駆除の方法も,どの程度の頻度で行えばいいのか?ということを考えながら,例えばザリガニの移動範囲を調べるために,背中にマーカーで目印をして,追跡を行うなど,調査も平行して進めています.

17日の様子を,インターンの四方さんに伝えてもらいます.


091017-2.jpg

------------------
こんにちは、インターン生の四方です。
 この日は、珠洲市内のザリガニの駆除作業を行いました。参加者は、里山メイトや地元珠洲や能登からの参加者だけでなく、高校生や金沢からの参加者も含め、大勢の参加がありました。
 まず始めに、諸先生方の挨拶や調査の方法などを聞いた後、班割りを行いました。金沢からの参加者が主体となった1班、高校生主体の2班、そして地元の方々が主体の3・4班の4グループに分かれました。
1班は金沢大学4年生の山口さん、2班はNPO法人おらっちゃの里山里海の代表である北風八紘さん、3班は金沢大学の野村さん、4班は里山里海自然学校の赤石さんが、それぞれ引率しました。1班は若山町出田地区で駆除作業を行い、2班は野々江地区の高校前から中学校前、3班は野々江地区の道路沿いの水路、4班は野々江地区の中学校そばの用水路・ビオトープで駆除作業を行いました。
 私は4班の活動に参加させていただき、主に写真撮影などのお手伝いを行いました。活動を始めて少しすると雨が降ってきましたが、途中で止み、その後は天気も回復しました。

091017-3.jpg

 始めはビオトープでザリガニを捕獲しました。しかし、ビオトープにはザリガニは少なく、他の小さな生物がたくさん捕獲できました。主に、ゲンゴロウの仲間やオタマジャクシ、カエルやカニなどが捕獲できました。
 ザリガニはビオトープではなく、奥の小さな水路から多く捕まえることができました。水路は細くて小さく、植物に覆われて鬱蒼としていました。しかし、大きなザリガニをたくさん捕まえることができ、私にはとても意外に感じました。参加者の皆さんが楽しそうに作業をしているのを見て、楽しそうだなーと思っていると、私も網を借りてザリガニを捕獲するチャンスがありました、がしかし、とうとう終了まで1匹も捕まえることが出来ませんでした。少し残念でした。参加者の中には親子での参加もあり、子ども達が袖を汚しながら楽しそうに活動しているのを見ると、とてもうれしくなりました。ぜひ、他の子ども達にも参加していただきたいと感じました。
 各班が続々と集合場所に帰ってくるころ、最後に集まった参加者で中学校そばにある調整池でザリガニを探しました。午前中に仕掛けておいた罠から、大きなザリガニを捕まえることができました。さすが罠というものはとても有効なのだなと感じました。

091017-1.jpg

 各班が集合場所に戻り、それぞれの地区から捕獲できた生物を見ると、魚類が多く捕まえることができた地区や貝類や魚類、様々な生物が捕獲できた地区など、地区によって特長が見えました。集計作業と平行して、様々な分野の先生方から、捕獲できた生物の説明をして頂きました。参加者の皆さんも自分が捕まえた生物がどんな生物なのか、とても関心があるようで、熱心に聞いていました。(写真9)
様々な生物がいるということを頭ではわかっていたつもりでしたが、今回の活動で実際に見てみて、本当にたくさん生物がいるということを実感できました。

投稿者 赤石大輔 : 11:00 | コメント (3)

2009年10月20日

キノコ狩り体験実施

10月20日

能登人のキノコ狩りツアーを実施いたしました.

8日の予定が,台風で延期となり,2週間遅れとなりましたが,台風以降,雨も欠航降ってくれて,かえってキノコがたくさん採れました.キノコが全く採れないと,キノコ狩りと銘打ったイベントの意味がありませんので,結果オーライといったところでしょうか.

20091020P-04.JPG

今回のイベントでは,4名の方が参加してくださいました.
10時に集合して,はじめにキノコについての講義を行いました.キノコとはどんな生き物なのか,里山のキノコについて,能登の里山の保全に向けた取り組みなど,ちょっと堅苦しい話もありましたが,紹介させていただきました.なにしろ,「キノコ博士とキノコ狩り」ですから,ちょっとでもアカデミックな味付けの方がいいかなと.

20091020P-01.JPG

さて,長い話も終えて,いざキノコ狩りスタートです.昨年も多数のアミタケがとれましたが,今年もアミタケをたくさん取ることが出来ました.
山菜採りがお好きというお客さんがいらして,流石にキノコも探すのがお上手でした.能登の生まれで,子供の頃からキノコに親しんできたということです.

アミタケ(しばたけ)以外のキノコでは,ヌメリイグチ(いぐちかっぱ),ヌメリササタケ(ずべりたけ),ホウキタケ(ねずみのて)が見られました.括弧内は能登の方言です.キノコに地域固有の名前が付いているということは,古くからキノコに親しんできた,伝統のある地域といえます.今回のキノコ狩りでも,能登の里山で見られるキノコをたくさん見ることができ,能登の里山がいまも生き続けていることを実感してもらえたことと思います.

1時間ほどのキノコ狩りの後で,農家民宿「しいたけ小屋ひろ吉」さんで,キノコづくしの美味しいお食事をいただきました.先ほど取ったキノコも簡単に調理してその場でいただきました.とても美味しかったです.

P-06.JPG

今回も,参加者の皆さんからご好評いただきました.
このイベントは,株式会社グルーヴィさんの,能登人と過ごす時間の一環で,参加費を取って実施しています.5000円という設定が,果たして高いか安いか.マツタケが採れる事はたぶんありませんが,イベントのコンセプトをご理解いただき,美味しい料理と,さらに多少でもきのこが採れれば,決して高い設定とはいえないと思いますが,いかがでしょうか.

20091020P-07.JPG

もっと多くの方に紹介していきたいと思いますが,天候によりキノコの発生が左右されるため,お金を取っておこなうイベントはそういつでも出来るわけではありません.しかし,キノコ狩りが出来る山がいくつもあれば,また案内人がもっと育つことで,このようなイベントをたくさん出来るのではと考えています.

キノコ博士といくキノコ狩り,今後も続けていきたいと思います.

投稿者 赤石大輔 : 17:07 | コメント (3)

2009年10月17日

第85回~91回へんざいもん

第85回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年9月18日 本日利用人数:22人
090918へんざいもん.jpg<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・味噌汁(カワハギと豆腐とネギ)
・コゾクラの煮付、インゲン
・アカズキの酢の物
・小松菜、人参のゴマ和え
・ナスの田楽、ゴーヤの佃煮
・オカラ(人参、ゴボウ、うす揚げ)
・煮豆(ササギ)

第86回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年9月19日 本日利用人数:18人
090919へんざいもん.jpg<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・味噌汁(ジャガイモすりおろし)
・大根の酢の物
・ナスの煮物
・若鳥の竜田揚げ
・煮物
・アジの南蛮漬け
・ゴーヤの佃煮
・ワラビの煮物
・キュウリの漬物


第87回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年9月25日 本日利用人数:29人
090925老人会.jpg<<本日のメニュー>>
品  名
・五目ご飯
・味噌汁(豆腐、ミョウガ)
・大根の酢の物
・天ぷら(サツマイモ、エビ、ナス、アケビの皮)
・煮物(人参、椎茸、里イモ、十六ササギ、うす揚げ)
・ゴーヤの佃煮
・竹の子の煮物


第88回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年9月26日 本日利用人数:24人
090926.jpg<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・メギスのつみれ汁
・煮物
・芋の茎の酢の物
・おからハンバーグとニシンのかやき
・ゴマ和え(十六ササギ)
・ナスの煮物(ナス、さつま揚げ)
・コンブと大豆の煮豆


第89回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年10月10日 本日利用人数:32人
89.JPG<<本日のメニュー>>
品  名
・栗ご飯
・味噌汁
・サンマの甘辛揚げ
・田楽
・ナスのゴマ和え
・酢の物
・煮豆
・大豆の五目煮


今日の感想
本日は栗ご飯でした。秋ですね。ただご飯に栗が入っただけで、こんなにおいしく頂けるなんて感激です。サンマは、家では塩焼きにしかしないので、この甘辛揚げはとても新鮮でした。わりと甘く仕上げてあったので、子供も喜ぶ味だなと思いました。煮豆は黒いササギだそうでスタッフの方が作ったササギでした。今回も旬のものを頂きました。ごちそうさまでした。


第90回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年10月13日 本日利用人数:33人
90.JPG

<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・味噌汁
・けんちん
・豆アジの南蛮漬け
・小松菜のゴマ和え
・鶏肉の竜田揚げ
・イモダコ
・きゃらぶき

                                                             


今日の感想
本日はキノコ調査という事で、沢山の親子連れの方々がへんざいもんを利用されました。皆さん楽しんで食べておられました。


第91回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年10月17日 本日利用人数:34人
91.JPG


<<本日のメニュー>>

品  名
・ご飯
・すりわり汁(大浜大豆)
・フクラギのムニエル
・のっぺい
・小松菜の白和え
・ワラビの煮物
・酢の物

                                                             

今日の感想
先日「へんざいもん」がテレビで紹介されました。そこで、嬉しい事にそのテレビをご覧になった方々から早速予約のお電話を頂き、本日11名の一般の方々が「へんざいもん」をご利用になりました。有り難い事ですね。これからも「へんざいもん」をもっと多くの方に知っていただけたらなあと思います。

投稿者 赤石大輔 : 14:46 | コメント (0)

2009年10月14日

小学生の自然観察会

10月14日

みさき小学校3,4年生が自然学校の保全林で,生き物観察会を実施しました.先生に協力していただき,7月の調査に引き続き,秋の観察会を開いていただきました.

20091014P-02.JPG

秋の山は静かで蚊も少なく,楽しく観察会が出来ます.
私から,「虫の声が何種類聞こえるかな?」「植物の葉っぱの色や形を比べてみてね」「木の実の色や形,出来たら味も比べてみよう!」という指示を出して,生徒さんもみんな一生懸命いろいろな生き物を探してくれました.
やはりみんなキノコに興味があるらしく,いろいろなキノコを採っては私に持ってきてくれます.
20名が一斉に質問してくれるので,聖徳太子のような気分になりました.みんな一生懸命メモを取ってくれました.

20091014P-01.JPG

3年生の女の子達が,雑草やらキノコやらをとって私にくれました.「赤石さんこれ食べて!ヘルシーやよ.」どうも私の体調(おもにメタボ)を気にしてくれているようです.ありがとう!でもこれ毒きのこだね!

・・・・・・・・・そんなに太ったかな(涙).

バスが1台なので,3年生は早めに解散.残った4年生は,観察の後に保全作業をしてもらいました.協力して倒木などを運んだりと,作業も楽しんでくれたようで,短時間でしたがずいぶん片付きました.

20091014P-03.JPG

体験の中で,彼らに里山と人のつきあい方を学んでもらえればと思います.

投稿者 赤石大輔 : 12:46 | コメント (0)

2009年10月13日

第2回きのこ会議

10月13日

珠洲のパン屋さん「シャンボール」さんと協働で4月に開催した「きのこ会議」.その第2回は,自然学校の保全林できのこ狩りをしました.小学生親子28名が参加してくれました.

朝から雨模様で,困ったなあと思っていたのですが,外に出るときになって何とか晴れてくれました.

最近,雨がよく降っていますがキノコの発生はいまいちです.マツタケも出はじめは良かったのですが,全国的に早じまいしている様子.
参考 → マツタケ十字軍「今年のマツタケは異常である!」

いつもいつも予測が外れて,言い訳ばっかりで役に立たないキノコ博士!と怒られそうですが,私たち研究者もウソをついているわけではないんです.本当にキノコの発生予測は難しいのです.

DSCN6847.JPG

自然学校の保全林でも,昨年の今頃はたくさんシバタケが採れたのですが,今回の調査でもほとんど見つかりませんでした.しかし,子供達の好奇心旺盛な目が,いろいろなキノコを見つけてくれ,結果的にはかなりの数が集まりました.

DSC_0002.JPG

写真は白くて美しいスギヒラタケ,しかし現在は毒きのことして知られるようになり,珠洲でも取る人はいません.アブラシメジやヌメリササタケなど,食べられるきのこも多少ありました.
「子供達に珠洲の里山を体験させてあげたい」といってくれたお母さん方も,一緒になってキノコ狩りを楽しんでいただけたようです.

DSCN6881.JPG

お昼はへんざいもんで食べていただきました.親子できのこ狩り&郷土料理体験という形で実施でき,参加者には満足していただけたようです.春には山菜採り,夏には昆虫採集,里山を使った環境教育のモデルとしてかなり有効なのではと思っています

DSC_0012.JPG

投稿者 赤石大輔 : 14:27 | コメント (0)

2009年10月10日

稲刈り

10月10日 ビオトープ水田で稲刈りをしました.今年は5筆に増えた田んぼで,稲の量も倍ほどになりました.昨年作った田んぼの稲は,肥料が少なかったためか丈が短く,分げつ数も少なかったのですが,先日の台風にも倒れることなく,立派に育ちました.

稲刈りの様子は,インターンの四方さんに報告してもらいます.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インターン生の四方です。今回も報告させていただきます。

今日の保全活動は、ビオトープに田植えした餅米の稲刈りを行いました。参加者は14人でした。今日は活動中ににわか雨が降りましたが、すぐに止み、作業には少し雨宿りした程度の影響にしかならなかったので良かったと思います。

 実は私、能登で育ちましたが田んぼに入ること自体が初めての体験で、稲刈りも初体験でした。ということで、今回の報告は私の初体験という感想が多いですが、どうかご容赦ください。
作業を始める前にまずは、田んぼの入り方から教えて頂きました。普通に入ると、泥に足をとられてしまうため、刈った稲の上に足を置いて入るということを教えてもらいました。思っていたよりも泥に足をとられてしまい、恥ずかしながら田んぼの中で歩くことがとても大変だということを初めて知りました。次は稲の刈り方を教えて頂きました。鎌を地面と水平にして、横に引いて刈ることが大切だということでした。鎌が上を向くと、刈った時に自分の方に来て危ないとも教えて頂きました。他に習ったことは、刈った稲を藁で結ぶ、その結び方を教えて頂きました。しかし、この作業が一番難しく、結び方を教えていただくのですが、頭でわかったつもりでもやりはじめると全く違う結び方をしていたり、結んでも稲がすぐ抜けてしまうほど緩くなっていたり、何回も教えていただきましたが、結び方を習得することは出来ませんでした。他の参加者の方でも、始めは苦戦していましたが途中からはスムーズに作業をこなしていました。

20091010P-03.JPG

そんな私があたふたと作業をしている隣で、他の参加者の皆さんはすごい勢いで次々と稲を刈っていき、1時間もしない間に半分以上の稲を刈り獲りました。
もう作業も終盤にさしかかった頃に、急に雨が降ってきました。一時作業を中断して、納屋にて雨宿りです。皆さんで、雑談しながら雨が上がるのを待ちました。この際、農家の実状、稲を育てて刈り取るまでの大変さ、そのような話を聞いて、農家の人たちの大変さが少し分かった気がしました。とても手間隙をかけてお米を育てますが、金額が目に見えるようなものではないということで、農家の方々はすごいと感じました。

20091010P-05.JPG

自然学校に戻り、稲を干していきました。人数がいたため、思っていたよりも速く作業は終わりました。作業が終わった後、稲の前で集合写真を撮りました。今日の終盤はすっきりしない天気で、カエルも途中の雨の気配を感じて出てきていました。

20091010P-02.JPG


次回は24日に脱穀の作業です。それまでに、しっかりと稲が天日干し出来ればいいと思います。

投稿者 赤石大輔 : 16:59 | コメント (0)

2009年10月08日

能登人ツアー延期のお知らせ

10月8日によていしていました,能登人のきのこ狩りツアーは,台風のため延期となりました.

10月20日火曜日に改めて実施いたします.

参加ご希望の方は,以下までご連絡ください.

<<キノコ狩りの詳細>>
日程/10月20日(火)
時間/10:00~13:30
参加費/5,000円(昼食代含む)
定員/8名
集合/能登半島里山里海自然学校[珠洲市三崎町小泊33-7]
食事/農家民宿「しいたけ小屋ひろ吉」で田舎料理

興味を持たれた方は自然学校か,以下までご連絡ください.

(株)グルーヴィ 能登事務所/鳳珠郡能登町字当目60字41番地2 〒928-0334 TEL.0768-76-0600
http://www.groovy-net.co.jp

投稿者 赤石大輔 : 10:52 | コメント (0)

2009年10月06日

中学生と保全活動2

10月6日

三崎中学校の里山授業は3回目となり,生徒達とも多少はうち解けてきました.
今回は,保全林で枯れたアカマツの伐倒と計測を行いました.

0910061.jpg

はじめに,アカマツがなぜ枯れてしまったか.松枯れの原因について簡単に説明しました.松枯れは線虫(マツノザイセンチュウ)がマツの中で増殖し,導管をふさいでしまうためとされています.またそのセンチュウを運ぶのは枯れたマツを利用するカミキリムシ(マツノマダラカミキリ)で,両者(線虫とカミキリ)は移動手段と繁殖場所という共生関係にあるといわれています.

松枯れの詳細はこちら ー> マツ枯れの原因

珠洲でも以前たくさんマツが枯れてしまった時期があったそうです.近年は小康状態にあるといえますが,このようにまだ枯れたマツもよく見かけます.昨年度の生態学会では,「日本人に離別されたアカマツ林」というシンポジウムが開催され,私も発表させてもらいましたが,これからもアカマツを保全していきたいと考えるなら,松枯れや里山の管理放棄について真剣に取り組まなくてはいけないと思います.

0910063.jpg

さて今回は,生徒達には枯れたマツの調査をしてもらいました.調査項目は以下の通りです.

(1)樹高測定:目測でマツの高さを計測し当てる.
(2)直径測定:マツを両手でかかえてみてその直径を当てる.
(3)樹齢測定:伐倒したマツの年輪を数える.

まじめな調査というよりクイズといった感じですが,楽しく五感で体験する里山実習ですので,これでいいと思っています.ちなみに,直径測定はこんな感じで抱きついて当てます.

0910065.jpg

実際に測定してみると,この木の樹高は16m,直径42cm,樹齢は60齢ということでした.樹高などは小学生にやらせると「100m!,50m!」とものすごくずれた数値を上げてきますが,中学生になるとかなり近い数値を言い当てます.生徒達も結構楽しくやってくれたようです.今年は最後に彼らと里山についてのディスカッションをして終わろうと思っています.

この取り組みは,石川県の森林環境税によって作られる,森林環境基金のこども森の恵み推進事業によって支援されています.森林環境税って聞いたことあるけど,こんなところに使われていたのかと思っていただければと思います.

投稿者 赤石大輔 : 19:46 | コメント (0)