金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2009年08月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2009年08月26日

グリーンライフ体験支援


8月20日

NPO法人能登すずなり主催のイベント,グリーンライフ能登半島のワクワク 里山里海体験09で,里山体験をお手伝いしました.
参加してくれた子供は東京,千葉から2年生,5年生,6年生の3名.大人の方が多くなってしまったツアーでしたが,能登の里山を満喫してもらうツアーに協力できたことは嬉しく思っています.

IMGP1829.JPG

自然学校で提供したプログラムは,

1.ビオトープで生き物観察
2.里山で薪作り

の2つです.

ビオトープでは,ゲンゴロウやイモリ,ツチガエル,メダカなど,希少な里山の生き物に触れてもらいました.小泊の区長さんにもお手伝いしていただき,さらにスイカまでいただきました.暑い日差しの中で,1時間以上生き物を捕っていましたが,みんな夢中になって取っていました.

IMGP1840.JPG

お昼はへんざいもんで地産地消の料理.サザエご飯が振る舞われましたが,「めっちゃおいしー」っとみんな喜んで食べてくれました.

午後は採集した生き物たちをスケッチしてもらいました.実際に取る作業はとても楽しいのですが,その後にスケッチをするのは,真夏の暑さ対策として,お昼過ぎに1時間程度室内で静かに過ごすのがねらいですが,じっくり観察して生き物のディテールをよく覚えてもらいたいということもあります.

IMGP1852.JPG

幸い,イモリの赤ちゃんが何匹かとれたので,ウーパールーパーみたいだねといいながら,両生類の生態についても紹介しました.

午後は,保全林の散策と,アカマツを切り倒して薪作りをしましたが,蚊がとても多くて作業をしていられなかったので,木を自然学校まで運んで作業をしました.

あっという間に半日のプログラムが終了.子供達はとても楽しんでくれたようです.3人ととても少なかったため,彼らとゆっくり話をする時間がとれて私としてはとても楽しかったです.そのなかで感じたことは,彼らがとても賢く,知識も豊富でありながら,大人へ敬意を払って接している点です.彼らのご両親はとてもすばらしい方々なのだと想像します.

東京から能登へ,自然体験に参加させるために10万円ほどかかりますが,良い体験だったと思ってもらえたら嬉しいです.

投稿者 赤石大輔 : 16:25 | コメント (2)

2009年08月19日

写真展を見てきました

8月17日
お盆は実家に帰っていて,17日に金沢に戻り,足袋抜さんの写真展を見てきました.

金沢市民芸術村は,金沢駅から来るまで5分程度のところにあります.
煉瓦造り(風)の建物で,5つの工房が並んでいます.それぞれの工房に繋がる渡り廊下があり,その横には水が流れていて,なかなか趣のある施設になっています.
この日はとても暑かったので,子供達が流れで水浴びをしていました.お母さん方はそれを日陰で見守っています.

R0016719.jpg

足袋抜さんの写真展は,一番奥のアート工房を使って開かれていました.
白い床が階段状になっていて,一番上は2階のフロア程度まで高低差がついています.写真は部屋の高低差を利用して,下から舳倉島の海女さんなど海を中心とした写真,真ん中に里山の風景や静物の写真があり,最上段には白山の頂上の写真が展示されています.

どの写真も美しく,特に海の中の海女さんの写真は幻想的ですばらしかったです.
足袋抜さんは今回初めて,里山里海をテーマに写真展を開かれましたが,彼自身が初めて体験した里山里海に対する感動が良く伝わってきます.

「石川の里山里海は美しい」
「何とか守っていかなければならない」

R0016723.jpg

写真の横に彼自身の言葉で添えられています.
実際に山に登り,海に潜ってみれば,その美しさ,静物の豊かさに感動させられ,多くの人が同じ感想を述べると思います.

それでは,私たちは里山里海の再生に向けて,どのような活動が出来るのか.新しい里山里海とのつきあい方を見いだせるのか.クリアしなければならない問題はたくさんあります.足袋抜さんが今後どのように里山里海を撮られるのか,とても楽しみです.

投稿者 赤石大輔 : 10:46 | コメント (2)

2009年08月12日

第74回~78回へんざいもん

第74回 里山里海食堂 へんざいもん  平成21年7月4日 本日利用人数:20人
74.JPG
<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・味噌汁
・春巻きと天ぷら
・煮物
・ナスの生姜醤油がけ
・ところてん
・きんぴらごぼう
・たくわんのぜいたく煮



第75回 里山里海食堂 へんざいもん 平成21年7月11日 本日利用人数:14人
1772.JPG
<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・味噌汁
・ピーマンの肉詰め、ハムカツ、天ぷら
・ユウガオのあんかけ
・サツマイモのつるとさつまあげの煮物
・キュウリとイカの酢の物
・インゲンのゴマ和え
・赤タマネギのサラダ


第76回 里山里海食堂 へんざいもん 平成21年7月18日 本日利用人数:18人
1777.JPG
<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・味噌汁
・アジフライのあんかけ
・キュウリとイカの酢の物
・切り干し大根の煮物
・インゲンのゴマ和え
・大豆の煮物
・茶碗豆腐
・ナスの田楽


第77回 里山里海食堂 へんざいもん平成21年7月24日 本日利用人数:114人

1787.JPG

1781.JPG
<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・そうめん
・ポテトサラダ
・インゲンのゴマ和え
・玉子焼き
・春巻き
・イカのおから詰め
・酢の物
・煮しめ
・ワラビの煮物
・漬物
・煮豆

今日の感想
本日は「全国生活研究グループin石川フォーラム」ということで、全国からたくさんの方々がへんざいもんの料理を食べに来られました。本日はお弁当形式で提供されました。地産地消が感じられるメニューでした。ソウメンカボチャの漬物が珍しいと評判でした。


第78回  里山里海食堂 へんざいもん 平成21年7月25日 本日利用人数:22人
1804.JPG
<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・そうめん
・おからコロッケとシシトウの天ぷら
・塩サバの焼き物
・ポテトサラダ
・玉子焼き
・ナスの田楽
・ゴーヤのサラダ
・インゲンのピーナッツ和え
・赤ズイキの酢の物

今日の感想
本日はマイスターで採れたゴーヤがサラダに出ていました。ゴーヤはとても体に良い事は知っていましたが、いざ食べるとなるととても苦いのではないかと思って敬遠していました。ところが本日のゴーヤのサラダは、とても薄くスライスしてあって苦みがほとんど感じられずドレッシングだけでとてもおいしく頂けました。ぜひ家でもやってみたい一品でした。

投稿者 赤石大輔 : 13:13 | コメント (0)

2009年08月08日

キノコ調査3

8月8日.キノコ調査を実施しました.参加者は,12名でした.

8月に入っても相変わらず雨の多い天気です.
しかしそのおかげでたくさんのキノコが出ていました.

20090808P-04.jpg

夏のキノコは,イグチ,テングタケ,ベニタケの仲間が主で,比較的大型の,見応えのあるキノコが多いです.
蚊が多いのには参りましたが,たくさんのキノコを見ることが出来てとても楽しかったです.

20090808P-01.jpg

こちらはたくさん出ていた,フクロツルタケの幼菌.テングタケの仲間で,結構怖い毒があります.まあ食べる人はいないと思いますが,気を付けましょう.

20090808P-02.jpg

こちらは,ヒナアンズタケ.夏にアカマツ林でよく見かけます.このように列状,もしくはリング状になって多数発生します.アンズタケの語源は杏のにおいがすることからなのですが,このヒナアンズタケはにおいがしません.
これより大きいアンズタケも出ていました.それがこちらです.

20090808P-06.jpg


ヨーロッパでは,ジロールと呼ばれもっとも親しまれているキノコですが,日本ではあまり利用しません.今度たくさんとれたら料理してみたいと思います.

そして,今回一番の収穫は,ソライロタケです.

20090808P-03.jpg

ソライロタケはその名の通り,空色のキノコです.青いキノコは珍しく,さらに傷がつくと黄色く変色するという変わりもの.目にする機会も少ない,希少なキノコらしいです.私も初めて目にすることが出来ました.

とても珍しいキノコでも,ぽこっと顔を出すことがあり,それがまたキノコのおもしろさなのかもしれません.

ちなみに,今回は食べられるキノコはほとんどありませんでした.
次回,9月は美味しいきのこが採れることを期待しています.

投稿者 赤石大輔 : 17:31 | コメント (7)

2009年08月07日

映画「里山」

「生物多様性 群馬」で検索していたら,映画の情報が出てきました.
予告編を見たところ,大変美しい里山の映像が出ていたので,紹介します.

映画「里山」

以前放送された,NHKの番組を再編したとのこと.
私もテレビで見たことがあり,ハイビジョンで撮影された琵琶湖周辺の里山が大変美しく映し出されていたのを覚えています.

<里山HPのコメントより>
「NHKスペシャル」で放送され、1部2部3部とも大反響を呼んだ傑作ドキュメンタリー「里山」シリーズ。今回、新たなシーンを加え、劇場版として登場します。

ぜひ見たいところですが,残念ながら石川県では公開されないようです.
実家の群馬では9月から公開のようです.

そうだ,だれかえらいひと!能登で上映会しませんか!!

投稿者 赤石大輔 : 20:38 | コメント (0)

2009年08月05日

写真展のご案内

自然学校の活動写真を撮っていただいている,友人の足袋抜豪さんが,8月8日から金沢で写真展を開催されます.

足袋抜豪写真展「MOTHER NATURE」-里山里海-

期間:8月8日〜8月20日.
場所: 金沢市民芸術村

0908chirashiomote.jpg

足袋抜さんは元々ダイバーをされていて,水中写真をメインに撮られていましたが,この写真展ではチラシの通り「白山のてっぺんから,舳倉島の海の底まで」さまざまな表情を見せる石川の里山里海が見られると思います.
もしかすると自然学校近くの風景もあるかもしれません.

私もぜひ見に行きたいと思います.

投稿者 赤石大輔 : 16:36 | コメント (0)

2009年08月04日

エコ・スタジアム2009


8月1日から,自然学校は第2期を迎え新たなスタートを切ることとなりました.
よろしくお願いいたします.

さて,8月1日,2日は「能登エコ・スタジアム」という大きなイベントが開催されていました.主催は能登半島エコ・スタジアム推進協議会、石川県、金沢大学で,自然学校や里山マイスターも協力しています.

8月1-3日の間,飯田高校の生徒さんがインターン研修にこられていて,エコスタジアムのお手伝いをしてもらいました.自然学校は里山里海に関する新しい情報を発信することが大きな使命です.そこで,インターンとして,エコ・スタジアムの報告を書いてもらいましたので,ここに上げたいと思います.
H君,お疲れ様でした.

<<能登エコ・スタジアム2009に参加して>>

飯田高等学校2年H

 平成21年8月1日(土)にアジア太平洋環境開発フォーラム開催記念「環境国際シンポジウムin能登」が能登演劇堂(七尾市中島町)で13:00~17:00の間、開かれました。
 主催は 石川県、七尾市、(財)地球環境戦略研究機関、金沢大学、国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティングユニット。後援には環境省、外務省。連携協力は 生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会でした。 
 このシンポジウムは、”アジア太平洋地域における生物多様性といのち響く美しい自然「里山里海」”というテーマで開催されました。 
 アジア太平洋地域における生物多様性と里山里海について学び、国際的な環境問題に果たす里山里海の素晴らしさや大切さの再発見とともに、将来の里山里海のあり方について探るというような、いろいろな方の講演を聞きました。
 初めのオープニングでは輪島・和太鼓 虎之助さんたちが太鼓の演奏をしてくれました。さまざまな大きさの太鼓の演奏の音色が会場に響き渡って迫力がありました。
 次にイントロダクション映像「生物多様性と里山里海」が流れました。その次には挨拶があり、開会挨拶として、 石川県知事谷本正憲氏、七尾市長武本文平氏、金沢大学長 中村信一氏、来賓挨拶として環境省地球環境審議官竹本和彦氏がごあいさつくださいました。
 谷本知事は、『里山里海は、人と自然の共生による生物多様性の保全のための、世界に発信し得る貴重な財産であり、未来に継承していくことが、私たちの世代における責務であると考えています。里山里海の利用・保全には、県民・市民の皆さんが、その価値や大切さを認識していくことが欠かせない』と語ってくださいました。
 その後、橋本龍太郎APFED受賞与式がありました。
そして、シンポジウムの本格的な内容に入って行きました。インド・エネルギー資源研究所TERI所長、気候変動に関する政府間パネルIPCC議長特別講師ラジェンドラ・パチャウリ氏による「気候変動と生物多様性」では、残念ながら、本人は来日できませんでしたが、テープによるスピーチを聞きました。初めて英語で聞いたスピーチであったので、少し緊張してしまい、翻訳機を借りていたのにもかかわらず、あまり内容を理解することができませんでしたが、やはり世界の環境問題の深刻さが分かりました。
 その次には、スペシャル・トーク・セッション ~子どもたちに残していきたい自然環境について語ります~ があり、ゲストとして参議院議員、APFED議長川口順子氏、女優 若村麻由美氏、国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット所長 あん・まくどなるど氏 から自分の体験を基にして、お話をしていただき、自然環境について、それぞれ『自然にふれること』『子どもの時にどういう体験をするかということ そのために長いスタンスで見守るということ』『大人になっても子どもの心を失わないこと』が大切であると語ってくださいました。

20090804DSC_0051.JPG

 その次は、パネルディスカッション「地域コミュニティと生物多様性~日本の里山里海を例に」が始まり、コーディネーターには 東京農業大学教授進土五十八氏、パネリストにはインドネシア大統領特別公使エミル・サリム氏、環境省大臣官房審議官渡邉綱雄氏、 大野製炭工場代表大野長一朗氏、写真家中乃波木氏、ハチの干潟調査隊代表岡田和樹 氏、 金沢大学教授中村浩二氏、国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット所長 あん・まくどなるど氏 の皆さんが、国際的な視点からのスピーチや事例紹介を基にした議論を通じて、人の暮らしにおける生物多様性の大切さや里山里海の素晴らしさをメッセージとして発信するとともに、将来の里山里海のあり方や今後の取組の可能性を探る、というような討論をしてくださいました。
 この討論の中で1番印象的だった言葉は、エミル・サリム氏の『人間の頭脳は自然を守るためにある』という言葉でした。この言葉を聞いて、人間一人ひとりのすることが大切であると深く感じました。
 最後に閉会挨拶では財団法人地球環境戦略研究機関理事長浜中裕徳氏が挨拶をしてくださいました。
 シンポジウムが終わった後は17:10に「キャッスル真名井」、「のとふれあい文化センター」に行き、キャッスル真名井で夕食をとりました。
 20:00からは、2つのコースに分かれて、夜の能登を楽しみました。
 夕涼みAコースでは七尾・石崎奉燈祭をバス見学しました。
 夕涼みBコースではキャッスル真名井内の施設内で夏の星空観察会の代わりに郷土史家、穴水星の会の坂下たまき氏による天文学者パーシバル・ローエルと穴水の関係についてのお話を聞きました。
 有名な天文学者、米国人パーシバル・ローエルは1889年(明治22年)東京に滞在中、ふと思い立った能登旅行の折り返し地として穴水を訪れ、後に記した本「NOTO」で、和倉からの船上で見つけた「ボラ待ちやぐら」に驚き、「創世記に出てくるノアの洪水以前の掘っ立て小屋」と書き、穴水からの帰りに「ボラ待ちやぐら」に登り、「ここは、フランスの小説でも読んでおればいい場所」と書いたそうです。
 パーシバル・ローエルという天文学者の名前も、そのようなお話も始めて聞きましたが、そのパーシバル・ローエルさんのとったその当時の様子が写った写真などを見せていただいて、始めて見る昔の写真にその人に興味を持ちました。

20090804R0016454.JPG

 8月2日(日)には能登半島での、2つのコースに分かれての七尾湾の生業と生物多様性を学ぶ目的で8:00からエクスカーションがありました。
 1つは、船による七尾湾・能登島周遊コースで、その講師はのと海洋ふれあいセンターの 坂井 恵一さん、能登島ダイビングリゾートの鎌村実さんでした。
 もう一つは、バスによるツインブリッジから能登島周遊コースで、講師は石川県水産総合センター能登島事業所の永田房雄さんで、能登島とその周りの七尾湾について教えていただきました。
 能登島は、南にある「能登島大橋」と、西にある「中能登農道橋(ツインブリッジのと)」の2本の橋でつながっていて、富山湾に面する東方以外の三方の海は、それぞれ七尾北湾、七尾西湾、七尾南湾と呼ばれているそうです。また、北湾内に野生のイルカを見ることができました。いろいろな方向からの七尾湾を見て、能登の海の美しさを感じ、海をきれいに保ちたいと強く感じました。
 10:00には「七尾・能登食祭市場」で船とバスが合流し、そこで海の新鮮な食材をたくさん見て、能登にもこんなに自然の恵みがあるのだと感じました。

20090804R0016463.JPG

 11:30~12:50 は珠洲市飯田町地内で、各自自由に昼食をとりました。能登丼を予約して、食べに行く人がたくさんいて、能登の味を知ってもらって良かったと思いました。
 午後は奥能登の田んぼと生物多様性から学ぶという目的で13:00から珠洲市野々江町にある環境配慮の耕作田を最初に見学をしました。講師は 金沢大学の伊藤浩二さんでした。
 野々江地区内には農法の異なる田んぼ「移植栽培」と「直播栽培」、「特別栽培米」と「慣行栽培」があり、農家のかたがたがお米を作りやすくて、かつ生き物が暮らしやすい田んぼにするにはどのような工夫をすれば良いか調べているそうです。また、他にも能登の里山の希少な水生昆虫(大型ゲンゴロウ類)が農村環境とゲンゴロウの関係を明らかにするための生態解明や大型鳥類(サギ類)がどのような場所で生活しているのかを明らかにするための生息分布調査などをしているそうです。
 13:40には、金沢大学能登学舎でのレクチャーがあり、『里の生業と生物多様性』講師は 愛媛大学の日鷹一雅さんでした。
農学と生態学の総合的学問分野の立場から、在地の農生物多様性の再生や管理についてお話してくれました。生物{多様性}と里の{生業}がうまくいくためには、”技能・技術”が重要であるということが分かりました。

20090804R0016478.JPG

 この能登エコ・スタジアムに参加させていただいて、社会のことをいろいろと勉強することができ、能登の自然の素晴らしさを新ためて感じることができました。そして、多くの方々のお話を聞いて、里山里海の自然を守るためには、一人ひとりのこれからの心がけが重要だと分かりました。また、自分のできることをいっしょうけんめいすることが大切ということも分かりました。このような貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

投稿者 赤石大輔 : 10:34 | コメント (2)