金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2009年07月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2009年07月15日

生き物観察

7月15日

みさき小学校3,4年生の生き物観察会を実施しました.3年生25名,4年生17名の42名が体験しました.

9時30分に自然学校に集合でしたが,バスが2往復しないと全員集まれないので,先についた3年生は日陰で待機.

すると早速,さくらの木の下でダンゴムシ集めを始めました.

◎ 自主的に課題を探すことができる.

「生き物観察」については,上記項目満点で達成です.とても優秀な生徒達,すばらしい!!

DSCN6376.jpg

私も一緒になってダンゴムシを集めていると,一人の女の子がトコトコ近づいてきました.昨年も生き物調査に参加してくれた子で,挨拶に来てくれたようです.

◎ 自分からすすんで挨拶できる.

「赤石さん,顔,丸なったねー!」
・・・・えっ!!ちょっ!マジで!!ガーン.この1年でちょっと太ったようです.あー,ショック.

DSC_0011.jpg

さて,4年生も到着しましたので,気を取り直して出発です.はじめに自然学校の保全林で,里山の話をしました.里山を整備する意味,里山に住む生き物,里山の恵みであるキノコについてなど現場でお話ししました.

食用になるコシアブラの葉っぱをちぎってにおいをかがせてみると,「ウドみたい」という意見.

◎ これまでの経験と照らし合わせて思考できる.

お家で山菜を食べる機会がある子は,山菜特有のにおいがわかったようです.しかし「くさい」という意見が多数.子供達には山菜の香りはまだ早かったかな.

DSCN6387.jpg

次にビオトープで生き物観察を行いました.ビオトープにタモを入れて生き物を探す体験はとても楽しかったようです.5人グループに分かれてそれぞれ生き物を発表してもらいました.

ビオトープ造成3年目ですが,クロゲンゴロウの幼虫が多数見つかりました.
クロゲンゴロウは石川県のレッドデータブックに「準絶滅危惧種」として記載されている希少種です.能登の希少な生物に直に触れることが出来て,子供達にとっても重要な体験が出来たのではないでしょうか.

DSCN6406.jpg

その他,アマガエル,イモリ,オオコオイムシ,マツモムシ,ギンヤンマ,イトトンボの仲間など,多数の生物が30分ほどで観察できました.

DSC_0014.jpg

「楽しかった」「もっとやりたい」という声が多くて良かったです.

かなり暑くて子供達の体調が心配でしたが,みんな最後まで元気に活動してくれました.

彼らには,秋に保全林で保全活動に参加してもらう予定です.
3年目でようやく1年間を通した実習が出来るようになりました.
「能登の小学生は里山里海について深く理解している」
という良い前例になればと思っています.

投稿者 赤石大輔 : 16:37 | コメント (3)

2009年07月12日

キノコ調査2

7月11日

定期保全活動日,この日は保全林のキノコ調査第2回を開催しました.
参加者は13名でした.

20090712P-03.JPG

前回は,雨が少なくキノコも少なかったのですが,今回は調査の前にたっぷり雨が降り,夏のキノコがたくさん出ていました.

<<見られたキノコ>>
ドクベニタケ
テングタケ
ニガイグチモドキ
ヌメリササタケ(ズベタケ)など.

そして今回一番の収穫は,

アカヤマドリです.

20090712P-08.JPG

アカヤマドリは夏から秋に雑木林に発生する大型のイグチの仲間です.
傘は赤茶色でヒダの部分は鮮やかな黄色.傘の表面はシワが多く,大きくなるとヒビ割れるのが特徴です.実はとても美味しいきのこです.

20090712P-06.JPG

20090712P-05.JPG

発見したとき,その大きさに歓声が上がりました.これは食べられますと紹介すると,再び歓声が.みんなで写真撮影をしたあと,収穫しました.ずっしりと重く,採りがいのあるキノコです.
保全林にはアカヤマドリのシロがあるようで,この大きなキノコが10本ほど列になって出ていました.これから楽しみです.

夏のキノコとして楽しみにしているのは,欧米でポルチーニとよばれ珍重されているヤマドリタケモドキですが,今回はわずか1本だけしか見つからず,それも腐ってしまっていました.今月はこのイグチの仲間がたくさん見られると思います.

「食べられるならば食べてみたい!」
メイトの皆さんからそんな声が出ましたので,早速調理場でスライスして油で炒め,醤油をたらしてみました.

傘はふわふわ,柄はしゃきしゃきしていて,食感は◎!
濃い味があり,とても美味しかったです.
カレーにも合うそうで,いろいろと食べ方を工夫してみようと思います.

20090712P-09.JPG

夏にもたくさんのキノコが見られるということ,そして何より美味しいきのこが採れたということで,今回の調査は皆さんに満足していただけたようです.

来月は8月8日に調査を予定しています.

投稿者 赤石大輔 : 18:38 | コメント (2)

2009年07月09日

第69回~73回へんざいもん

第69回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年6月11日 本日利用人数:37人
69.JPG<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・アゴだしそうめん
・トリの唐揚げ梅干しあん
・ポテトサラダ
・煮物
・キャベツとニンジンのゴマ和え
・玉子焼き
・フキの煮物
・煮豆
・酢の物
・イカ飯
今日の感想
本日はとても暑く、冷たい「アゴだしそうめん」がとてもおいしかったです。「トリの唐揚げ」も梅干しのあんでからめてあったので、さっぱりしていました。暑い日には敬遠しがちな油ものですが、工夫しだいでこんなにおいしく頂けるんですね。ごちそうさまでした。


第70回  里山里海食堂へんざいもん 平成21年6月13日 本日利用人数:58人
70.JPG
<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・味噌汁
・塩サバ
・揚げ出し豆腐と肉団子のあんかけ
・コマツナとニンジンの白和え
・ワラビのとろろがけ
・モズクの酢の物


                                                             

第71回  里山里海食堂へんざいもん 平成21年6月14日 本日利用人数:58人
DSC_0052.jpg
<<本日のメニュー>>
品  名
・五目ご飯
・味噌汁
・スパゲティ
・肉団子の甘酢あん
・酢の物
・ハチクのゴマ和え
・ワラビのとろろがけ


                                                                                                                           第72回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年6月20日 本日利用人数:26人
72.JPG
<<本日のメニュー>>
品   名
・ご飯
・味噌汁
・玉子豆腐
・カレイの唐揚げ
・ナスの生姜醤油づけ
・コマツナのピーナッツ和え
・イモダコ
・ダイコンとニンジンの酢の物
・ワラビの煮物


今日の感想
本日はマイスターで採れたナスを使った料理が出ていました。採れたてのナスという事でじっくり味わって頂きました。カレイの唐揚げは、真ん中の太い骨以外はバリバリと食べる事ができて、今日はカルシウムがたっぷり取れました。

                                                              第73回 里山里海食堂へんざいもん 平成21年6月27日 本日利用人数:24人
 73.JPG<<本日のメニュー>>
品  名
・ご飯
・味噌汁
・アゴ(トビウオ)のフライとナスの天ぷら
・アゴ(トビウオ)の子の煮付け
・煮物
・コマツナとタケノコのゴマ和え
・煮豆
・キュウリとナガイモの酢の物
・カジメの煮物
・切り干し大根の煮付け

今日の感想
本日は旬のアゴ(トビウオ)がメインでした。フライは身が厚く、とてもやわらかくて2枚もあったのですが、あっという間に食べてしまいました。もう一つのアゴ料理「アゴの子の煮付け」は、見るのも食べるのも初めてで、見た目がちょっとこわ~い感じがしておそるおそる食べましたが、アゴの子が口の中でぷちぷちして、たらの子の煮付けに似ていておいしかったです。何匹分を食べたんだろうと少し考えてしまいました。海の恵み・命に感謝です。ごちそうさまでした。

投稿者 赤石大輔 : 13:57 | コメント (2)

2009年07月03日

生物多様性調査報告書完成

DSC_0041.jpg

2006年に,自然学校がスタートしてから奥能登各地で様々な生物の調査を行ってきました.この度,ようやく第一弾調査の報告書がまとまりましたので,ご報告いたします.

タイトル:能登半島里山里海の生物多様性調査2006-2008

<<目次>>

1. 能登半島の溜め池の水質多様性とその決定要因

2. 金蔵の維管束植物インベントリー調査~能登半島の植生景観の要素の一つとして~

3. 奥能登地方における両生類の種類相と分布調査

4. 奥能登地域の水生動物の多様性と生息環境について

5. 奥能登地域におけるゴミムシ類の多様性

6. 能登半島の鳥類相 (2007~2008)

7. 奥能登地域におけるキノコ類の多様性とマツタケ山の再生状況

の7つの報告書からなっています.
この報告書では,奥能登に生息する様々な生物の現状について記載されています.さらに,現状を維持,または改善するための方向性について,「保全への提言」という形で,研究者からのコメントが記載されています.
奥能登の生物多様性調査として,2000年代に行った調査の中では,多くの分類群を含んだ貴重な資料であると自負しております.

研究者以外にも,行政,企業,能登の自然に興味のある方など,多くの方々にお手にとっていただければと思います.
興味をお持ちの方は,自然学校事務局までお問い合わせください.

能登半島・里山里海自然学校事務局
電話・fax:0768−88−2528
メール:info@satoyama-satoumi.com

投稿者 赤石大輔 : 13:56 | コメント (0)