金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » キノコ調査

ソーシャルブックマークに登録:

2009年06月27日

キノコ調査

6月26日

今年度から,保全林にてキノコ調査を行うことになりました.
毎月1回里山メイトを中心としたメンバーで,保全林にはいってキノコ採集を行います.第一回目のこの日は6名で調査を行いました.

今回は,6月の調査を行いました.6月にもキノコはたくさん出ます.
私の調査から,石川県は6,7月と9,10月にキノコの発生ピークがあり,とくに里山林では6,7月にはテングタケ,ベニタケ,イグチなどのキノコが多数発生します.

今年は空梅雨で,お天気続きで巣がしやすいのですが,キノコにとっては余りよい条件ではありません.キノコを見ることが出来るか,当日まで心配していました.

調査地である保全林の地面も乾いています.みんなに集まってもらってキノコゼロだったら申し訳ないなーと思っていましたが,ありました!

20090627P-01.jpg
20090627P-05.jpg
20090627P-03.jpg
20090627P-02.jpg
20090627P-04.jpg

ヒトヨタケ,ベニヒガサ,チャハリタケ,クサウラベニタケ,そしてアミタケ!
シバタケとこちらで呼んでいる,アミタケが結構出ていました.梅雨の時期にアミタケが出ることは一部の方にしられていましたが,保全林でも見ることが出来ました.これは今年の秋は期待できそうです.

来月もキノコ調査を予定しています.
天気によりますが,条件が良ければ7月11日に行いたいと思います.調査者が多いほど,キノコもたくさん見つかります.7月には,ポルチーニの仲間「ヤマドリタケモドキ」を期待しています.
皆さんぜひ調査にご参加ください.

投稿者 赤石大輔 : 2009年06月27日 17:40

この記事へのコメント