金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2009年04月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2009年04月28日

サントリー世界愛鳥基金

4月16日

今年度から、里山里海自然学校は能登でサギ類の調査を行うことになりました。将来のトキコウノトリが舞う能登の里山を目指して、その基礎資料としてサギ類の生態を調べます。

09041605.jpg

私たちが行うサギ類の調査に、サントリー世界愛鳥基金から100万円の活動助成をいただくことになりました。サントリーさま、有難うございます。プレミアムモルツ大好きです。

R0015108.jpg

その、サントリー世界愛鳥基金の活動助成金贈呈式が東京・丸の内の銀行倶楽部にて行われました。丸の内といえば、自然学校の活動助成をしていただいている三井物産さまの本社があるところです。この日は、時間が無くてどうしても伺えませんでしたので、「いつもお世話になっております。」とビルに向かって御礼。また今度ご挨拶に伺いたいと思います。

R0015118.jpg

銀行倶楽部はとても格調ある古い建物でした。贈呈式では、山階鳥類研究所はじめ、全国の野鳥保護に尽力されている団体の皆様とご挨拶し、私たちの研究紹介もさせていただきました。

当日の様子はこちら →  サントリー記事

三井物産、そしてサントリーと企業の支援を受けて、大学が地域と共に里山里海の保全研究を行えるというのは、とてもありがたいことと感じています。世の中変わったねと。だからその分、研究者の社会における役割も変えていくことが必要だと考えています。これからも精進していきたいと思います。

R0015170.jpg

さて、東京から戻ってスーパーで食材を買ってレジに並んでいると、目に飛び込んできたのは、このポスター。
ほー、アサヒも、CSRでしぜんほごかー、えー里山里海ー、どこのだよ?
・・・石川の、あれこれ千枚田じゃね?やべ、全然知らなかったよ。どうしよ。

アサヒさま、うちの看板、「能登半島里山里海」です(バンバン)!近いうちにご挨拶に伺いたいと思います。スーパードライ大好きです。

アサヒビールの記事はこちら →  うまい!を明日へ!

投稿者 赤石大輔 : 19:26 | コメント (0)

2009年04月25日

へんざいもん第55回〜57回

第55回 里山里海食堂 へんざいもん 平成21年3月6日

<<本日のメニュー>>
品 名 材 料
ごはん:珠洲産米
ジャガイモとワカメのみそ汁:ジャガイモ,新ワカメ
ホッケの干物:ホッケ(自家製干物)
煮物:がんも,ダイコン,ニンジン,シイタケ,インゲン
ポテトサラダ:ジャガイモ,キュウリ,リンゴ,タマゴ
ホウレンソウの白和え:ホウレンソウ,ニンジン,豆腐
カブラの酢の物:カブ,ニンジン,コンブ
ギバサの酢味噌和え:ギバサ
フキノトウ味噌:フキノトウ,味噌
アオサの佃煮:アオサ
たくあん:たくあん
本日利用人数:11人

20090425P-02.JPG

第56回 里山里海食堂 へんざいもん 平成21年3月7日

<<本日のメニュー>>
品 名 材 料
古代米入りごはん:珠洲産米,マイスター古代米
ホッケのつみれ汁:ホッケ,アオサ
天ぷら:サツマイモ,カボチャ,フキノトウ,ちくわ
煮物:がんも,ニンジン,ダイコン,シイタケ,青菜
豆腐だんごの甘酢あんかけ:豆腐,ブタひき肉,ネギ,青菜
小イカとネギのぬた:小イカ,ネギ
ホウレンソウの白和:ホウレンソウ,ニンジン,豆腐
本日利用人数:28人

20090425P-03.JPG

<<今日の感想>>
今日の一番おいしかったのが豆腐だんごの甘酢あんかけ!豆腐だんごの食感がモチモチしててとても良く、甘酢あんの味もまろやかであんかけも全部たいらげました。へんざいもんスタッフ沢谷さんによると「小さい子供からお年寄りまで食べられる一品で、ちょっとオシャレにしたいならサラダ菜をひいて盛り付けすればいいよ」とのことでした。挽肉と豆腐と野菜をと片栗粉を混ぜて揚げるだけなので、ぜひ家でも作ってみたいと思います。
フキノトウももうそろそろ終わる季節になってしまいました。私が今年採ったのがちょうど1ヶ月前なので花が咲いてしまっているころですね。きっと今年のフキノトウは今日の天ぷらが最後かな?ヨモギもちらほら出てきているみたいなのでヨモギ採りにも行きたい。だんだんと春らしくなり、山菜採りシーズンに入ります。へんざいもんでも色んな山菜が手を変え品を変え出てくることでしょう・・・とっても楽しみにしています。今日も美味しかったです。ごちそうさまでした。

第57回 里山里海食堂 へんざいもん 平成21年3月14日

<<本日のメニュー>>
品 名 材 料
おにぎり、赤飯、いなりずし:珠洲産米,珠洲の塩,能登大納言あずき,いなりのかわ,紅ショウガ,焼きノリ
セリのピーナッツ和え:セリ,ピーナッツ
ポテトサラダ:ジャガイモ,キュウリ,リンゴ,ミカン
照り焼き:ブリ
トリのから揚げ:トリ
イカ飯:イカ,もち米
とうふ団子の甘酢:豆腐,ブタひき肉,ネギ,青菜
煮しめ:ダイコン,ニンジン,シイタケ,フキ
だし巻き卵:タマゴ
フキのカラシ和え:フキ,カラシ
ワラビの煮物:ワラビ,油揚げ
かぼちゃの煮物:かぼちゃ
フルーツ:オレンジ,バナナ
本日利用人数:47人

20090425P-01.jpg

20090425P-04.jpg

<<今日の感想>>
今日はマイスターの卒業式という事でメニューがとても多く驚きました。また、いつものような御膳ではなく大皿に盛られた料理がテーブルに並べられた立食パーティの雰囲気で頂きました。
今日の一番人気はトリのから揚げ……だったようで、私がテーブルについた頃にはもう無くなっていました。ポテトサラダはリンゴやミカンといったフルーツが入っていて、子供にもとても喜ばれそうな味付けでおいしかったです。いなりずしも中に紅ショウガが入っていてとてもあっさり頂けました。また利用者の方々からもイカ飯や珠洲の塩を使ったおにぎりがとてもおいしかったという声がありました。
家ではこれだけの品数をなかなか作ることはできないので、しっかりと味わってありがたく頂きました。ごちそうさまでした。

投稿者 赤石大輔 : 10:04 | コメント (0)

2009年04月12日

桜まつり

4月12日

Offspringのthe worst hungover everな朝を迎え、9時に自然学校に到着。
昨日のマイスター入講式後の打ち上げで痛飲しました。

It hurts so bad that I'm never gonna drink again
I'll probably never drink again
I may not ever drink again
At least not 'til next weekend
I'm never gonna drink again
(offspling: the worst hungover ever)

→ youtube (offspling: the worst hungover ever)

R0015097.jpg

さて、本日12日(日)は、旧小泊校下の桜まつりです。
小泊地域振興会という地域のボランティアによって主催される、手作りのこのお祭りは、今年で10回目を迎えました。自然学校が出来てから3回目になります。

第9回の様子(2008)

第8回の様子(2007)

今年もスタッフで桜餅を作りました。
昨年、一昨年と比較すると、保全活動やマイスターの入講式が同時にあって、とても手が足りなかったんですが、たまたま自然学校を見学にこられていたご婦人方に、急遽お手伝い(というよりご指導)をしていただきました。いやー、本当に助かりました。

R0015068.jpg

桜まつりは今年から、三崎地区全体でこのお祭りを楽しもうと言うことになり、名前も「みさき桜まつり」に変わりました。
残念なことに、自然学校の桜が天狗巣病のために花が少なくなってしまいましたが、それでも当日は精一杯咲いて、祭りに花を添えてくれました。

桜餅はおかげさまで1時間ほどで100パックを完売。
へんざいもんからはおはぎが出ていましたが、これも完売。

R0015063.jpg

二日酔いも大分良くなり、他のお店をのぞいてみると、定番の焼きそばや烏賊焼きなどの他に、水産加工会社から太ちくわ、農家レストランからおからのドーナツなど面白い品も出ていました。
また婦人会のバザーも開かれ、こちらもいろいろな品が出ていました。
私は昨年ヤンマーロゴ入りのマグカップと料理計りをゲットしましたが、今年は☆の形に目玉焼きが焼けるフライパンを買うかどうか迷い、結局やめました。

R0015069.jpg

今年も400人くらいの人手でしたでしょうか。よさこいソーラン、日舞、大食い大会、歌披露、そしてトリは白山太鼓で、賑やかな春の一日が過ぎました。

投稿者 赤石大輔 : 18:16 | コメント (4)

2009年04月04日

きのこ会議、閉幕

4月4日

珠洲のパン屋さんが主催した、第1回きのこ会議に参加しました。

このきのこ会議は、前回もお伝えしたとおり4日間のイベントで今日は最終日です。里山ときのこの話を聞きたいということで、お呼びいただきました。
会場には、きのこをモチーフとしたお菓子や珠洲焼き、そして手作りの人形などが並び、とても楽しいきのこの世界ができあがっていました。

R0015024.jpg

R0014994.jpg

R0015022.jpg

本日のきのこ会議の参加者は、たくさんの小学生と、そのお母さん達中心でした。
事務所は満員で、とても賑やかな雰囲気です。

まずは、絵本の読み聞かせのコーナー。
あめのひきのこは・・、そしてふようどのふよこちゃんという絵本でした。
きのこや里山に関連した絵本の読み聞かせを聞いてもらった後に、バトンタッチして私からきのこの生態について紹介しました。

R0015019.jpg

お客さんの層がつかめず専門用語の並んだスライドを用意してしまいました。
しかし、読み聞かせのおかげできのこへの興味が高まっていたようで、最後まで寝る子はおらず話を聞いてもらえました。
次回は、子供達向けのスライドも作ってみようかと思います。

参加者の、とくにお母さん方から質問が多く出ました。お母さん方も流石に珠洲の方だけあって、きのこについてのたくさんの知識をお持ちです。能登固有の文化の伝達があるなと、いつも感動します。これをさらに次世代の子供達とも共有できたらと、いつも思いっています。

和やかな雰囲気でお話を終えて、その後もお茶を飲みながらみんなでゆっくり雑談をしました。
ぜひ第2回きのこ会議も開催したいと盛り上がり、次回は自然学校の保全林できのこの観察会をやろうという話になりました。夏の美味しいきのこ、タマゴタケやヤマドリタケモドキをねらってみたいと思います。

このような形で地域の方が主催された企画に参加できたことを大変光栄に思っています。
Fさん有難うございました。

投稿者 赤石大輔 : 19:05 | コメント (4)

田舎で働き隊!終了


3月31日
NPOおらっちゃが進めてきました、農水省「田舎で働き隊!」事業がすべて終了し
ました。スタッフの方々にはものすごい頑張っていただきました。お疲れ様です。

まずは活動の全記録をご覧ください。 → 田舎で働き隊!活動報告


総勢12名の研修生が7つの受け入れ地区で農家や民宿のお手伝いをし、能登を体験していただきました。
研修中は、金沢大学のスタッフや受け入れ地区の農家の方から、能登の里山や、農業の現状について詳しく紹介してもらいました。

研修生の中には、すでに能登で頑張ってみたいと決意された方も数人いらっしゃいます。今後の彼らの活躍に期待したいと思います。

今年度も田舎で働き隊!は実施されるとのことなので、NPOおらっちゃでは申請に向けて準備をしています。能登で頑張る人々を応援する活動をこれからも続けていきたいと思います。

R0014968.jpg

投稿者 赤石大輔 : 10:14 | コメント (0)

2009年04月01日

今月のレシピ紹介

のとの郷土料理百選、今月は春のさかな「はちめの唐揚げ」をトップで紹介したいと思います。
はちめとはメバルのことで能登の方言です。

ホームページはこちら →  のとの郷土料理百選

なぜ「はちめ」というのか?と問い合わせがありました。
地方によっては、めばる、めばち、はちめなど様々な呼び名がありますが、目が大きく特徴的な魚なので、
「め」がつき、めが出っ張っているために「はる」や、「はり」から転じて「はち」がついているのだと思います。

どなたか語源をご存じの方、ぜひご一報ください。

はちめ、とっても美味しい魚です。

投稿者 赤石大輔 : 21:13 | コメント (0)