金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2009年03月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2009年03月30日

09年第1回保全活動

3月21日

2009年第一回里山保全活動を行いました。
今回は、自然学校の保全林で整備を行いました。

この日はちょっと肌寒かったですが天気は良く、活動日よりとなりました。
保全林での整備活動も3年目を迎えました。整備エリアは2.5haに広がり、美しい林ができあがっています。

昨年、森林組合の協力で大規模に間伐を行った場所では、倒したままの木や枝がそのままになっていますので、今回はそれを一カ所に集めて林床をなるべく歩きやすくする事を目的としました。

IMGP1541_R.jpg

参加者は24名で、金沢からも8名の方が参加していただきました。2時間程度でかなりの面積が片付けられ、歩きやすくなりました。保全林は平地にあるのでこうなってくると散策がとても楽しくなります。

林床にはシュンランが多数咲いています。
サカキやシュンランといった里山の恵みを活用して、NPOおらっちゃの活動に役立てていければと考えています。

IMGP1529_R.jpg

今年から、保全活動に参加していただくボランティアの方々へ、へんざいもんで昼食を提供できるようになりました。
環境省「生物多様性保全事業」の一環で、ボランティアへの昼食の費用が見られるようになったためです。これからは保全活動をしてへんざいもんで郷土料理を楽しむといった、里山を満喫できる活動を皆さんと共に楽しみたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

IMGP1553_R.jpg

投稿者 赤石大輔 : 23:32 | コメント (0)

2009年03月24日

きのこ会議

いつもお世話になっている、珠洲のパン屋さん
の横に、「事務所」と書いてある部屋があります。
その名のとおり事務所らしいのですが、事務仕事をする場所と言うよりは、休憩所のような。
かわいい椅子やテーブルが置いてあって、いい雰囲気の、事務所です。

先日お昼にお店によってパンを買い、その事務所で食べさせていただきました。
珠洲焼きの作家さんが作品を展示していたり、パン屋さんの息子が描いたすばらしい昆虫の絵などが展示されてます。

R0014556.jpg

と、そのよこにきのこの形をしたオブジェ、椅子がおいてありました。
パン屋の奥さんが近所の大工さんに頼んで作ってもらったものらしいです。

可愛らしいきのこの椅子があるこの事務所で、きのこ話が盛り上がったらしく、とうとう4月1日〜4日にかけて、「第一回きのこ会議」が開催されることになりました。

この4日間は、事務所にきのこのグッツやお菓子が並ぶそうです。
パン屋さんではきのこランチも販売されます。

で、わたしもこの、きのこ会議に参加することになりました。
4月4日(土)午後2時から、きのこ博士によるきのこの話を、やります。
いろいろときのこネタを挟みながら、皆さんとおもしろい話が出来ればいいなと思っています。

ぜひお越しください。

開催場所:
シャンボール事務所(0768−82−0542)
〒927−1214 珠洲市飯田町11−148

投稿者 赤石大輔 : 18:37 | コメント (0)

2009年03月23日

田舎で働き隊!

3月23日

年度末の報告書や報告会、そして学会発表などが重なり更新が滞りました。
学会の事は後日整理してお話ししたいと思います。

さて、自然学校では、NPOおらっちゃと協働で農水省「田舎で働き隊!」の事業を行っています。
現在、11名の若者達が、能登の里山について学び、働いております。

今回の事業は、駐村研究員や里山マイスターのネットワークをフル活用して、研修地や指導者の方々にご協力いただき運営しています。
活動の様子はこちらで詳しくごらんいただけます。

→ NPOおらっちゃのHP
→ 田舎で働き隊!ブログ


そして本日も、田舎で働きたい若者達はばりばりと働いています。
炭焼きの手伝いをする者、春蘭の植え付けを行う者、しいたけを乾燥させる者、
様々な人材が、能登の様々な仕事に触れ、田舎で働くこと、能登で生きていくことを学んでいます。
彼らが能登に定着して、頑張って生きていけるように、私たちも努力したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

R0014857.jpg

R0014840.jpg

R0014872.jpg

投稿者 赤石大輔 : 19:01 | コメント (0)

2009年03月07日

へんざいもん第52回〜54回

へんざいもん、第52回〜54回ご紹介いたします。

へんざいもん第52回 平成21年2月9日

この日は、金沢大学から、学生さんが能登の勉強のために自然学校に訪れ、へんざいもんを利用していただきました。

<<本日のメニュー>>

20090306P-02.JPG

品 名:材 料
ごはん:珠洲産
カジメとアオサの味噌汁:カジメ,アオサ
けんちん:ジャガイモ,ニンジン,ハクサイ,ゴボウ,シイタケ,豆腐
おからコロッケ:おから,合びき肉,ニンジン,ゴボウ,パン粉,小麦粉,
タマゴ
ギバサの酢味噌和え:ギバサ
ゼンマイの煮物:ゼンマイ,油揚げ
ニンジンのフキノトウ味噌和え:ニンジン,フキノトウ味噌
イワシの佃煮:イワシ,ユズ
本日利用人数:19人

へんざいもん第53回 平成21年2月12日

この日は、小泊の老人会の方々が、自然学校の施設におこしいただき、へんざいもんをご利用いただきました。

20090306P-01.JPG

<<本日のメニュー>>
品 名:材 料
五目ごはん:珠洲産米,シメジ,ギンナン,ニンジン,シイタケ,ゴボウ,ニンジン
アオサと豆腐の味噌汁:アオサ,豆腐
鶏つくねのあんかけ:トリひき肉,豆腐,シイタケ,ニンジン,タマネギ,小麦粉,片栗粉
ハタハタのフライ:ハタハタ
天ぷら:サツマイモ
玉子焼き:タマゴ
インゲンのゴマ和え:インゲン,ゴマ
ニンジンのフキノトウ味噌和え:ニンジン,フキノトウ味噌
ダイコンとニンジンの酢の物:ダイコン,ニンジン,ゴマ
タケノコとコンブの佃煮:タケノコ,コンブ
ナスの辛子和え:シイタケ
イワシの佃煮:イワシ,ユズ
本日利用人数:33人


へんざいもん第54回  平成21年2月21日

この日は、里山マイスター第一期生の卒論発表会がありました。受講生の皆さん準備で大変だったようですが、皆さん立派に発表されていました。

20090306P-03.JPG

<<本日のメニュー>>
品  名 材     料
古代米入りご飯:珠洲産,マイスター古代米
アオサの粕汁:アオサ,ニンジン,ハクサイ,ダイコン,酒粕
治部煮風煮物:トリ肉,シイタケ,ホウレンソウ,シメジ,花麩
納豆の包み揚げ:納豆,餃子の皮
ポテトサラダ:ジャガイモ,キュウリ,ニンジン,リンゴ
ダイコンとニンジンの酢の物:ダイコン,ニンジン
コンニャクの炒りつけ:コンニャク
ワラビの煮物:ワラビ
古たくあんの煮付:古たくあん
本日利用人数:25人

投稿者 赤石大輔 : 14:32 | コメント (0)

2009年03月06日

北国新聞記事について

3月6日

北国新聞の「人つれづれ」の欄で、自然学校の活動を紹介していただきました。
私の写真が大きく出ていてちょっと恥ずかしいですが、とても光栄な事だと思っています。

記事の内容について詳しく説明したい部分があるので、ここで紹介します。

記事冒頭で、「1990年代「里山」という言葉が初めて登場した。」
とありますが、里山という言葉自体は、18世紀の文献にすでに登場しているようです。
現在使われているような概念を作ったのは、生態学者の四手井綱英先生といわれています。
広辞苑に登場したのが第5版(1998年)なので、「90年代にようやく認知され始めた」といえると思います。

また、「マツタケを発生させる成果も上げた」とありますが、もちろん私が発生させたわけではなく、珠洲市が行っているマツタケ山整備事業の中で、長年の努力が実ったと言うことです。私はその発生調査に協力させていただいているだけです。

以上、新聞記事の内容について、補足させていただきました。


投稿者 赤石大輔 : 10:39 | コメント (3)

2009年03月05日

今月のおすすめレシピ!

3月に入り、春が近いなあと感じる今日この頃です。
のとの郷土料理百選、今月は、春らしく「ふきのとう味噌」をご紹介します。

へんざいもんでもよく出されるふきのとう味噌、ちょっと苦みがきいていて、おこちゃまは苦手らしいですが、とても美味しいです。ふきのとうは雪がないと早い時期から頭を出すようで、能登でも1月頃から見られます。かつては、雪に覆われていたため、そんな時期にはお目にかかれなかったはずですが、温暖化の影響でしょうか?

レシピはこちらからどうぞ! → のとの郷土料理百選HP

投稿者 赤石大輔 : 20:59 | コメント (0)

2009年03月03日

アカガエル、クロサンショウウオの産卵

3月3日

今日は桃の節句、ひな祭りですね。
・・・えー、男の子ですので、姉の雛人形の、右大臣左大臣の刀を抜いて遊んだことと、ひな壇に登って怒られたこと位しか思い出がありませんが、春もだんだん近づいてきたなという感じです。

日曜日に、三崎町の味噌池付近の谷地田を回って来ました。
アカガエルの産卵の様子を見るためです。先週水曜日の夜中、帰宅中道路でアカガエル2匹が道路を横断していました。ああ、産卵に向かうのだなと思い、今回調査してみました。

R0014522.jpg

特に水温が関係するのだと思いますが、この日は場所によって産卵数にばらつきがありました。また、各地のため池には、クロサンショウウオの卵が多数確認されました。
谷内田ではほとんど産卵が見られませんでしたが、ほ場整備がされた平地の田んぼでは、一カ所に12個の卵塊が見つかりました。卵塊の中には500個ほど卵があり、一カ所に5000匹のオタマジャクシが飼えることになります。

R0014533.jpg

ただ、残念ながらほ場整備された田んぼでは、水抜きされて多くのオタマジャクシが干上がって死んでしまう光景が見られます。谷地田の生息地はその補償地として、維持していきたいと考えています。

現在、環境省の生物多様性保全事業に、この谷地田の整備が入っています。
来年度は、ここでお米作りを考えています。生物多様性保全を目的とした、美味しいお米作り2年目に入ります。皆さんどうぞご支援ください。

投稿者 赤石大輔 : 15:10 | コメント (3)