金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2008年11月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2008年11月24日

2つの保全活動

11月22日

この日は朝から夕方までメイトの方々と保全活動を行いました.
朝8時半集合.前の日は雷とみぞれが降るあれた天気でしたが,この日は曇りで何とか作業が出来ました.

今回の作業は,環境省の生物多様性保全事業の一環で,三崎町粟津にある休耕田でビオトープ創設のため,草刈りを行いました.
休耕田を水鳥の生息地として活用するために,常時水がたまっているような状態にします.そのために田んぼだったエリアを掘り起こし,一部は島にしたり溝を掘ったりと,様々な環境を作り出します.こういった休耕田を利用したビオトープは佐渡などで行われていますが,まだまだ手法は確立されていないようで,私たちも試行錯誤を繰り返しています.

IMG_1903.jpg

ビオトープ化の作業は,地元の業者さんにもご協力いただく予定です.
今回は,ご協力いただく能登建設の方々30名が,ボランティアで草刈りの作業に参加してくださいました.
石川県内の,企業が参加する生物多様性保全の取り組みとしては,先進的な事例だといえるでしょう.能登建設さん有難うございました.

メイト15名を加え,総勢45名で草刈りをしました.作業はお昼までと考えていましたが,2時間足らずでヨシ原が昔の田んぼの姿に戻ってしまいました.早いし上手い!やはりプロの仕事はすばらしいですね.

今後は水路と畦の補修を行い,ごく一部ですが,春にはここに水辺ビオトープが出来ます.来年度,再来年度と作業を継続し,立派なビオトープにする予定です.

IMG_1936.jpg

参加者からは,こんな事をしてほんとに野鳥がやってくるのか?という疑問をいただきました.
確かに奥能登全体から見ればこの場所はほんの点でしかありません.しかしこのような水辺は能登にほとんどありません.一定の面積の水辺を作ることで,多くの野鳥が飛来する可能性は高いと考えています.

DSC01868.JPG

先日もタンチョウヅルが珠洲の田んぼに降り立ちました.今年はコウノトリもやってきましたし,野鳥の飛来する確率は他の地域よりずっと高いのです.希少なゲンゴロウ類なども生息しており,この地域で水辺のビオトープを作る意味は大きいといえます.

お昼は,マキストーブのある部屋で自然学校のスタッフが作ってくれたおむすびと豚汁を食べました.ストーブの火が冷えた体を温め,手作りのお昼ご飯でつかれも回復しました.

R0013555.jpg

午後からは,雑木林でマキ作りの作業です.こちらは環境相循環型社会支援事業.講師の方をお呼びして,今日はチェーンソーの使い方を教えていただきました.

IMGP1278.jpg

うっそうとして入ることも出来なかった雑木林が,日ごとに明るく広がっていく様子はとてもいい気持ちです.
そろそろ野外での作業はしんどくなっていましたが,もう2,3回は作業を行いたいと思います.

R0013106.jpg

投稿者 赤石大輔 : 21:42 | コメント (0)

2008年11月20日

へんざいもん第39回から42回

へんざいもん第39回から42回をお伝えします。
第41回では、まったけご飯も振る舞われました!
順にメニューをご覧ください。

へんざいもん第39回 平成20年10月11日

<<本日のメニュー>>
品 名:材 料
クリご飯:クリ,マイスター新米
ご汁:大浜大豆,シバタケ
天ぷら:アケビの皮,シソの実,サツマイモ,シシトウ
アジフライ:アジ
けんちん:ジャガイモ,サトイモ,ニンジン,シイタケ,ゴボウ,アオナ,薄揚げ,豆腐
ササギのゴマ和え:ササギ,ゴマ
ニンジン葉のゴマ和え:ニンジンの葉,ゴマ
ミョウガの酢の物:ミョウガ
ワラビの煮物:ワラビ,ちくわ
本日利用人数:18人

20081120P-03.JPG

<<今日の感想>>
今日のメニューは秋満載!!へんざいもんにも食欲の秋がやってきました。
クリご飯に使われているお米は、マイスターの皆さんが育てたはざ干しコシヒカリです。(このお米は、地元の小中学校などに寄付されるそうです。地域貢献としてとても良いことですね。)新米って、いつもより多く盛ってあってもなぜかちゃんと食べられる。新米だと塩味のおにぎりにすれば具がなくてもそれだけで美味しいし・・・やっぱり秋はいい季節です。
そして、今日1番ビックリした料理が、“アケビの皮の天ぷら”見た目はまさにしいたけの天ぷらで、しいたけだと思って食べていた人が結構多かった様子。ほのかな苦みがあるけど、みずみずしくって思ったより「いけるじゃないか!」という感想でした。へんざいもんスタッフによると、「最近じゃダラにして食べんなったけど、昔はよくアケビの皮を天ぷらにしとったよ」との事。「へぇ~」と納得でした。
ニンジンの葉のゴマ和え。苦いのかと思ったけど、全然苦みもなく美味しかった。これもアケビに続き発見第2弾でした。
今日は珍しいものを楽しくいただきました。ごちそうさまでした。


へんざいもん第40回 平成20年10月18日

<<本日のメニュー>>
品 名:材 料
ご飯:マイスターこしひかり
みそ汁:ダイコン,薄揚げ
フクラギの照り焼き:フクラギ(珠洲沖捕れ)
煮物:厚揚げ,ニンジン,ササゲ,ちくわ,折り紙麩
串田楽:焼豆腐,サトイモ,コンニャク
カキなます:ニンジン,ダイコン, カキ(粟津産)
ナメコの佃煮:ナメコ(小泊産)
ピーマンの油炒め:ピーマン,ニンジン,ちくわ
フキの煮しめ:フキ
本日利用人数:22人

20081120P-02.JPG

<<今日の感想>>
なんともヘルシーな献立でしょう!「毎日こんな料理だとメタボにもならないね」と誰かが言っていました。
“マイスターの新米コシヒカリ”本日は「うまいなぁ~」の声が多く、おかわりも殺到していました。はざ干しで作った新米コシヒカリは漬物もいらないくらいでした。美味しいものはそのままでも十分ってことですね。
串田楽、どこかのおごそかな料理屋さんにでてきそうな一品です。焼豆腐・コンニャク・サトイモを串に刺し、へんざいもん特製の田楽味噌をたっぷりかけてある。素朴な味の素材に甘辛い田楽味噌が相性バッチリで特に女性に人気があった様です。また串田楽をメニューに出して下さい。
カキなます、へんざいもんチーフの沢谷さんのご実家のカキだそう。甘くて美味しかった~。ちょっとしたデザート感覚のカキなますは最高でした。
そして、驚いたのがナメコの大きさ。近所のおばちゃんから「へんざいもんで使わし~」と巨大なナメコをたくさん頂いたそう。あまりのでかさに佃煮にしたとのこと。でかいって言ってもナメコでしょ?と思っていたら、想像を超えたシイタケサイズ!!これ本当にナメコか?と一口、やはりちゃんとナメコでした。恐るべし小泊のナメコ。新しい発見をした気分でした。
今回も美味しかったです。ごちそうさまでした。

へんざいもんスタッフ竹矢さんの紹介で、珠洲市総合病院のリハビリを担当している皆さんがアンケートに答えてくれました。
良い:大変おいしかったです。味付けの方も薄味で体に良いと思います。
良い:全部おいしかったです。串田楽の味噌の作り方を教えてほしいです。
良い:全ておいしかったです。ごちそうさまでした。また来ます。
良い:味付け、素材はなつかしくとってもおいしい。赤御膳も最高でした。
良い:おいしくいただきました。味付けなどもとてもよく、家でも作ってみたいものもありました。

へんざいもん第41回 平成20年10月25日

<<本日のメニュー>>
品 名:材 料
マツタケご飯:マツタケ(地物),マイスターこしひかり
みそ汁:豆腐,岩ノリ
サンマの甘酢あん:サンマ
煮物:カボチャ,ニンジン,ダイコン,青菜,ちくわ,ゴボ天
やたら:カブ,ニンジン,コンブ
ボウフキの酢味噌和え:ボウフキ
ワラビの煮しめ:ワラビ
漬け物:キュウリのあっさり漬
本日利用人数:17人

20081120P-01.JPG

<<今日の感想>>
今日のメインはやっぱり“マツタケごはん”へんざいもんスタッフから「今日は頑張ってマツタケ使ったから、いつもよりおかずが少めやよ。でもおかわり自由やからね。」との一言。それに対して皆さん「これなら3杯いける!」「なくなる前におかわりしよう!」とか、そわそわしてました。私もいつもよりよくばってご飯茶碗に大盛り!あえて、他の具材を使わずマツタケのみを使ってのマツタケご飯は、よりいっそうマツタケの味が出てた気がします。きっと今年マツタケを口にするのはこれが最初で最後かも・・・噛みしめていただきました。美味しかった~。
カブの酢の物(やたら)と一緒に盛り付けてあるのが“ボウフキの酢味噌和え” フキの名前のイメージで食べると全然味が違うのに驚きました。ミョウガに似た香味野菜のような味で美味しかったです。
私は初めてボウフキという名前をきいたので、調べてみたら「えっ!?家の前の砂浜にいっぱいある葉っぱじゃないか~!!」と思わぬ発見でした。自然学校のある三崎ではボウフキと呼ばれていますが、正式名称は「浜ボウフウ」で砂浜に自生している。砂浜では葉しか見えていないので同一植物とは思いもしなかったが、砂の中にある茎を掘って収穫するらしい。葉がやわらかいうちはそのまま天ぷらにするそうと美味しいらしい。今は葉が硬くなっているので、葉を取り茎だけを酢味噌和えにしたそう。今度、浜へ行って掘ってみなければ。
サンマの甘酢あんも、エビチリに似たソースでとても美味しかった。魚と縁遠い子供達もこの料理なら魚を好んでたべるかも。と思いました。
今日もとても満足でした。ごちそうさまでした。


へんざいもん第42回 平成20年10月31日

<<本日のメニュー>>
品 名:材 料
里山マイスター米:マイスターはざ干しコシヒカリ
みそ汁:豆腐,モズク
サンマの甘酢あん:サンマ
煮物:ダイコン,ニンジン,ゴボ天,タマゴ
やたら:カブ,コンブ
キャベツとニンジンのゴマ和え:キャベツ,ニンジン,薄揚げ,ゴマ
レンコンの甘煮:レンコン
煮豆:キントキマメ
漬け物:ダイコン,カブ,ダイコン菜
本日利用人数:90人

20081120P-04.JPG

この日は、日本生態工学会の能登見学会と奥能登農林事務所の勉強会が能登学舎で開催され、へんざいもんで昼食をとってもらいました。
90人とかつて無い人数に対応するため、お弁当形式になりましたが、いつものへんざいもんと変わらない美味しい食事を楽しめました。
これからも、こんな風にいろいろな形で多くの方々に利用していただきたいと思います。

投稿者 赤石大輔 : 19:53 | コメント (0)

2008年11月18日

連絡

番組放送のお知らせをいたします。

本日、11月18日午後6時頃から、テレビ金沢の番組びーびーミツバチの中で、私どもが石川県各地で行っている里山プロジェクトの取り組みを紹介する特集を放送していただくことになりました。
お時間のある方は、是非ご覧ください。

日時:11月18日午後6時頃から6時40分の間に、数分程度。
テレビ金沢、びーびーミツバチ特集コーナーにて。

追記:

先ほど、自然学校の事務室でみんなで番組を見ました。
自分がでている姿というのは何とも奇妙で、くすぐったい感じですね。
あと、ぼそぼそ話している感じでしたね。もっと声を張って話すべきだと反省しました。

内容は、自然学校の生物多様性調査がメインとなりましたが、里山マイスター養成講座や、金沢大学の中で行っている角間の里山自然学校など、今回紹介しきれなかった分野も今後取り上げていただければと思いました。

ご覧になった皆さん、いかがでしたか?

投稿者 赤石大輔 : 10:19 | コメント (0)

2008年11月10日

小学生の研究発表

10月28日

珠洲市立西部小学校の教育研究会に参加しました.
西部小学校の校区はアサギマダラがたくさん飛来する場所です.
そこで生徒さんに,今年の春からアサギマダラの調査で協力をしてもらいました.

春に海岸に飛来する蝶の数を調べたり,卵を集めて幼虫の観察や,羽化した蝶をまた放したりと,一年通してアサギマダラの勉強をしてくれました.
今回は,これまでのアサギマダラの調査についてのまとめ発表があり,それを見させてもらいました.
写真は,その発表用ポスターに書かれていた私の似顔絵です.
結構似てると思いませんか?書いてくれた子達,ありがとう!

081109-1.jpg

来年は,小学校全体の取り組みになったらいいと思っています.
アサギマダラは大移動するといった生き物の不思議な生態を知るばかりでなく,自分たちが住んでいる海岸に目を向けるきっかけにもなります.珠洲の多くの子供達に,珠洲の自然を知ってもらう良い教材だと思っています.

西部小学校の校長先生はじめ多くの方々にご協力いただきました.
有難うございました.

投稿者 赤石大輔 : 20:38 | コメント (0)

2008年11月08日

へんざいもん第35回〜38回

久しぶりにへんざいもんの更新です。

へんざいもん第35回 9月15日
9月13-15日に開催された 能登エコスタジアムの里海エクスカーションで、昼食の場所としてへんざいもんが使われました。

品 名:材 料
ご飯:白米
みそ汁:豆腐,モズク
煮物:ニンジン,シイタケ,フキ,厚揚げ,高野豆腐
焼き魚:サンマ
インゲンのピーナツ和え:インゲン,ピーナツ
大学イモ:サツマイモ
カジメの煮物:カジメ,ちくわ
ポテトサラダ:ジャガイモ,ニンジン,キュウリ,ミカン
ソウメンカボチャの酢の物:ソウメンカボチャ
ダイコンおろし:ダイコン
茶碗蒸し:タマゴ,エビ,鶏肉,キクラゲ,花麩
利用人数:38人

この回から、これまでのアルマイトのお盆から、朱色のお盆に変更され、より美味しそうな雰囲気で、いただけるようになりました。残念ながら、私はおなじエコスタジアムでも、別コースのキノコ山作りのイベントを担当していたので、当日の様子を写真に納めることが出来ませんでした。
きっと参加者の皆さんに楽しんでいただいたことと思います。次の回からは、美しいお料理を写真で見ていただけます。

へんざいもん第36回 9月20日

20081108P-36.JPG

品 名:材 料
ご飯:白米
ご汁:大浜大豆,ネギ
スペアリブ:手羽先(付けあわせ:キャベツ,レンコン,トマト,クリ)
イモダコ:ジャガイモ,タコ,インゲン
ナスの油炒め:ナス,ニラ,ちくわ,薄揚げ
イカとキュウリの酢の物:イカ,イカゲソ
叩きゴボウ:ゴボウ,ゴマ
切干しダイコン:ダイコン,ニンジン,ちくわ
ヒョウタンカボチャの煮付:ヒョウタンカボチャ
本日利用人数:16人

<<今日の感想>>
ご汁(すりわり汁)の豆は珠洲の大浜大豆。コクがあると評判の大豆です。その大浜大豆で作ったご汁はふわふわで美味しかったです。ぜひまたメニューに出して下さい。
ナスの油炒めは、油炒めと言いながらもとてもあっさりしていて良かった。へんざいもんスタッフによると「油は少なめにして作った」とのこと。ヘルシーでありがたいです。
そして、イモダコは味がジャガイモにしみていて美味しかったです。粉吹きいものように水分がないジャガイモが苦手な私にとっては、今日みたいなしっとりとした舌ざわりのジャガイモは嬉しかったです。
そして、付けあわせにあったクリは秋を感じました。とても心が和みました。夏もなごり惜しいですが、時間を見つけて山へ散策をしに行きたいと思いました。
これから食欲の秋突入です。今後のへんざいもんも楽しみにしています。ありがとうございました。

へんざいもん 第37回 9月27日

20081108P-37.JPG

品 名:材  料
ご飯:白米
みそ汁:ワカメ,ネギ
スペアリブ:手羽先(付けあわせ:キャベツ,トマト,リンゴ)
ゴーヤチャンプルー:ゴーヤ,ニラ,豆腐,カツオ節,タマゴ
ジャガイモとニンジンのあんかけ:ジャガイモ,ニンジン,フキ,インゲン,ちくわ
ナスのゴマ和え:ナス,ゴマ
キュウリとワカメの酢の物:キュウリ,ワカメ,はるさめ
煮豆:キントキマメ
漬物:たくあん,ゴボウの味噌漬け,キュウリ・ナス・ニンジンのしば漬け
本日利用人数:17人

<<今日の感想>>
赤い御膳になってこれで3回目のへんざいもん。このお盆は、祭りのよばれ、お寺のお講、法事、葬式(昔なら結婚式も)などに使われるのですが、正座で食べる造りのため為足が長いのです。
へんざいもんはテーブルなので、このままの足では食べにくくて肩がこる・・・そこで、地元の大工さんに足をできるだけ短く切ってもらったのです。しっかりした造りなので作業が結構難しかったらしいですが、こうして美しいお盆で食べることができました。
しかしこのお盆、結構重いのでセルフサービスだったのが今ではテーブルに1人前づつセットされるようになりました。スタッフの手間が多くなったと思いますが、写真映えもするし気分もいいし、これからもよろしくおねがいします。
さて、漬物が3種類。一番美味しかったのがキュウリ・ナス・ニンジンのしば漬け。これははちみつを入れて漬けた梅干しの汁で作ったしば漬けだそうです。あっさりしていて美味しかった。漬物=味が濃いというイメージがあるけど、これはおかずとしてもアリでした。3種類の漬物だけでもご飯が進みました。
ナスのゴマ和えは私の好きな甘めの味でした。自分で作るとついつい辛めのゴマみそになってしまうのですが、今度は気をつけて作ってみたいです。
ゴーヤは夏野菜なので、今年はゴーヤチャンプルーもこれで食べ納めかな。私の家では、今年の夏は朝顔で2階までのグリーンカーテンを作り、途中からゴーヤも1苗してみたところ、思いのほかゴーヤの方が勢いも良く、葉っぱも大きいので遮光率も高くてとてもよかったです。来年は、最初からゴーヤでグリーンカーテンを!!と思っています。窓から手を伸ばしてゴーヤチャンプルーを作るのもまた楽しみのひとつです。
今日はマイスターの稲刈りしたお米の脱穀です。来週は里山メイトの田んぼの稲刈り。そろそろ新米がへんざいもんにも登場が近いですね。楽しみにしています。今回もごちそうさまでした。

へんざいもん 第38回 10月4日
品 名:材 料
ご飯:金蔵米(新米)
みそ汁:サトイモ,ハクサイ
ロールハクサイ:ハクサイ,ひき肉,パン粉
野菜のいなり包み:サトイモ,ニンジン,ゴボウ,レンコン,油揚げ
ジャガイモとニシンの炊き合せ:ジャガイモ,ニシン,ニンジン
小アジのマリネ:小アジ,ニンジン,タマネギ,ピーマン
ミョウガの酢の物:ミョウガ
切干しダイコン:ダイコン,サバ
ハクサイサラダ:ハクサイ,カニカマ
本日利用人数:12人

20081108P-38.JPG

<<今日の感想>>
今日のご飯は輪島市町野町で作られている金蔵米の新米です。やっぱり新米は粒がピカピカできれいです。私も早く新米を食べたいのですが古米が残っているので、まだしばらくは新米を口にできる日が来ないようです。家で田んぼを作っている人はだいたいこんな感じで、時期が遅れ喜び半減の新米スタートではないだろうか・・・?毎年こんなサイクルなのでちょっと悲しい。
ジャガイモとニシンの炊き合せは、ジャガイモにニシンの味がよく染みていて美味しかった。ニシンを食べるとむしょうにコンブ巻きが食べたくなりました。
最近ミョウガがよく家に集まり、毎日ミョウガづくしの食卓です。でも、ミョウガってなぜかあまり飽きがこないかも?今日のミョウガの酢の物は、“里山レシピ”の「ミョウガの酢漬け」で載っているので合わせてチェックしてみて下さい。
野菜のいなり包みも、具があんかけにしてあって美味しかったです。こういうのは中身が楽しみでいいですね。今日も美味しくいただきました。

投稿者 赤石大輔 : 18:16 | コメント (0)

2008年11月06日

学園祭で豆腐作り

11月1日

金沢大学の学園祭に参加しました.
昨年に続き里山里海自然学校から,奥能登の特産を金沢のかたがたに味わっていただこうと,能登大納言小豆でつくったぬれ納豆.アゴだし,そして大浜大豆と能登の海洋深層水を使ったお豆腐を,その場で作って売りました.

R0013152.jpg

天気も良く気持ちの良い日でしたが,その日は理学部の方で大きなイベントがあり残念ながら角間の里に訪れる人は少なかったです.でも,来ていただいた方々には,美味しい能登の味を味わっていただきました.

お豆腐は,前日にマメをすりつぶし作った豆乳を鍋で暖め,沸騰したところに海洋深層水を入れるという方法で作りました.にがりより海洋深層水の方がふわっと出来るそうですが,同じように作っているつもりでも毎回出来上がりが違うので難しいです.

R0013148.jpg

3キロのマメを使用し,3回豆腐を作りましたが,2回目はとっても美味しく出来ました.一杯百円,柔らかい寄せ豆腐なのでスプーンで食べてもらいました.海水で作るからほんのり塩味で,お醤油もいりません.

隣では角間の里で里山メイトの方々によって作られた有機野菜が,とても安い値で売られていました.
子供連れのお客さんには,隣の畑で収穫体験もさせてもらえます.子供達が大きな大根を引き抜いていました.
能登では野菜を作ってらっしゃる方も多いので珍しくもないでしょうが,角間の里で開かれている野菜作り教室は大人気だそうです.

R0013154.jpg

建物の中では,里山メイトの藍染めグループが,すばらしい作品を展示していました.
鮮やかな藍の色もさることながら,里山でみられる生き物たちをモチーフにした絵柄がすばらしいです.
藍染めの柄から里山の生物多様性を感じることが出来ます!

R0013173.jpg

そんな感じで,あまり儲けは出ませんでしたが,金沢大学にある珍しい古民家でゆったりとした一日を過ごすことが出来ました.

投稿者 赤石大輔 : 22:43 | コメント (0)