金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 能登エコ・スタジアム2008

ソーシャルブックマークに登録:

2008年09月16日

能登エコ・スタジアム2008

9月14-15日

能登エコ・スタジアムが開催されました。2010年に日本で開催されるCOP10「生物多様性条約第10回締約国会議」に向けて、石川県は生物多様性保全に県を上げて取り組むことになりました。石川県が特に力を入れているのが日本の生物多様性の重要拠点である里山里海です。今回のエコ・スタジアムは石川県の里山里海とはどういったものなのかを学ぶツアーです。
私はその中で「キノコ山を利用した里山保全」をテーマにしたエクスカーションを担当し、能登町「春蘭の里」で保全活動とキノコの観察会を行いました。参加者は17名でした。

20080916P-06.JPG

金沢からバスで能登有料道路を2時間ほど走り、西山インターで休憩を取りました。インターの売店で売られているキノコを発見!ホウキタケの仲間と、ヌメリササタケが1パック1000円ほどで売られていました。スーパーで売られている
キノコ類は1パック100円で買える事を考えると、野生のキノコの付加価値の高さがよくわかります。とても美味しいこと、そして野外でしか採れないという希少価値が反映されています。能登空港近くの 道の駅「桜峠」でも天然のキノコを買うことができます。

20080916P-03.JPG

能登へ入り、愛菜市場というところでキノコ採り用のカゴを買いました。
集落のおばちゃん達が作ったものだそうです。中国産の多い中、国産の竹細工を手に入れられる贅沢を味わいました。竹かご1つ1200円です。

20080916P-02.JPG

春蘭の里に到着。お昼を食べた後、私から里山とキノコの関係や、能登の里山の現状について紹介し、春蘭の里の多田さんから取り組みの紹介を頂きました。
その後、春蘭の里が持っているキノコ山には入りました。今回は、少しでも山の保全活動をしたいと考えていましたが、思いの外キノコがたくさん出ており、保全活動というより、キノコ狩りになってしまいました。

20080916P-01.JPG

毒キノコがたくさん採れましたが、ホウキタケ、クリフウセンタケ、ヌメリササタケなど美味しいキノコも多数採れました。

夕方は、春蘭の里の実行委員の皆さんと交流会です。地元の山菜や野菜を使った天ぷらや煮物がとっても美味しかったです。また、今回採れたキノコをさっとゆでて醤油でいただきました。とっても味があって美味しかったです。
キノコをテーマに話題も広がり、地域の方々と参加者の交流も深まりました。

20080916P-04.JPG

翌日、地元の方が「ニセマツタケ」を持ってきてくれました。マツタケにそっくりな、マツタケではないキノコです。発生地がアカマツ林ではなく広葉樹の雑木林で、マツタケ特有の香りが少ないという違いがあります。今年は秋がやや早いそうです。そういえば珠洲も夜は肌寒くなってきました。

20080916P-05.JPG

今回のツアーは、里山里海の生物多様性について考えるというテーマで、5つのコースを設定し、奥能登で行われている様々な取り組みを紹介しました。私の担当したコースでは、奥能登の里山再生の起爆剤として、キノコ山作りを行うという話題です。里山再生は、人手が必要ですが、ボランティアでの保全だけでは限界は目に見えています。少しでも経済につながるような取り組みにしていくとが必要なのは誰でも知っていますが、なかなか難しいのが現状です。その中でキノコは、先ほども紹介したとおり換金性の高い里山の恵みで、キノコ狩りという観光にもつなげやすい資源です。
キノコが大好きな我々日本人にとってはとても素晴らしい 生態系サービスであるキノコというものを持続的に利用していける里山作りが能登で出来るのではないか?また美味しいキノコがたくさん出るアカマツ林には、トキやコウノトリ、大型のワシ・タカ類といった希少な鳥類の巣作りの場所になります。キノコ山を作ることで人間も他の生物も共存できる里山を維持することが可能なのではないか?そういった議論を、今回のツアーの後半で参加者の皆さんと出来たことは主催した意味があったと実感しました。

次回、そして2010年に向けて、奥能登での里山保全、日本の里山保全のモデルを構築できるよう取り組んでいきたいと思います。

投稿者 赤石大輔 : 2008年09月16日 10:16

この記事へのコメント

はじめてコメントします。
週末はお疲れ様でした。金沢駅からツアーに参加した男子です。早速のブログアップで楽しく読ませていただきました。
個人的にはツアーはとても良かったと感じております。新たな知見も得たし・・・。
統括では、今回の趣旨も理解できますが、生物多様性との関連などの講演や議論があればよかったと思いました(13日のフォーラムで話があったと思われますが・・・)。
あと、赤石さまや参加者と色んなお話ができればと思っておりましたが、事務局としてお忙しくされていましたので、心残りです。またの機会を楽しみにしております!

投稿者 guro : 2008年09月16日 12:51

guroさま
コメント有難うございます.
参加していただき有難うございます,2日間お疲れ様でした.
私も初めてこのような企画していろいろと手際の悪いところもありましたが,2日間楽しく過ごさせていただきました.参加者皆さんに感謝申し上げます.
次回もし機会があれば,また里山保全とキノコ山作りの可能性についてgoroさんとたくさんお話もしたいと思います.
そのときはどうぞよろしくお願いいたします.

投稿者 akaishi : 2008年09月16日 22:17