金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2008年08月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2008年08月30日

保全林でキノコ山作り

8月30日

里山マイスター養成プログラムの林業実習で、マイスターの受講生達と里山里海自然学校の保全林を使ったキノコ山の整備を行いました。

前日はそのための準備で、小学生達と保全林を下見しました。夏休みもあと数日となりました。宿題をやったか聞いてみると、

「半分終わった」

とのこと。何と剛胆な小学生達!
おじさんは度胸がなかったから何とか夏休み中に宿題を終わらせていましたよ。
あっぱれです。先生にみっちり怒られてください。

20080830P-05.JPG

さて、最近は雨続きで、保全林には夏といえどキノコをよく見かけます。アワタケ Xerocomus subtomentosus 、ツチナメコ Agrocybe erebia、ドクベニタケ Russula emeticaなど、雑木林でよく見かけるキノコ達です。
保全林ですが、整備2年目は森林組合にご協力いただき、マツタケ山のモデル地もできあがりつつあります。今年はマツタケは難しいと思いますが、美味しいきのこが出てくれることを期待しています。
山の中で気持ちが良いので、子ども達とちょっぴり浮かれてしまいました。

20080830P-02.JPG

当日は、マイスター受講生とマツタケ山のモデル地で地掻きの作業をしました。
荒れた雑木林は、まず老木や低木を間伐し、不要な枝を落とします。最後に溜まりすぎた腐植層(腐葉土)を除去するのですが、これがかなりの重労働です。
腐植層に植物の根っこがびっしりと伸びているので、単に熊手で地面を掻いても根が引っかかって腐植がとれません。ですから植物の根を切りながら腐植を徐々にはがしていくという作業になります。これが大変な重労働で、今日は15人×3時間で、20m×10mをようやく終えたところです。今日の作業を単純に15人×3時間×時給800円=36000円とすると、山の整備はお金がかかりすぎてしまいます。ボランティアの力、もしくはその対価を支払えるだけの里山の資源利用を考えなければいけません。

20080830P-03.JPG

しかし(松茸1本3万円として)、マツタケが1本出れば取り返せる!という希望は、能登の里山管理にとって大切なモチベーションだと思います。他にも里山の多面的な機能を紹介することで、一定の理解は求められると思いますが、美味しいきのこに勝る材料はなかなか見つけられません。

20080830P-01.JPG

山の作業中に、切り株のそばからクロサンショウウオが出てきました。春先にため池でよく見かける顔も、夏にはどこにいるのかよくわかっていません。私も山の中で出会ったのは初めてでした。夏のサンショウウオの生活についてはあまりにも見つけにくいため、調査が困難でなかなか成果が上がっていないのが現状です。
保全林から300mくらいの所にクロサンショウウオが産卵をするため池があります。サンショウウオにとって私たちがやっている雑木林の整備は果たして有益なのか、余計なお世話なのか?里山の保全生態学者としては、サンショウウオにとっての森林整備の影響も評価したいと思っています。(でもやっぱり見つけるのが大変だなあ。)他に、ヒミズの巣も見かけました。ヒミズにとっても住み慣れた巣を壊されて迷惑だったと思います。

20080830P-030.JPG

里山の保全活動は反面、環境破壊も含んでいるな、と実感しました。
どういった自然環境を選ぶか、どれがより好ましいかはそこに住む人たち、そしてそれに関係する人たちが良く議論する必要があります。マツタケ、ゲンゴロウ、ザリガニ、コウノトリ、トキ。私たちはさまざまな環境アイコンを提示して奥能登の里山保全を目指していますが、アイコンそのものが一人歩きすることの内容に注意を払いたいと思います。

20080830P-04.JPG

マツタケは出なくとも、こんなに可愛らしいアカイボカサタケ Rhodophyllus quadratusはこの山に出ているわけです。

投稿者 赤石大輔 : 19:16 | コメント (0)

2008年08月28日

へんざいもん第29回、30回

へんざいもんもついに30回を迎えました。
記念すべき30回目には 辰巳丘高校の生徒さんに食べていただきました。
これからも50回、100回と続いていくことを期待しています。
第50回には何か記念イベントを企画しようかと思っています。皆さんぜひ参加してくださいね。

080828P-0111.JPG

メニューを紹介します。
第29回へんざいもん(平成20年8月9日)
品 名:材 料
ご飯:すえひろ舞
そうめん:そうめん,ネギ,ノリ
ゴーヤチャンプルー:ゴーヤ,豆腐,卵,カツオ節
子ハチメのマリネ:子ハチメ,タマネギ,ニンジン,ピーマン
煮物:カボチャ,ササギ,ゴボ天,青菜
ナスのゴマ和え:ナス,ゴマ
サラダ:ジャガイモ,キュウリ,かにかま,ミカン,リンゴ
煮豆:キントキマメ

<<今日の感想>>
今日の煮物はカボチャが2種類でした。緑色の恵比寿カボチャと、オレンジ色の甘栗カボチャです。食べ比べてみると、恵比寿カボチャが断然美味しかった。水気のないモソモソしたカボチャが苦手なので、甘栗カボチャの水っぽい感じも嫌いではないけど、甘味が全然違っていました。1種類ずつ食べるときっと品種の違いはあまり感じないのかもしれませんが、食べ比べると面白いですね。
へんざいもんは、肉なしゴーヤチャンプルーです。ゴーヤチャンプルーには豚肉はかかせないもの!!と思っていましたが、肉がなくても全然違和感なく食べやすかったです。またゴーヤチャンプルーを作って下さい。楽しみに待っています。
いつも私の中で脇役の煮豆ですが、今日の煮豆はとても美味しかった。色もきれいで、赤い器にマッチしていました。見た目も甘さも上品な煮豆を美味しくいただきました。
そして、今日はサービスでスイカとメロンのデザートが付きました。セミの声を聞きながら食べるスイカは風物詩ですね。今日もごちそう様でした。
本日利用人数:14人

第30回へんざいもん(平成20年8月20日)
品 名:材 料
サザエご飯:サザエ,白米
みそ汁:とうふ,ミョウガ
カボチャの煮物:カボチャ,合挽肉
ポテトサラダ:ジャガイモ,キュウリ,リンゴ,ミカン,ゆで卵
ちくわのはさみ揚げ:ちくわ,ニンジン,インゲン,長芋
ナスのごま和え:ナス,ごま
酢の物:ズイキ
カジメの煮物:カジメ
煮豆:インゲン

080828P-011.JPG

<<辰巳丘高校(3年生)アンケート>>
今日は朝食が遅くて全然たべれませんでした。ごめんなさい。
とてもごうかで、のとでとれたものでこんなおいしい料理が作れるのはすごいと思いました。カボチャのがおいしかった!ありがとうございました。
洋食ばかり食べがちなので和食を食べれて良かった。すべて20km以内でとれた食べ物なので周辺に沢山の食材があってすごいと思いました。
サザエごはんとカボチャのがおいしかった。
サザエごはんがおいしかったです。
全部食べた。
カボチャの煮物がおいしかった。
どの料理もとてもおいしかった。
とても楽しい内容でした。
普段食べない物が結構食べられたのでよかった。ごちそうさまでした。
色々な物が食べれて良かった。
作っているおばちゃん達の笑顔が最高によかった(はーと)ご飯もすごくおいしかったし、おばちゃん達とも交流できて楽しかったしうれしかった。他にも食べたことないものを食べることができてよかったです。
めっちゃ体に良さそうだった。こんな郷土料理は初めてだったのでよかったです。少し残してしまったけど、おいしかった。カボチャ最高!
自然豊かな食材ですごくおいしかったです。また、食べたいです!!ありがとうございました。
とてもおいしかったけど、量が多くて食べきれなかった。
食べたことのないものでもすごくおいしくてよかったです。いつもちがう県の食べ物ばかりだったけど自分の県の山を守る意味でも地産地消をしたいと思いました。
金沢から能登へ来て、こちらのお料理を頂いて、味付けが金沢とは弱冠違うことに気付きました。ご飯から礒の香りがしてとてもいいにおいでした。どの料理もおいしかったです。ありがとうございます。ごちそうさまでした。
とてもバランスがとれていて、とてもおいしかったです。お腹がいっぱいで、全部食べることができなくてすみませんでした。
料理はとてもおいしかったのに、お腹があまりすいていなくて残してしまってすいませんでした。
カボチャやカジメなどおいしかった。ナスのゴマ和えが、ゴマが苦手であまり食べれなかったけど、他の料理は全部食べました。おいしかったです。ありがとうございました。もうちょっとデザートがほしい。
本日利用人数:42人

投稿者 赤石大輔 : 19:56 | コメント (0)

2008年08月27日

高校生が珠洲を体験

9月20日

金沢辰巳丘高校の生徒さん32名が自然学校を訪れ、珠洲の里山里海を体験していきました。辰巳丘高校は石川県の「人間としての在り方生き方を考える教育」の実践研究校に選出され、自然の中で学び今後の生き方を考えるをテーマに、夏休みに能登で実習することになったそうです。

自然学校では私から地球環境問題、生態系や生物多様性について、そして能登の里山の現状について講義を行いました。里山という言葉も初めて聞いた彼らにとって、どれほど実感を持って聞いてもらえたか?やや不安になってしまいましたが、その後のアンケートには、里山の定義や保全の意義など良く理解してもらえたようで、安心しました。

お昼ご飯は、自然学校の食堂「へんざいもん」で地域の食材を使った美味しい料理を堪能してもらいました。地元のお母さん方が作ってくれた伝統料理の味に、とまどう子もいたようですが、多くの生徒が感動していました。
(ナスは味がないから嫌い!といっている男の子がいました。高校生の僕も同じことを言った覚えがあります。30歳になった今は大好きですが)。

080827P-02.JPG

午後からは、小泊の漁師さんに協力していただき、海岸で生き物観察をしました。海の中に入って泳いで魚を捕まえたり、貝を捕ったり、能登の美しい海を堪能してもらえたようです。タモでベラを見事に捕まえた男の子もいました。

080827P-01.JPG

多くの高校生にとっては能登、珠洲は初めて訪れる土地であり、金沢と異なる風景に新鮮さを感じたようです。能登の里山里海や人々が培ってきた伝統文化に触れたことで、彼らの今後の生き方について何かつかむことが出来たでしょうか?今後の彼らの活躍を期待しています。

投稿者 赤石大輔 : 21:00 | コメント (0)

2008年08月25日

読売新聞、ひと紀行

8月23日
能登町本木集落で直売所を開かれているグループの所におじゃまして、能登のキノコ増産と里山再生についてのお話をさせていただきました。能登町はたくさん里山のキノコが採れますので、皆さんお詳しい方ばかりでしたが、講演を楽しんでいただけたようです。今年の秋もたくさんのきのこが採れることを期待しています。

20080825P-01.JPG

8月24日
読売新聞連載「ひと紀行」に、金沢大学の里山プロジェクトの紹介が掲載されました。
ひと紀行では、石川県でのトキの分散飼育を目指す様々な人々の紹介が3回にわたって掲載されました。3回目に、将来のトキの放鳥候補地として、能登で里山の再生を取り組んでいる我々金沢大学の里山プロジェクトと、我々の協力者であり能登地域の農業を支えている農家の方達の紹介となりました。

記事の中で、私が自然学校で行っている里山再生の取り組みを、「キノコを通して里山再生を考えるユニークな研究」と、紹介していただきました。web記事もありましたので、良かったらご覧ください。

読売新聞web版はこちら →  いしかわ:ひと紀行

(本文中、キノコの生える里山という表現がありますが、「美味しいキノコ」という意味でお捉えください。)

投稿者 赤石大輔 : 17:29 | コメント (2)

2008年08月22日

輪島市こども体験村のサポート

8月6日

輪島市が主催する 子ども長期体験村 で、昨年同様、自然学校独自の体験プログラムを提供しました。今回も体験村の9日目に三井の健康の森で、里山の生き物調べを行いました。

昨年度の様子はこちら →  2007年の体験村

昨年度の体験メニューは昆虫採集と、標本作りのみでしたが、今回はバージョンアップして、昆虫採集の他に植物・キノコの調査、水辺の生き物の調査を追加しました。昆虫採集には、角間の里山自然学校の中村研究員、水辺の生き物調査では自然学校でゲンゴロウの調査をしている大学院生にも活躍してもらいました。
さらに補助員として、今年6月に実習を経て里山里海リーダーの称号を取得した大学生達にも協力してもらいました。
自然学校の取り組みも次第に多くの人間が携わり、大きなものになってきています。

私の担当は、もちろん植物とキノコの調査です。夏の里山の生き物調査といえば、昆虫採集が一番人気だろうと思っていましたが、以外に水辺の生き物や、キノコ調査が人気でした。
昨年も参加していた子ども達がいたので話を聞いてみると、「去年は虫集めとかやらされて、マジ超どんだけー!とか思ったけど、今年は草とかきのことかあってマジ助かった(5年生女子)」とのこと。
平成生まれでも女の子は昆虫が苦手な子が多いようです。

20080820P-02.JPG
20080820P-04.JPG

健康の森で散策をはじめてすぐに面白い植物がありました。
ツチアケビ Galeola septentrionalis です。
ツチアケビは、ランの仲間ですが赤い色をしています。つまり光合成をするための葉緑素を持たない従属栄養の植物なのです。ランの仲間には他にもムヨウランなど葉を持たないランが存在します。それではどうやって栄養を得ているのでしょうか?
このツチアケビはキノコの一種ナラタケArmillariella mellea を根の中に飼っていて、ナラタケから栄養をもらって生きています。植物なのにキノコに寄生して生きている珍しい植物です。
今回このツチアケビを発見したのは、キノコを栽培するために木材を地中に埋めた場所でした。おそらくナラタケが木材を分解し、その栄養をツチアケビがもらっているのでしょう。
おもわぬ待ち人と巡り会い、即興で森林生態系の仕組みや、キノコと植物の共生関係の説明をすることが出来ました。

植物とキノコの調査でしたが、子ども達にはどうやらキノコの方が人気なようです。確かに、林内一面に生えている緑のものよりも、ぽつぽつと顔を出している様々な色や形のキノコの方が、探す楽しみもあって子ども達に好まれたのだと思います。

20080820P-06.JPG

2時間ほど野外で散策し、午後からはとってきたキノコや植物のスケッチと名前調べをしてもらいました。
昆虫班、水生生物班も戻ってきて、たくさんの生き物が集まりました。
最後に、スケッチし名前を調べた生き物たちを、三井の健康の森の地図の上に貼っていきました。大きな模造紙いっぱいに、生き物たちの絵が並び、里山の生物多様性を表現できました。子ども達にも生き物の賑やかさを実感してもらえたと思います。

20080820P-10.JPG

生き物調べを終えて、夕食後は芝生の上に寝ころんで星空観察を行いました。
星座の説明など細かい話をしなくても、夜空いっぱいに広がる星空と天の川を見ているだけで、あっという間に時間が過ぎてしまうほどの美しい夜空でした。

とても元気で、少し生意気な子達でしたが、ちゃんとこちらの言うことを聞いてくれて、充実した体験を行うことができました。

投稿者 赤石大輔 : 21:40 | コメント (0)

2008年08月20日

夏のアサギマダラ

8月9日

アサギマダラの調査は5,6月に百万石蝶談会の松井氏、里山里海メイト、みさき小学校、西部小学校と協働で
「アサギマダラ調査隊」
を結成し、600個体以上のマークを行いました。
春の海岸での調査は終わりましたが、夏は山でアサギマダラを見ることが出来ます。かつては秋に高い山で見られるチョウとして知られていたほどで、海岸沿いのスナビキソウを利用しているという生態がわかったのは近年になってからです。

アサギマダラの習性で、涼しいところを探して移動するので、気温のより低い北へ、または標高の高いところへ移動します。
能登まできた個体は、これ以上北へ行くには海を渡らなくてはいけません。もしかしたら海を渡るのをいやがって、山で休んでいるのかもしれません。山に生えているオオカモメヅルという植物は幼虫の食草で、この時期は珠洲で羽化した新成虫を見ることが出来ます。

珠洲では、山伏山(150m)や宝立山(460m)の山頂付近で見ることができ、山伏山の山頂にある神社の前を、アサギマダラがひらひらと飛び回る姿はとても神秘的です。昨年は琵琶湖から飛来したマーク個体を山伏山で確認することができました。夏のアサギもとても面白いです。

20080820P-01.JPG

夏休みなので、数人の小学生が自由研究のテーマで夏のアサギマダラの調査をしています。今回はその小学生とお父さんと一緒に宝立山でアサギマダラの調査を行いました。
(宝立山は昨年の地震で道路が崩れたり、新たに建設が進む風力発電施設の工事で大型のトラックが行き来していますので、調査の際は十分気を付けて山に登ってください。)

小屋ダム付近の林道沿いに、ヒヨドリバナが咲いており、そこにアサギマダラを見ることが出来ました。羽化したてと思われる美しい羽の個体や、ぼろぼろの羽になった個体など様々でした。8/9 ほうりゅう DAS1とマークし、放蝶しました。

20080807P-02.JPG

夏のアサギマダラが大好きなヒヨドリバナやフジバカマはキク科の里山の花です。
特にフジバカマは、秋の七草として知られていますが、近年その生息範囲が狭くなっており、絶滅が危惧される種となってしまいました。
里山の荒廃が、海の向こうからやってくるアサギマダラの生活に間接的に影響しているといえます。

秋の七草は以下の通り( ウィキペディア参照
萩(はぎ)、尾花(おばな:すすき)、葛(くず)、女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじばかま)、桔梗(ききょう)、撫子(なでしこ)

帰り道、飯田にできた素敵な珈琲屋さんによってコーヒーを頂きました。
以前は木ノ浦に焙煎所があり、そこでおマメを買っていましたが、飯田にお店が出来たのでとても喜んでいます(まだマメ買ってないけど)。
コーヒーで調査の疲れを癒し、能登学舎に帰りました。

20080807P-03.JPG

投稿者 赤石大輔 : 18:55 | コメント (0)

2008年08月12日

名舟大祭

7月から8月前半に様々なイベントがありました。
お盆に入りようやく一息つけそうになりましたので、これまでのイベントをひとつずつ紹介していこうと思います。

7月31日
輪島市名舟にて、名舟大祭が開かれました。
名舟は石川県の無形文化財「御陣所太鼓」のある港町です。

名舟大祭では後陣所太鼓の披露と花火、そして5本のキリコがでるとても賑やかなお祭りです。
名舟地区の皆さんのご厚意で、今年も金沢大学から学生がキリコの担ぎ手として参加させていただきました。
人が少なくなって、お祭りを開くことが出来なくなっている集落が多くあります。大学生を担ぎ手として派遣し、祭りを盛り上げることは、大学の大きな地域貢献の一つであると考えています。

20080812P-04.JPG

名舟のキリコは珠洲のキリコとは違い、柱に漆が塗っていないので白っぽい印象です。重さも比較的軽いため、重厚なイメージはありませんが、その分軽いため少ない人数でも担ぐことが出来るので、キリコにタイヤを付けて押していくより賑やかなイメージになります。
写真は夜の撮影と言うこともあり、かなりぶれてしまいました。躍動感!ということにしてお許しください。

20080812P-05.JPG

名舟の神社は、かなり高いところに立っていて、そこまでキリコを運ぶのも結構大変そうです。非常に急な階段と、階段を照らす提灯がとても良い雰囲気です。

20080812P-11.JPG

御神輿は神社から降りると、今度は舟に乗って海に浮かぶ鳥居まで運ばれます。
神社から海へ神様を送るのでしょうか?ちょっと祭りの行程がいまいち解っていませんが、とにかくこの一連の作業が面白いです。

20080812P-15.JPG

その後、キリコと一緒に名舟の集落を練り歩くわけですが、途中休憩しながら担ぎ手が代わる代わる太鼓の腕を披露していくのが、何とも名舟らしくて良いです。
集落の大人から子どもまでみんなが太鼓をたたけるというのはうらやましいです。

ヨバレによばれて、楽しいお酒を飲み、遅くまで聞こえるキリコの音を聞きながら眠りにつきました。

投稿者 赤石大輔 : 18:55 | コメント (0)