金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2008年05月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2008年05月29日

へんざいもん第16回

5月24日

へんざいもん第16回が開かれました.
本日は自然学校の保全活動もあり,利用人数はマイスターの受講生や里山里海メイトの方で29人になりました.もずくは柚子が入ってとても上品な感じになりました.
能登では柚餅子が有名ですが,様々な料理に柚子を利用しています.柚子を中をくりぬいて細かくきざみ,味噌とあえて皮に入れて焼焼く,そんな柚子の食べ方もあります.
柚はどんな料理に合うなあと,いつも思って食べています.

本日のメニューを紹介します.
20080529P-01.JPG

品 名:材 料
ご飯:すえひろ舞
味噌汁:モズク,豆腐
若鶏の竜田揚げ:トリ肉
ちくわのはさみ揚げ:ちくわ,インゲン,ニンジン
そば:ソバ,ネギ,きざみノリ
フキのあんかけ:フキ
煮豆:きんときマメ
エンドウのゴマ和え:エンドウマメ,ゴマ
おから:おから,ちくわ,ゴボウ,ニンジン,ネギ
モズクの酢の物:モズク

<<今日の感想>>
今日は、へんざいもんでは珍しい肉料理です。竜田揚げも絶品でしたが、ちくわのはさみ揚げのボリューム!!本当にものすごかったです。胃袋も大満足のメイン料理でした。
そして、前回私の中で好印象だった「モズクと豆腐の味噌汁」が再登場です。やっぱり美味しいですね。モズクのほのかなとろみが美味しさの秘訣ですね。ちなみに豆腐は木綿豆腐でした。木綿豆腐って少々値段がはるので、何かと絹ごし豆腐を買ってしまいます。なので、木綿豆腐を食べると何となく高級な気分になれたりします。今日のお味噌汁もチョット幸せ気分でした。
フキのあんかけ、普通に炊くフキは食べ慣れていますが、そのフキをあんかけにすることで、こんな上品な一品になってしまうとは・・・結構びっくり。京料理みたいな感じでした。
「1日30品目取りましょう」というのが食事の理想ですが、なかなかそんなに取ることはできません。しかし、へんざいもんのメニューは毎回15~20品目くらいは使われています。嬉しいことですね。今日のへんざいもんメニューも15品目でした。夜食は、へんざいもんになかった食材を使って、できるかぎり30品目摂取したいと思います。
今回も美味しく食べさせてもらいました。御馳走様でした。

投稿者 赤石大輔 : 14:20 | コメント (0)

2008年05月26日

アサギマダラ来る!

5月25日

いよいよアサギマダラが珠洲に飛来しました.
5月に入ってもなかなかアサギマダラのニュースを聞くことがなかったので心配していましたが,
今年もやってきたようです.今年は昨年よりも飛来が多いとの噂です.
20080526P-01.JPG

今回は,朝7時から珠洲市立西部小学校の生徒達と外浦を回る予定でしたが,
あいにくの雨で中止となりました.また次回企画してみんなで蝶を探したいと思います.
8時頃には雨も上がったので,先日も講演していただいた百万石蝶談会の松井正人先生と一緒に,珠洲の海岸を回りました.

今回の調査で,能登では5月24日から25日にかけて,
輪島市三ッ子浜
珠洲市仁江
珠洲市高屋(8個体)
珠洲市狼煙(5個体)
珠洲市寺家(9個体)
珠洲市三崎宇治
珠洲市三崎高波
で確認されました.
高屋,狼煙,寺家はかなりいい場所のようです.
私も狼煙,寺家で2個体採集して,今年初めてのマーキングを行いました.
20080526P-03.JPG

昨年の調査で珠洲には山伏山や宝立山に8月も飛来していることが解り,今後は珠洲からどのようなルートで他へ移動しているかが注目されます.
里山里海自然学校では今年頑張って100頭はマークしたいと思っています.
皆さんもこのチョウチョを見かけたら,自然学校までご連絡ください.
デジカメで写真を撮ってもらえると最高です.
20080526P-04.JPG

さて,今回の調査の際,雨上がりの海岸沿いで粘土のようなものを見かけました.
どうも石だったものが,砕けて雨によって粘土のようにどろどろになったようなのですが,どうして今まで石だったものがこのように変化してしまうのでしょうか?
とても不思議な現象なのでどなたかご存じの方はご一報ください.

投稿者 赤石大輔 : 19:19 | コメント (0)

2008年05月23日

コミュニティリモセン in 野々江

5月18日

珠洲市直公民館にてコミュニティリモート・センシング実践会が開かれました.
講師は上林徳久先生(リモート・センシング技術センター 主任研究員)です. 地元,野々江地区の方10名と,能登学舎のスタッフや大学生の総勢18名で行いました.
コミュニティリモートセンシングとは,人工衛星が撮った画像の上に,地域の方々から地域の情報(地形,土地利用,建物,歴史・文化,そして生き物)を記入し,情報の共有化を図ることです.
最近はインターネットでも地域の衛星写真を見ることが出来ます.例えばグーグルマップでは住所を打ち込むと,このように地図を見ることが出来ます → 珠洲市野々江町inグーグルマップ
グーグルマップでご自宅を探された方も多いと思いますが,こういった情報を地域にどのように活かすか?という勉強会なのです.

野々江地区は,鹿野の里とも呼ばれていて,古い歴史のある地域です(もしかしたら鹿がいたのでしょうか?).野々江地区は希少な水生生物の生息するため池や,金川など魚の豊富な川もあります.現在,地区ではホ場整備が進んでおり,大々的に工事がされています.ホ場整備にともない,希少な水生生物の減少が危惧されています.ホ場整備前後で生物相がどのように変化するか興味深いところですが,今回は現状把握として,地域の方々に今この地区になにがいるのか示してもらいました.

初めのうちは,写真の前で腕組みをしてなかなか意見が出てきませんでしたが,こちらから話を振ると,次第に話題が広がり,最後には身を乗り出して場所を指し示してくださる方もいました.
20080523P-01.JPG
20080523P-02.JPG
今回,衛生地図にはドブガイ,ドジョウ,クロサンショウウオなどの目撃場所が示されました.問題となっているアメリカザリガニの分布場所も示され,どのような経路で野々江に侵入したか,今後分布を広げないためにはどうしたらよいかなど話し合いました.

水田の後ろには広い里山が広がっていて,地域の方に話を振ると,かつて鳥を捕っていたとか,マツタケがでる場所があったとか,今でもアミタケが出ていると場所とか,かつての里山の様子もたくさん聞くことが出来ました.
この地域には小学校,中学校,高校がそろっていて,生徒の皆さんに里山について勉強してもらう場所として最適な里山がすぐ目の前にあります.私はかねてから彼らにこの里山に足を踏み入れ,地域の里山の現状を学んでもらいたいと思っていました.例えば地域の方々と生徒達が一緒に里山の整備をするという可能性も検討したいと思います.今回はそのきっかけとして,地域の方からかつての里山の情報を取り出すことができて,非常によい会になったと思いました.
今後は,この地区の里山を利用した企画を考えていきたいと思います.

投稿者 赤石大輔 : 18:59 | コメント (2)

2008年05月17日

へんざいもん第14回

5月17日
へんざいもん第14回は,イカの鉄砲焼きが登場しました.
珠洲の新鮮なイカは,関東人の私にとってその美味しさはショックでした.
イカってこんなに美味しいのか!と感動しました.
本日は24名の方にご利用いただきました.
メニューを紹介いたします.

<<本日のメニュー>>
品 名:材 料
ご飯:すえひろ舞
味噌汁:ジャガイモ,キヌサヤ
煮物:ジャガイモ,ニンジン,青菜,フキ,コンニャク,薩摩揚
イカの鉄砲焼き:イカ
サラダ:キュウリ,マカロニ,リンゴ,イチゴ
卵豆腐:卵
ホウレンソウのゴマ和え:ホウレンソウ,ゴマ
コンニャクのタラコ和え:コンニャク,タラコ
ワラビの酢味噌和えとろろがけ:ワラビ,トロロイモ

20080517P-01.jpg

<<本日の感想>>
 この美しい卵豆腐も手作りです。プリンみたいな色からも分かるように、何といってもコクがすごい!この卵豆腐を食べつけると市販の玉子豆腐は味気なく感じると思います。
 25人分の玉子豆腐を作るには、蒸し器が無い為、大きな鍋の中に割り箸を重ね、その上に型を置いて蒸したそうです。一苦労の一品だったと思いますが、誰もがきっと今日のメインは卵豆腐だったはずです。
 イカの鉄砲焼きは私の好物の一つです。ご飯がすすむ美味しさなので周りのお客さんの反応も良かったようです。毎年アオリイカの季節には、毎日の様にイカが食卓に出るので飽きてしまいますが、今年はイカの色んな食べ方を覚えたいと思います。へんざいもんのイカメニューを要チェックしたいと思います。
 コンニャクのタラコ和え、美味しかったです。きざみノリなんかを振りかけるとダイエット食品にある“コンニャクパスタ”ですね。私は辛子明太子で作ってみたいと思います。
 今回のサラダに使われているキュウリも、マイスターの皆さんが育てたものです。今から夏にむけてマイスターの皆さんが育てた野菜の収穫時期が到来しますね。これから更にへんざいもんスタッフの手によっておいしいメニューとして色んな野菜が登場することでしょう。マイスターの皆さんとへんざいもんスタッフに期待しています!御馳走様でした。


2.5月10日の感想
珠洲市直公民館の方が,5月10日にへんざいもんをご利用され,感想を頂きました.ご覧ください.

<<直公民館の皆様より>>
大変美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
お世話さまです。
郷土料理の名にふさわしい品ぞろいで味付けも上等の部に入ります。今後も続けて営業して下さい。
大変美味しかったです。家庭でも作ってみようと思う料理もありました。
季節の品々、地元の品々でアイディアたっぷりの料理、大変おいしく頂きました。今後もよろしくお願いします。
季節の山菜を使った料理で美味しかったです。サワラの味噌漬けも良かったです。
みそ汁が少し辛い気がしました。とっても美味しいのですが、一品は油もの(揚げ物か、炒め物)があったら良かったと思います。
とても美味しいですよ。また来ます。
大変美味しく頂きました。
大変美味しかった。
土地で採れるものばかりで、体に良いと思います。美味しく頂きました。おかわりできるのも良いと思います。
地元素材を使っての料理は市外、特に都会の人々に喜ばれているのではないかと思います。
益々の繁栄を祈ります。
大変美味しかったです。
年寄り好みのごちそうで、家庭の味でまぁまぁかなと思いました。サワラの焼きが少し足りないかな?
海の幸、山の幸をいただき、ごちそうさまでした。
私たち、年寄り向きとして、お汁はもう少し薄味の方が良かったです。サワラ(サゴシ)の味噌漬けの焼き物も美味でした。
初めて来ましたが、大変美味しかったです。
季節の山菜で、とても美味しく頂きました。味付けも上手で沢山いただきましたが、塩分もやさしさを感じました。ありがとうございました。

投稿者 赤石大輔 : 13:39 | コメント (0)

2008年05月13日

講演会盛況,しかし反省多々.

5月10日

講演会「珠洲の自然を知ろう〜チョウチョの不思議〜」を開催しました.

講師は「百万石蝶談会」の松井正人先生です.
松井先生は,石川県の珠洲から加賀まで蝶のいるところをくまなく調査されている,チョウチョのスペシャリストです.珠洲にはアサギマダラの調査で毎年この時期に何度も来訪されています.
今回の講演会では,アサギマダラを始め,様々な蝶の不思議や,珠洲独特の自然とそこに生きる蝶や他の昆虫たちの話をしていただきました.
参加者は,親子あわせて28名でした.

20080513P-01.JPG

子供達はたくさんの蝶の写真をみて,感動していましたが少しお話が長くなってしまい,聞き疲れてしまった子達もいたようです.
これは,子供達に向けた講演会のやり方を工夫する必要があると反省しています.

また,お母さん方にも好評で,なかなかよい講演会だったと言っていただけました.しかし,「自然学校がなにをやっているところなのか説明がほしかった」というコメントもいただきました.講演会のはじめに自然学校の取り組みを紹介すべきだったと反省しています.

20080513P-02.JPG

講演会が終わり,帰り際に自然学校の捕虫網を貸し出しました.
これは,今年もアサギマダラ調査隊を結成し,珠洲のアサギマダラの調査を行うからです.調査に是非参加したいと言ってくださるご家族もいて,今年の調査は盛り上がりそうです.
ただ,ラポルトすずでは, 抒情書家の世界 ~五友宿「墨から炭まで」展〜が開かれており,室谷さんご一家の素晴らしい作品が展示されています.その展示場で子供達が網を振り回し,作品にあたりそうになりてとても危なかったです.
子供が棒や網を持てば,振り回さずにはいられないことは解っていたのに,貸し出すときにちゃんと注意を出来なかったこと,反省しています.

次回はより良いイベントにしていきたいと思います.

080510-3.jpg

投稿者 赤石大輔 : 11:18 | コメント (1)

2008年05月10日

へんざいもん第13回

5月10日
へんざいもん第13回が開かれました.
メニューには,美味しいタケノコご飯が登場.
またサワラの味噌漬けはとっても美味しい味付けでした.
サワラは魚偏に春で「鰆」と書き,春を告げる魚として知られています.
しかし,もともと珠洲ではあまり採られていない魚種らしく,隣の富山県氷見でも,「1998年には約1・6トンだったが、昨年には約1620トンと1000倍に増えた。」と,近年激増しています.
この原因はよくわかっていませんが,温暖化の影響も考えられています.
へんざいもんも,時代と共に変わっていくのでしょうか?

今回は,珠洲市の直公民館から24名のお客さんも来られ,総勢44名の方々にご利用いただきました.
本日のメニューを紹介します.

20080510P-01.JPG

品 名:材 料
タケノコご飯:タケノコ,ニンジン,鶏肉,薄揚げ
味噌汁:豆腐、もずく
煮 物:タケノコ,厚揚げ,ニンジン,ワラビ,エンドウ
サワラのみそ漬:サワラ
玉子焼き:卵,ノリ,ミツバ
きゃらぶき:フキ,シイタケ
キュウリの酢の物:キュウリ(マイスターハウスより),長イモ,カツオ節
漬 物:ワラビ,ミニ大根,キャベツ,ニンジン

<<今日の感想>>
 もずくと豆腐のみそ汁は、すぐ飲み干してしまったほどとてもあっさりとして美味しかった。食べ始めなのに空になっている私のみそ汁椀見て、スタッフが「あれ?みそ汁よそってもらってなかった?」と声をかけてくれました・・・「いえ、もう飲んでしまいました」と照れ笑いしていたら、スタッフのおばちゃんも大笑いしていました。ちょっと恥ずかしかったです。
 今回のキュウリの酢の物は、外にあるマイスターのハウスで採れたキュウリだそうです。『地産地消』昔は当たり前だったであろう、こんな言葉をよく目にするようになりました。
 この前、コンビニで地域の食材を使ったパンが出ていてビックリしました。パンを買う予定ではなかったのに、珠洲の塩を使った塩キャラメルパンを買ってしまいました。思ったより美味しかったのと、地元の食材が商品になった事で、何だかちょっと嬉しいひとときでした。
 そして最近、贈り物として金沢のお土産として珠洲のハーブを使った安眠枕を頂きました。(金沢の人に珠洲ハーブを勧められて不思議な気分)部屋中とってもイイ香りで安眠効果抜群でした。
 実は贅沢なものは身近にあるのかも・・・宝の持ち腐れにならないように周辺の里山・里海に視野を広げなければもったいないなと思いました。

投稿者 赤石大輔 : 17:34 | コメント (0)

2008年05月07日

気球上がる

5月7日

連休明けの水曜日.珠洲はとても良い天気でした.
さてこれは何でしょう.

20080507P-05.JPG

答えは気球でした.これは大気観測をするための気球です.
長さ4m,最大直径2.4mで中には12立方メートルのヘリウムガスが入っています.

20080507P-01.JPG

この気球を珠洲の上空800mまで上げて,大気に含まれる黄砂や大気汚染物質を採集します.
上空へ上げるのに1時間,大気採集を1時間,地上までおろすのに1時間です.
これを朝昼晩と何度か続けて,大気の状態などを調べるそうです.

Pict-1.JPG

こちらは3階に入ったクリーンベンチ(無菌実験台)です.実験準備をされているのは,金沢大学工学部の小林史尚先生です.小林先生は大気に含まれるバイオエアロゾル(花粉,微生物,ウィルスなど生物粒子)を調べる研究をされています.気球に設置するサンプラーを滅菌しているところです.
(個人的にクリーンベンチが自然学校で利用できるようになり,キノコの培養実験が出来るようになってとても喜んでいます).

20080507P-03.JPG

気球が無事上がり,一安心といった様子の研究代表者の岩坂泰信特任教授と松木篤特任助教
大気観測チームは今後たびたび珠洲でこのようなサンプリングを続けます.
研究成果が上がってきたら能登で発表会を開いたり,市民の皆さんと勉強会を催したりする予定です.
将来は日本海を取り囲む各国と共同で能登に研究拠点(スーパーサイト)を設立する予定です.

今日は少し風があるので上空250mまで上げて様子を見るそうです.
明日,明後日と天気が良ければ採集を続けます.

投稿者 赤石大輔 : 16:52 | コメント (3)