金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2008年03月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2008年03月25日

08年第一回保全活動

3月22日

里山里海メイトの08年第一回の保全活動を行いました.
集まってくださったメイトは18名でした.

20080325P-03.JPG

今回は,棚田を改変した水辺ビオトープの整備を行いました.
昨年創設したビオトープには,今年もすでにクロサンショウウオやアカガエルの仲間が,産卵に訪れていました.メダカも姿を確認することができ,この一年でずいぶん生き物が増えたようです.

かつて棚田であった場所ですが,常時水をためておくことは実は結構難しく,畦の管理は毎年必要になりそうです.また,ため池から棚田へ続く水路も,少し埋まってきているので,水路の掘り起こしを行いました.
水路にはカワニナがたくさん生息していますが,ゲンジボタルの姿はまだ見ていません.ヘイケボタルは昨年わずかですが見ることが出来たので,今年はさらに増えていると期待しています.

水辺に産み付けられた卵にはなるべく触れないように,注意を払いながらの作業となりました.雑草が生えてしまい,堅くなった田んぼを起こすのは一苦労です.
昨年も同様でしたが,クワを使っての作業では手にまめができ,その割には作業が進まないという歯がゆい思いをしました.メイトの皆さんはとても上手なのに.

20080325P-04.JPG

作業をしていると,子供達もやってきて作業の様子を見ていました.
彼らは,昨年一緒に調査して,このビオトープにどんな生き物が住んでいるか知っている子達です.
自分たちの住む場所に貴重な生き物が同居していると言うことを理解している珠洲の子供第1号たち.これからそんな子達がさらに増えてくれればと思います.夏にはまた子供達と観察会を行いたいと思います.

今回は2時間の作業で,水路の整備,歩道の草刈り,水辺の畦補修,ため池の階段作りと,たくさんのことが出来ました.夏に向けてさらに生き物が増えてくれることを期待します.

20080325P-05.JPG

作業後に,自然学校にもどり「へんざいもん」で能登大納言の白玉ぜんざいを頂きました.大粒の大納言小豆の優しい甘みが,疲れた体に染み渡り,ほっと一息つくことが出来ました.

来月は雑木林の整備と植物観察を計画しています.
是非ご参加ください.

投稿者 赤石大輔 : 18:06 | コメント (0)

2008年03月21日

へんざいもん第10回

3月15日

へんざいもん第10回が開かれました.残念ながら私は学会参加で不在でした.
今回は,とっても美味しいアオサの佃煮が評判だったようです.

アオサとは,  アオノリ類  の能登地方名で,ウスバアオノリ,ボウアオノリ,ヒラアオノリ,スジアオノリなどの総称のようです.

メニューを紹介いたします.

20080321P-01.JPG

ご 飯:すえひろ舞
納豆汁:豆腐,納豆,セリ
煮 物:サケ,タケノコ,ニンジン,サヤインゲン,シイタケ,麩
タマゴのコロッケ:ゆでタマゴ,タマネギ
小松菜とハムの炒め物:小松菜,ハム
アオサの佃煮:アオサ
切干大根とセリの酢の物:ダイコン,セリ,カマス
小松菜のゴマ和え:小松菜,ゴマ

<<今日の感想>>

1番印象に残ったのが、アオサの佃煮。あの、「ごはんですよ」にそっくりな味でした!!
アオサと家庭用調味料でヒット商品の味になるそうです。ご飯を少なめに盛ってもらったのに、アオサの佃煮に箸が進み、ご飯がたりなくなってしまいました。
周りのお客さんからもアオサの言葉がちらほら。その中で1人のお客さんが、へんざいもんスタッフを捕まえて「これ、岩のりですか!?なんじゃこれ??って、びっくりするほど美味いんですけど!!」と、地元のアオサの事を色々と聞いていました。今回の美味しかったNo.1は、多くの人がアオサだったのでは?と思います。
切干大根の酢の物に入っていたのが、セリとカマス。へんざいもんスタッフが、「男の人は、カマスよりサバの方が好きやけど~今回はカマス!」と言っていました。私の旦那も、寿司屋でサバばかり食べるサバ人ですが、スタッフは食べる人の性別の事などもしっかり考えて食材選びしてくれているんだなぁ。と嬉しかったです。でも、カマスもあっさりと美味しかったですよ。
その切干大根ですが、食べながら「何かが違う。なんだろう??」と、よく考えながら食べていたら、正体はダイコンでした。自家製の切干大根なのです。今の乾燥する季節に、切ったダイコンを天日干して作り、保存方法は缶で十分だそう。何かすごいよなぁ、今日も驚き&感心のメニューでした。ごちそうさまでした。

投稿者 赤石大輔 : 15:29 | コメント (2)

2008年03月12日

キノコ研修2

今回は,キノコの培養方法についてです.
キノコは菌類ですので,植物のように自分では栄養分を作ることが出来ません.
そのため,菌を培養するための培地を作り,その上で増殖させます.

培地には菌に必要な栄養素を加え,寒天で固めます.
腐生菌はジャガイモの煮汁で作った培地でも菌糸をのばすそうですが,
菌根菌はデンプンを分解できる能力がないので,グルコースを加えた培地
で育てます.今回教えていただいたのは,この菌根菌類が成長できる培地です.

菌が生えやすい培地を作るわけですから,必要のない菌,雑菌が入り込めば
その中でどんどん育ってしまい,目的のキノコが増殖できません.
なるべく雑菌が入り込まないように,滅菌とし無菌状態での作業が必要です.

20080308P-07.JPG

20080308P-08.JPG

さて,培地を作ったらその上にきのこを載せて培養します.
今回は市販のきのこ「エノキタケ」,「マイタケ」,「シイタケ」,「エリンギ」,「ブナシメジ」を用いました.

キノコの表面は,すでに空気に触れて汚染されているので,裂いて内部のキノコ切片を取り出し,培地に載せます.
雑菌が入り込まないように,使うメス,ピンセットも毎回バーナーで焼いてアルコール消毒をした上で使用します.

さて,こちらが培養中のキノコです.
シャーレの上に載せたきのこの切片から,白い菌糸が伸びています.

20080311P-01.JPG
20080311P-05.JPG
20080311P-03.JPG
20080311P-04.JPG
20080311P-02.JPG

2週間程度で,結構菌糸が伸びてきますね.
こうしてみるとやっぱりキノコもカビの仲間だと言うことが理解できます.

一番大きなコロニー(菌糸の固まり)をつくったのは,エノキタケでした.
ブナシメジは次に大きく,毛羽立っています.シイタケ,エリンギも徐々に伸び始めましたが,マイタケはなかなか伸びてきません.

培地の栄養素や,室温などでキノコの生長度が違うのかもしれませんが,
種類によってこんなにも個性が出るんだなあと,感心しました.
エノキタケなどはうまくいけばシャーレの中できのこを作ることもあるようですので,もう少し観察を続けます.

(3月13-17日まで,生態学会参加のため福岡へ出張します.しばらく更新はありません).

投稿者 赤石大輔 : 13:10 | コメント (0)

2008年03月10日

へんざいもん第9回

3月8日

まだまだ寒い日が続きますが,メニューにもわかめなど春らしい食材が登場してきました.
小泊の 天然ワカメは来月解禁でしょうか?
へんざいもん,本日のメニューを紹介します.

20080310P-01.JPG

品 名: 材 料
五目ご飯:すえひろ舞,ゴボウ,ニンジン,薄揚げ,トリ肉,ノザワナ
豆腐の酒粕汁:豆腐,ワカメ,アオサ(ワカメ・アオサは小泊産)
ふろふき大根:ダイコン,ユズ味噌
焼きなます:ダイコン,ニンジン,塩サバ
フキの辛子和え:フキ,カラシ
イカ飯:すえひろ舞,イカ,ニンジン
ポテトサラダ:ジャガイモ,キュウリ,ニンジン,タマゴ,リンゴ,ミカン
白玉ぜんざい:アズキ,しらたま( アズキは能登大納言小豆)

<<今日の感想>>

 五目ご飯、絶妙な味付けですね!おかずより先に食べきってしまいました。上に少しだけ乗せてある野沢菜、その塩味がまた五目ご飯を引き立てていました。「タケノコご飯の季節が待ち遠しいなぁ」などと、早くも次回のまぜご飯も期待しています。
 ふろふき大根、シンプルだけど、今日のメイン料理はこれかな?って感じの美味しい料理でした。今までユズを避けた食生活をしていた私ですが、これからユズ味噌の印象が変わっていくかもしれません。
フキの辛子和え、「辛いのは苦手かも・・・」と思っていたけど、あれ?辛くない!?何故かしっかり味があり、心地いい辛さで箸がすすむ味でした。今日一番印象に残った料理です。
 粉辛子に塩と砂糖を練るそうですが、スタッフの竹矢さんは「根性の悪い人が作れば辛くなるけどね(笑)」と言っていました・・・可愛いです。
 白玉ぜんざい、人気が減った頃、こっそりおかわりさせてもらいました。また能登大納言小豆を使ったお菓子などメニューに出てくるのが楽しみです。

投稿者 赤石大輔 : 17:59 | コメント (0)

2008年03月08日

キノコ研修

2月25日から29日

キノコの培養,接種,DNA分析の手法を学びに,

鳥取大学農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センター

に伺いました.

受け入れてくださったのは,先日の キノコフォーラムでもお世話になった, 岩瀬剛二先生です.

菌類きのこ遺伝資源研究センターはすばらしいスタッフと研究環境です.
キノコのことを勉強したいと思っている学生さんにとっては,鳥取大学の農学部はとてもおすすめです!

キノコは,菌類でカビの仲間です.地上部に顔を出す「きのこ」の部分しか目に見えませんが,本体は地中や木材中に菌糸として広がっています.

キンコンキンとは,トンチンカンとかアンポンタンとかの仲間ではなく,「菌根菌」と書き,樹木の根とキノコの菌糸が絡み合った状態の物を言います.
キノコは木の根を通して木の作り出す養分をもらい,木はキノコの菌糸から水分や無機物をもらったりしています.また,菌糸を通して隣の木とつながっているなど,木と木のネットワークをキノコが作り出していると言われています.森林全体がキノコを通して一つになっているとも考えられます.

マツタケやアミタケ(シバタケ),シモコシなど能登でも採られているキノコの多くがアカマツと共生している菌根菌なのです.
菌根菌は木と共生しているため,木を腐らせるシイタケの様なキノコとは違って,栽培が難しいと言われています.
しかし,ショウロやアミタケなどは比較的容易に栽培できるとのことで,各地で栽培が試みられています.
今回は,その菌根菌の取り扱い方,目に見えない状態のキノコを取り扱う技術を学びに来たわけです.

20080308P-06.JPG

研修その1:菌根菌の観察です.
まずは菌根菌の採集,校庭に生えているアカマツから菌根菌を取り出します.
このように,どこにでも生えている植物にもキノコが共生しているのです.
私たちの身近に存在するキノコと樹木の共生関係ですが,目に見えないのでなかなか気づくことはありません.

20080308P-09.JPG

シャベルで掘り出した根を,顕微鏡で観察するとこのように見えます.
この黒い根には,菌糸がびっしりと張り付いています.

20080308P-10.JPG

さらにこれを50マイクロメータずつ輪切りにして,断面を見ると,このように見えます.菌糸が外側を多い,根の細胞の間にも菌糸が入り込んでいます.
書籍に載っている写真では,見たことがありますが実際自分で断面を切って観察することで,本当によく理解できるものです.

次回は,菌の培養について紹介します.

昨年の調査で,能登町で採集したコノミタケという,ホウキタケの仲間についての系統解析を,鳥取大学の学生と共同研究もしており,その経過報告も聞きました.
なかなかおもしろい結果で,これもまた近いうちにご報告できそうです.

投稿者 赤石大輔 : 10:53 | コメント (0)

2008年03月05日

へんざいもん第7回,第8回

2月25日から29日まで,鳥取でキノコの培養やDNA解析の手法を勉強してきました.
それで少し更新が遅れています.
珠洲から鳥取はけっこう遠くて,10時間くらいかかりました.
でも今後の研究に役立つたくさんのことを学べたと思います.
現在,シイタケやエノキなどを自然学校で培養中です.
その報告もあとでしたいと思います.

さて,今回もへんざいもんの報告です.
へんざいもんもだんだん評判になり,土曜日以外の予約が入るようになりました.
土曜日以外は,10名以上のご予約から開きたいと思います.

2月28日

JA珠洲,女性大学の終了式に,へんざいもんを利用していただきました.
この日は,私が鳥取に出張に出ていましたので,里山マイスターの選任助教である 小路晋作 助教より,自然学校と 里山マイスター養成プログラムの紹介をしてもらいました.

20080305P-02.JPG

さて,今回のメニューを紹介します.

ご  飯 :コシヒカリ( すえひろ舞
けんぞう汁:ニンジン,ダイコン,ゴボウ,シイタケ,おから
かますの塩焼き:カマス,レモン
大根なます:ダイコン,ニンジン,ゴマ
かぶら蒸し:カブラ,カブラナ,ムキエビ,タラ,ギンナン,花麩
人参の蕗の薹味噌和え:ニンジン,フキノトウ
小松菜のピーナッツ和え:コマツナ,ピーナッツ
海鼠の酢物:ナマコ,ダイコン,レモン
若布と椎茸の芯の佃煮:ワカメ,シイタケ

ご利用いただいたお客様は28名でした.みなさんから感想を頂きました.

20080305P-01.JPG

1. 焼き魚の塩加減が最高でした。毎日、ここで昼食を取りたいと思いました。小学校時代の給食時間がよみがえってくるような大変に新鮮であり、懐かしくもありました。本当にご親切にして頂きまして有難うございました。
2. 大変おいしい。料理の中身の説明を聞きたかったと思います。
3. 地物産を使ってとてもおいしかったです。
4. 初めて来ました。味はおいしかったです。有難うございました。
5. 味が大変良かった。
6. 薄味でとても食べやすかったです。いろいろな食事をあちこちにいただきますが、やはり自然に近く、やさしい食材を使ってとてもおいしくいただけました。
7. とってもおいしかったです。
8. いずれもとてもおいしかったです。ごちそう様でした。
9. お世話になりました。700円では大変なのではないですか。味も薄味で健康の事も考えてあると思いました。あつかましく言えば、漬物がもう少しあればなお良かったと思います。ジャンボ桜餅までつけて頂き、嬉しかったです。
10. 料理に季節が感じられ良かった。レシピが欲しい方に配布出来るようにしたら良いと思います。
11. フルーツと漬物があれば良いと思う。色合いも食をそそるいいものだった。味も良かった。
12. 人参のふきのとう味噌和えがおいしかった。地元の食材を活かした料理を続けて下さい。
13. 良かったです。
14. とてもおいしくいただきました。どうも有難うございました。
15. 地産地消と言われていますが、本当に料理もおいしく、地元の食材を使われておいしいメニューだったです。有難う、ごちそう様でした。
16. 冬場ですので、もう少し部屋を暖めて迎えて欲しい。
17. 魚の塩加減が良く、自然の食材でおいしく出来ていました。
18. 大変おいしい料理で味もすばらしかったです。年に応じたお料理でした。ナマコなんか歯の悪い私でも噛むことが出来ました。何しろ郷土料理の味を上手に出されて本当においしかったです。有難うございました。
19. けんぞう汁とかぶら蒸しの味が少々自分には薄味のようで、他はおいしく頂きました。ふきのとう味噌だけとしか食べた事がなかったのですが、他の具と和えて食べる事も出来ると知ることが出来てよかったです。
20. 海の幸、山の幸の献立で地域に活かした品物で大変おいしかったです。機会があったら、夏ならではの献立にも興味があり、足を向けたいと思っています。里山里海自然学校は初めて見学しましたが、養成プログラムによる説明を聞き、地元にいてもわからないものもあり、初めて認識と理解が出来たように思います。
21. 全部自然にあり、自分達の周りにある物を利用され、私達も見直して使っていこうと思いました。
22. お盆をもう少し考えて!
23. かぶら蒸しが良い。ナマコが柔らかくておいしかったです。かぶら蒸しやってみたいと思います。
24. 今日はおいしい昼食を有難うございました。長く続いていってほしいと思います。地産地消、とてもいい事だと思います。

3月1日

三崎公民館の企画,七つ橋渡りがあり,その参加者の方にへんざいもんをご利用いただきました.
七つ橋渡りとは,金沢にある伝統行事らしく,今回は初めて三崎で行われたそうです.
詳しくはこちら →  七つ橋渡りとは?

参加者の皆さんに,私から里山里海自然学校の取り組みについて紹介させていただきました.
薪ストーブで暖まりながら,話を聞いていただき,皆さんにくつろいでいただけたかと思います.
20080305P-04.JPG


この日のメニューは,

ご  飯:すえひろ舞
味噌汁:ジャガイモ・ワカメ・ぎばさ
鯖の照焼き:サバ・紅しょうが
ネギとイカのぬた:ネギ・イカ
かぶら蒸し:カブラ・シメジ・ムキエビ・ギンナン・タラ・花麩・カブラナ
人参とフキノトウの味噌和え:ニンジン・フキノトウ
白菜の浅漬け:ハクサイ・ニンジン・キュウリ
しいたけの煮付け:シイタケ・カブラナ・カニスティック
いものつるの煮物:サツマイモのつる
杏仁豆腐:イチゴ・キゥイ
さらにデザートで,調理をしてくれているおばちゃんが作ってくれた桜餅が振る舞われました.

20080305P-03.JPG

今回の利用者は,マイスターの受講生,スタッフも併せて38名.皆さんから感想を頂きました.

1. 地産地消がよく出来た料理だと思いました。私はネギが嫌いですが、おいしく食べられました。いただいた大きな桜餅!感激しております。手作りはあっさりとおいしいですね。どれだけでも食べられそうです。
2. 特にご飯がおいしかった。若山のすえひろ産とか。
3. 海草がもう少しあれば、なお良し。
4. ご飯や味噌汁のお替りは、本当に嬉しい。地産地消の食材は良いと思う。今日のメニューは高齢者にとっても良かった。
5. 食器が赤碗は華やかさがあって、とても良いと思いました。人参のふきのとう味噌和え、ぬたなど、どれも美味でした。ヘルシーで季節を感じることが出来ました。ごちそう様でした。
6. 大変味の良い食事でした。
7. 人参のふきのとう味噌和えは初めて頂きまして、とてもおいしく頂きました。
8. 色々な野菜を使って大変おいしい食事を頂いて有難うございました。
9. 大変おいしかったです。
10. 珠洲らしいメニューでとてもおいしかったです。
11. とても良かった。懐かしい思いであった。また、桜餅も良かった。
12. 味付けも良く、大変おいしくいただきました。
13. ネギぬたがとってもおいしかったです。なんとなく暖かみがあって本当によかったです。また来たくなりました。これからも頑張って下さい。
14. とてもおいしかったです。田舎の材料でよく工夫してありました。家で真似の出来る食事でしたので喜んでいます。
15. とってもおいしかったです。
16. 全部おいしかったです。有難うございました。

今後もたくさんの方々に利用していただきたいと思います.

投稿者 赤石大輔 : 10:02 | コメント (0)