金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » キノコフォーラムやります!

ソーシャルブックマークに登録:

2008年02月01日

キノコフォーラムやります!

2月10日(日)に,第2回 すず再発見フォーラム,「よみがえれキノコ山〜奥能登の里山再生考〜」
を開催いたします.

 第一回 すず再発見フォーラムは, 「キリコ祭りを,知る」を開催いたしました.珠洲の祭り文化を保存する目的で,石川高専の学生さんが,一生懸命調査して,地域の方とキリコについて勉強しました.

 今回は、マツタケをはじめとした能登の里山のキノコに注目し,お二人の講演者から現在の里山のキノコの状況や先進技術を取り入れた増産手法について,さらに,キノコを利用した自然再生の紹介をしていただきます.また,自然学校が取り組んできた里山のキノコ調査の報告と,能登地域でキノコ狩りツアーやキノコ栽培の先進的な取り組みをされている方々をおよびして,今後の能登の里山再生・保全に向けた活動についての方向性を議論したいと思います.

今回は,私が初めて企画したフォーラムなので,いろいろと不安ですが,皆さんに楽しんでいただけるような工夫をいろいろと考えています.日程は以下の通りです.

日時:2008年2月10日(日)13:00~16:30
会場:ラポルトすず 大ホール. 【参加無料】

   -----プログラム-----
13:00 開会
13:10 基調講演1 「マツタケ山を作るには」
    吉村文彦 (「国際環境微生物応用研究機構」代表)
13:50 基調講演2 「菌根菌がつくる未来の地球環境」
    岩瀬剛二 (鳥取大学 教授)
14:30 調査報告 「奥能登のキノコの現状報告」
   赤石大輔 (能登半島 里山里海自然学校研究員)
15:15 討論:「能登で起こす!キノコ産業の可能性」
16:20 総括:「キノコから能登の再生を目指して」
16:30 閉会
       -----------------
司会: 平見夕紀 (フリーアナウンサー)

主催:金沢大学「能登半島 里山里海自然学校」
後援: 三井物産環境基金 地域総合整備財団(ふるさと財団)

1年と数ヶ月かかって,ようやく私の自然学校での「研究」成果を発表できるところまでやってきたと実感しています.まだまだその第一歩ですが,地域の皆さんに参加していただき,楽しい会にしたいと思っています.
よろしくお願いいたします.

080210キノコシンポ2.jpg

投稿者 赤石大輔 : 2008年02月01日 10:08

この記事へのコメント