金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » クロサンショウウオ産卵

ソーシャルブックマークに登録:

2008年01月20日

クロサンショウウオ産卵

1月19日

このところずいぶん冷え込んで,雪も少し降るようになってきました.
厳しい冬の生活は,原油価格の高騰もあって大変ですが,昨年は本当に暖かく雪のない冬で,いろいろなところで「やっぱり地球温暖化化ねえ.」なんて声も聞こえてきましたので,やはり冬はこうでないと,という気もしてしまいます.

ところが,この温暖化現象を連想してしまうような情報が,自然学校に届いてきました.
クロサンショウウオがもう産卵を始めた,というのです.

クロサンショウウオの産卵は雪解け頃で,昨年は小泊周辺では2月中頃に確認されました.
こちらを参照

私も小泊のため池を見に行くと,ありました.
2つのため池に,数個ずつ産卵してありました.

20080120P-04.JPG

今年は,一月近く早くなっています.
雪がないと,ふきのとうが早くから顔を見せたりしますが,
サンショウウオも春がきたと思ってしまったのでしょうか?
このまま無事育ってくれればいいですが,今になって寒くなってきたので,卵や孵った幼生が
死んでしまわないか心配です.

せっかく生き物の豊富な里山を残そうと思っても,地球規模の気候変動の影響で,
四季が乱れ生き物の生活が犯されてはお手上げです.

今後もサンショウウオの産卵の状況を把握していきたいと思います.
能登にお住まいの方で,ため池にクロサンショウウオの卵を見かけたら,ご一報いただきたいです.

投稿者 赤石大輔 : 2008年01月20日 21:38

この記事へのコメント

クロサンショウウオが産卵していましたか.昨年の角間での記録を見てみると,初見日は1月25日でした.今年も暖かいので,そろそろかと思っていましたが,能登の方が早かったですね.
角間でも注意してみていきますので,また能登の情報も教えてください.

投稿者 中村晃規 : 2008年01月24日 11:06

中村さま
珠洲各地のため池で確認できました,
新聞には,ホクリクサンショウウオの卵発見という記事が2つ出ていましたし,今年は産卵期が早まっているようです.

投稿者 akaishi : 2008年01月25日 00:58