金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 薪ストーブ

ソーシャルブックマークに登録:

2007年12月17日

薪ストーブ

12月14日

自然学校の交流サロンに,ついに薪ストーブが入りました.
春から雑木林で保全活動を行ってきて,たくさんの薪が集まりましたが,
ようやくこれを利用して暖をとることが出来そうです.

20071215P-01.JPG

ちょっと無骨な感じですが,このストーブは,炭も利用できる優れものです.
詳しくはこちら ー>  明和工業ホームページ

里山の資源を利用しなくなり,里山に人が入らなくなっていきました.
人の関わりが無くなると,里山は急速にその姿を変えていき,これまでそこで
生活していた生き物たちもいなくなってしまいます.

里山に入って,里山にある資源,バイオマスを積極的に利用することが,
里山を維持する最善の方法なのですが,これがうまくいきません.
里山の資源を利用しなくても,輸入材や化石燃料を利用すれば十分生活でき,
しかもそれらの方がコストも安くあがるからです.

そうやって放っておかれた里山が日本中にあり,里山生物多様性の危機,
という深刻な状況にまで陥ってしまいました.

生活の中に里山の資源を利用出来ないか?
自然学校の中で薪を利用した暖房や調理の方法を紹介できないか?
そういった思いがこの薪ストーブには込められています.
自然学校にお越しの際はどうぞこのストーブをごらんになり,暖まっていってください.

最近,薪ストーブが次第に注目を浴びてきているようです.

ニュース 

消費者のバイオマスを利用したいという環境への配慮からもありますが,
やはり決めては原油の高騰です.
原油価格の高騰が私たちの生活をかなり圧迫していますが,
ちょっと手間のかかる薪ストーブが人気になるという,新しい流れを生んでいます.
これをきっかけに社会全体で生活の中に,里山の資源を利用するという大きな流れ
になっていけばと期待しています.

20071215P-03.JPG

ただし,里山の資源だけで現在の生活をまかなおうとすると,
日本の里山にある資源の量では全く足りません.
それはまた別の問題ですが,今後取り上げたいと思います.

投稿者 赤石大輔 : 2007年12月17日 12:56

この記事へのコメント

 暖かな炎が気持ちまで温かくしてくれました。知人の家にある暖炉で手作りのピザを食べながらワインを飲む。けっこういいですよ!
 今ほしいものは何?って聞かれたら,迷わず「薪ストーブ」って答えます。
灯油価格がうなぎ上りの中,見直される薪ストーブ,家族の説得さえできれば・・・ほしい。
PS:夕べ薪ストーブの前で温まってる夢を見た。重症です。
         良いお年を!

投稿者 クロメダカ : 2007年12月18日 18:28

クロメダカさま
暖炉を囲んで,美味しいものを食べたり,楽しく話をするのはとても贅沢な時間ですね.
自然学校の交流サロンが,地域の方々にそのように使っていただけることを願っています.

投稿者 akaishi : 2007年12月19日 09:26

心まで温まって、やさしくなれそうな炎の色ですね。
いつも食べる話で恐縮ですが、このストーブでおもちを焼いたり、シチューを煮込んだりできるのですか?
できたら楽しそう!

投稿者 いなむら : 2007年12月20日 18:19

いなむらさま
炎が見えてとっても暖かいです.
ストーブの上にはヤカンを置いています.
鍋もおけるでしょうから,シチューを煮込むことが出来るでしょう.
そろそろ冬休みで,子供達が遊びに来るので,一緒にストーブで
暖まりながら,シチューを煮込むのもいいかもしれません.
そのときはまたご報告します.

投稿者 akaishi : 2007年12月20日 22:27