金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » マツタケ発見

ソーシャルブックマークに登録:

2007年10月27日

マツタケ発見

10月24日

珠洲市は昔からマツタケの名産地として有名で,現在も生産量は減少してはいますが,まだまだマツタケが豊富に出る土地です.
珠洲市と珠洲市森林組合は,減少しつつあるマツタケの生産量を取り戻すため,マツタケ山の再生事業を10年ほど前から続けられています.

以前,なぜ珠洲にマツタケが?というテーマでこのブログにも紹介しているので,未読の方はこちらを参照してください →   能登でマツタケがとれていた理由

さて,自然学校は能登里山里海健康診断調査をスタートしていますが,その一環として,珠洲市のマツタケ山の調査も行っています.
これまで珠洲市が行ってきた整備事業について,いったいどれくらい効果が上がっているのか?
これまでそれを確かめる方法は,地権者の方に
「整備後,マツタケは出てきましたか?」
というアンケートを採るしかありませんでした.
ですから定量的な調査方法で正確にその評価をしてみよう,ということでこの調査をスタートさせました.

そして今回,調査中にそのマツタケの姿を確認することができたのです!!
きれいに整備されたアカマツ林の林床に,ぽこっと頭を出しているマツタケを2つ確認できました.私自身,実は野外で発生しているマツタケを見たのは初めてで,飛び上がって喜びました.
どうやらこれまで確認できていなかった,新しいシロからの発生であるらしいです.マツタケの整備事業が着実に成果を上げていることの証明といえるでしょう.

071024-1.JPG


この発見は,今日10月25日の北国新聞にも取り上げていただきました.
詳細はこちら →  web版北国新聞記事

このマツタケ整備事業に対して珠洲市は大きな予算を割いています.
珠洲市民の方々が事業の成果を感じることができなければ,この事業を継続することは難しくなります.
ここで,アカマツ林を整備する意義について少し考えたいと思います.
まず,マツタケをたくさん出るようにしたいというのが一番の理由ですが,
珠洲市内にアカマツ林が健全な状態にあるということ自体,実は非常に貴重なことだといえます.
70年代以降,日本全国で松枯れ病が蔓延して,広大なアカマツ林が失われました.
珠洲ではまだまだアカマツ林が残っていますが,それは日本では珍しい部類に入ります.

アカマツの林を保存していくことで,アカマツ自身やマツタケ以外にも,ハルゼミなどの生物を保存することにもなります.
さらには,日本では絶滅してしまった「朱鷺」も,巣作りのためにアカマツを利用していたらしく,もう一度能登へ朱鷺を呼び戻すためには,やはりアカマツ林が必要になってきます.
このように,アカマツ林を保全することは,マツタケの増産以外にもおおくの意味を持っており,
生物多様性の観点からも珠洲市の事業は高く評価されるべきと私は考えています.

今日ようやくまとまった雨が降って,マツタケもまた少し顔を出してくれるんではないでしょうか.
今月と来月は頻繁に山に足を運ぶことになりそうです.

投稿者 赤石大輔 : 2007年10月27日 17:13

この記事へのコメント

昨日の朝、朝刊を読んでいたら、「マツタケ山 再生の兆し 珠洲の整備林」と目についたので、おもわず「よかった!!」って嬉しくなりました。
マツタケ林を保全することに、おおくの意味があることも、このブログで新たに知ることが出来ました。ありがとうごさいます。
 又、マツタケが顔を出してくれますように・・・。

投稿者 kanazawa : 2007年10月28日 18:16

素晴らしいです。希望の光が少し差し込んできましたか・・。マツタケ山再生するといいですね。ちなみに、最近の若い人の中には、生まれて1度もマツタケを食したことがない方がおられるようです。その香り・味の記憶がないので、少ないチャンスを得てマツタケを食べても「それは、珍味マツタケですよ。」とちゃんとアドバイスしないと気がつかないということもあるようです。「へえ~。これがマツタケですか!」となります。ところで、素朴かつ基本的な質問があります。金沢でも、少ないとはいえ日当たりのよいアカマツがないわけではないでしょう。マツタケが出るための条件・決め手は、なんでしょう。それとも、出ないところは出ないのでしょうか。

投稿者 川向の里人 : 2007年10月29日 19:03

kanazawaさま
珠洲市の事業が大きな成果をもたらすことを期待しています.
それを評価して皆さんにお伝えするのが私の仕事であると思います.

川向の里人さま
金沢でも条件がそろえばマツタケは出ると思いますし,若松町はその名の通りマツが多く,かつてはマツタケも出ていたと聞いています.

投稿者 akaishi : 2007年10月29日 21:06