金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 三井物産の里山里海保全活動・上

ソーシャルブックマークに登録:

2007年09月17日

三井物産の里山里海保全活動・上

9月15−17日

三井物産社員ご家族36名が,里山里海の保全活動と,
キリコ祭りの体験のために能登へ来て下さいました.
また金沢から,角間の里山研究員の中村さんと 里山里海リーダー4名
スタッフとして参加してくれました.
三日間の様子をお伝えしたいと思います.

15日
東京,名古屋,大阪の方々が金沢駅に集合し,午前11時に貸し切りバスで出発.
1時に輪島市の金蔵に到着し,お寺のレストラン「 木の音(こえ)」で昼食をとりました.

金蔵は平安時代から続く集落で,美しい棚田風景を見ることが出来ます.
過疎,高齢化が深刻な状況にありますが,ここ金蔵は
「金蔵学校」 という地域興しNPOが地元で活躍されており,
お盆の 万燈会(まんとえ) というイベントを開催されたり,
金蔵米(きんぞうまい)というお米や,そのお米を使った米蔵金(まいぞうきん) という純米酒も造られています.

070915-2.jpg

木の音で美味しいお弁当をいただきながら,
3日間の「能登半島自然学校」の開校式を行いました.
その後,お寺の本堂で金蔵学校代表の石崎さんから
金蔵学校の取り組みを紹介して頂きました.

その後,台風のせいか30度を超える蒸し暑い日となりましたが,
皆さんには金蔵の美しい棚田風景を見て頂き,
今年3月に開設された「金蔵自然文化研究所」の見学をして頂きました.
トイレも新しくなり,研究所としての準備も整いましたので,今後は様々な調査
を金蔵で行い,この研究所を利用していく予定です.

バスに乗り,珠洲へ向かいました.
自然学校についてから早速,里山里海についての講義がスタートです.
今回は,観光旅行という事ではなく,保全活動と勉強をしに行くのだと,行って頂きましたので,
みっちりとお勉強スケジュールを組ませて頂きました.
中村教授,宇野教授から自然学校を中心とした能登での取り組み.
里山マイスターについての紹介をして頂きました.
みなさん遠くからお越しいただいて,とてもお疲れだったと思いますが,
2時間しっかりと講義を聴いて下さいました.


070915-1.jpg

休憩の後,7月にオープンした「里山里海学習館」を見学.
珠洲の里山に生きる希少生物や自然学校の保全活動について,
私から説明させて頂きました.

070915-4.jpg

長い長い移動と講義の後,珠洲の民宿へ向かいました.
初日は「 さいもん」「 まつだ荘」「 山中荘 」の3つの民宿に分宿となりました.
珠洲の民宿はどこへ行っても美味しいお魚の料理が味わえます.

070915-5.jpg

明日は保全活動に祭り体験と,ハードなスケジュールになっているのですが,
美味しい料理に楽しい会話も弾み,ついついお酒も進んでしまいました.
明日の活動は大丈夫でしょうか?

投稿者 赤石大輔 : 2007年09月17日 16:46

この記事へのコメント