金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 大学生対象の能登半島・里山里海体験実習

ソーシャルブックマークに登録:

2007年08月23日

大学生対象の能登半島・里山里海体験実習

8月11日〜13日

平成19年度大学コンソーシアム石川・単位互換事業,
「能登半島・里山里海体験実習」が開講されました.
前期集中講義ということで,2単位を取得出来ます.
石川県の大学生16人が参加されました.

本講義では,能登の里山里海の現状に直接触れながら,
自然共生・環境配慮型の地域再生への取り組みについて,
住民・自治体等と一緒に考える契機とすることを目的としています.

当日の講師陣を紹介しますと,
中村浩二(金沢大学)
辻井 博(石川県立大学
池田幸應( 金沢星稜大学
A.Kambu(国連大学,IICRC
草光紀子( 環境公害研究センター
赤石大輔(「能登半島・里山里海自然学校」)
坂井恵一( のと海洋ふれあいセンター
奥能登農林総合事務所スタッフ(山本敏弘 整備課長ほか)
といった豪華メンバーです.
私も講師の一人として参加させて頂きました.


実習プログラムは,以下の通りで,

8月11日 金沢⇒ 能登空港
⇒ 輪島市(千枚田)⇒ 能登町(農業用ダム)⇒ 珠洲市(圃場整備)
⇒ 宿舎にて講義

8月12日 里山里海学校(施設見学・講義)
⇒ 粟津川魚道見学 ⇒ 粟津ビオトーブ見学 ⇒ 炭焼き見学
⇒ 宿舎にて講義

8月13日 能登町(のと海洋ふれあいセンター,講義・海洋生物観察)
⇒ 輪島市(金蔵地区,伝統文化と地域活動)
⇒ 金沢大学着

3日間みっちり実習を行って頂きました.

DSC00813-01.jpg

多くの学生たちにとって,能登は初めての訪問となり,
過疎高齢化が進む能登の里山の現状について目の当たりにし,
ショックもあったようです.
講義では,これからの日本の農業について辻井先生にご説明頂き,
学生たちからも意見が飛び交い,熱い議論になりました.

ハードな実習を終えた後は, 民宿「瑞」さんで,
とても美味しい料理をいただきました.

夏休みに行われる2日間の充実した実習で,
能登の名所を巡り,現地の人々から生の声を聞き,里山の現状を知る.
そして能登の美味しい山海の幸をいただき,
最後には2単位も取得出来る!
僕らの学生時代にこんなお得な実習があったでしょうか!?
ちょっとうらやましくも感じてしまいました.

DSC00818-01.jpg

また次回も実施したいと思います.
皆さんお疲れ様でした.

投稿者 赤石大輔 : 2007年08月23日 16:49

この記事へのコメント