金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 磯の生き物調べ

ソーシャルブックマークに登録:

2007年05月10日

磯の生き物調べ

5月10日

中能登町久江小学校のバス遠足がありました.
自然学校のすぐ近くにある海岸で,磯の生き物しらべをしました.
自然学校のサポーターSさんのご指導をいただきました.
角間の里スタッフの中村さんも金沢から駆けつけてくれました.

昨日とはうってかわって,風の強い寒い日となってしまいましたが,
子供たちは元気に海岸に入り,貝,ヤドカリ,ハゼ,エビ,クラゲなどを捕まえました.
また,打ち上げられたワカメやアオサなどの海藻,貝殻を拾いました.

0705102.jpg

Sさんに,海岸でとれるカニを見せて頂きました.
小泊の海岸にたくさんいるカニで,これを使ってスズキなど大型の魚を釣るそうです.
名前は...ガンチョ.
標準和名調べておきます.

次第に風が強くなり,お昼近くになったのでここで終了.
Sさんが,帰りがけにアオイガイの貝殻を子供たちに持たせてくれました.
アオイガイは,小泊の海岸によく打ち上げられるようです.
私もひとつひろいました.

自然学校に戻り,お弁当を一緒に食べ,さよならをしました.
午後からは,苺狩りに出発.
おやつも食べたけど,苺は別腹だそうです.

昨日の里山体験に続き,里海体験も実施することが出来ました.
しかし,海無し県の群馬出身の私は,まだまだ磯の生き物がよく分かりません.
もっと勉強しなければと,痛感しました.

投稿者 赤石大輔 : 2007年05月10日 22:55

この記事へのコメント