金沢大学里山里海自然学校 HOME » キノコ日記

キノコ日記Top » 2007年02月バックナンバー

ソーシャルブックマークに登録:

2007年02月28日

里山里海メイトの募集

能登半島 里山里海自然学校はこの春からいよいよ
本格的に始動していきます.

奥能登の自然や文化についての研究活動はすでに動き始めました.
次は,私たちの拠点がある珠洲市の里山里海を保全する活動を,
地域の皆さんと一緒にやっていきたいと考えています.

自然学校周辺には,多数の希少生物がすむため池や水田があり,
マツタケの発生する林もあります.
しかし,そういった豊かな里山が,過疎高齢化などで
どんどん無くなっているのが現状です.
私たち市民の手で,里山里海を守る活動をしていきませんか?

使われなくなった田んぼに水をためることで,ホタルやゲンゴロウの
すみ場所を作ることが出来ます.

荒れ放題の雑木林やアカマツ林を整備すれば,おいしいキノコが秋には
顔を出してくれます.

薪や炭を利用して,美味しいご飯を作りませんか?

山菜やきのこを採って美味しいおかずにしましょう.

里海がいつまでも豊かであるように,川や海岸を美しく保ちましょう.

そんな活動を行っていきたいと考えています.
皆さんのアイディアで多くのことが出来ると考えています.
里山里海メイトに是非参加して下さい.


<<連絡先>>


能登半島 里山里海自然学校
メールはこちら
電話/fax 0768-88-2528
10時から16時まで受け付けています.

お名前:
ご住所:
電話番号:
E-mail:

をご記入の上,メール,faxでご連絡下さい.
お電話でのお問い合わせもお待ちしております.

第一回の里山里海メイトの活動は3月18日に行います.

<<第一回里山里海メイト総会>>

開催日:3月18日午前9時から12時まで.
集合場所:珠洲市三崎町小泊の自然学校

<<活動内容>>

自然学校の看板立ての行事と,今後の活動について.
とくに保全活動を行うビオトープや雑木林を見て回り,
草刈りや歩道の整備など保全活動も行う予定です.

<<雨天の場合>>

雨の時も自然学校の交流室で,金沢での活動の紹介や
自然学校の取り組みについて紹介を行います.

<<今後の活動>>

定期活動は小泊の自然学校で,毎月1回行っていく予定です.
ビオトープの創設,雑木林の管理など里山の保全活動と,
キノコ狩りなど四季折々の能登の恵みを楽しむ会,
昆虫採集,野鳥観察など自然体験や学習活動も
取り入れていきたいと思います.

年1回からの参加も大歓迎です.どうぞお気軽にお越し下さい.

能登の里山里海をみんなの手で美しく保っていきたいです.
皆さんの参加をお待ちしております.

投稿者 赤石大輔 : 19:33 | コメント (2)

2007年02月27日

半島らしさ

2月25日

「半島地域づくりフォーラム」に参加.

changed-07.JPG

この日は,珠洲の食祭「珠洲まるかじり」も開催されており,
久しぶりに珠洲の街が人であふれ,にぎやかになった.

changed-02.JPG

フォーラムでは,全国の半島地域の方々が,
それぞれの活動について発表された.
いつも調査でお世話になっている金蔵学校のIさんもご自身の取り組みについて発表されていた.

3方を海に囲まれ,交通の便も悪い.
半島は地理的に不利な場所.しかし,半島にしかない良い物もある.
それを見つけ,育てて売りにしていこう.
そういったシンポだった.

また講演のなかで「半農半漁はどっちつかずで貧しい証拠だといわれてきたが,
そうではない,逆にどちらもある豊かな場所なのだ.」
という意見を聞き,ふと昨年のことを思い出す.

昨年春に門前を訪れたとき,海岸の村に,海藻を干す棚が並んでおり,
そこには一緒にワラビも干してあった.
門前のHさんから,「わしらクルミ拾いは海岸でしたよ」と教えて頂いた.
クルミが沢沿いに生え,実が川に落ちて流れていき,
海に着く頃には果肉がとれて,クルミの種子が海岸で拾えるわけだ.
何とも半島らしい風景,文化だと思う.

changed-13.JPG

写真は昨日撮影した自然学校の近くのため池.
車道からちょっと入ったような場所にも,
はっとするような景色がのこっている.

半島の先端で,時代に取り残されてしまった風景は,
私たちにタイムスリップを体験させてくれる風景でもある.
そんな貴重な風景も能登の大きな財産だろう.

投稿者 赤石大輔 : 23:58 | コメント (0)

2007年02月17日

2月17日

2月17日

婦人会の方々が,お花や手芸の発表会をするということで,
自然学校の交流室を利用して頂いた.

小泊の婦人会は昔から非常に活気があり,それが現在も続いている.
美しくいけられたお花,テーブルにはきれいなクロスと,簡素な交流室が
いつになく華やいだ雰囲気になった.

発表会の後,私から里山里海自然学校の設立主旨と,今後の活動について
紹介させて頂いた.里山里海メイト(仮称)の募集も行い,
皆さん非常に関心を持っていただけた感触.

珠洲在住の,ダイビングの先生も来られており,珠洲の海で
ダイビングの講習やツアーも考えられないかと提案をいただいた.
私も,かねてからダイビングを経験してみたいと思っていたが,
珠洲には木ノ浦にダイビングスポットはあっても,インストラクター不在という状況であった.
これは願ってもないチャンスなので,話を進めたいと考えている.

昼過ぎから,保全作業を行う雑木林の散策.
地権者の方に了解をえて使わせて頂けることになった.

アカマツが多く残っている場所が,農道から見える.
見えるのだが,そこまでたどり着けない.
クリなど広葉樹がずいぶん大きくなっており,ヒサカキなど低木もかなりある.
このとげとげはサルトリイバラか?途中で挫折しそうになる.
0702171.JPG

ようやくたどり着いた場所も,アカマツの他低木が茂っている.
春の保全作業では,まずこの低木類を刈り取り,アカマツエリアまでの道を造ることからスタートしなくては.

帰り道,水田の畦を歩きながらため池や水路をのぞくと,各所にクロサンショウウオの卵塊を見ることが出来た.
もうすぐ春ですね.
0702173.JPG

投稿者 赤石大輔 : 18:03 | コメント (2)

2007年02月13日

マツタケ山視察

2月9日
京都の岩倉村松にて, マツタケ十字軍の活動視察.
岩倉は岩倉具視が幽棲していた場所で有名だが,
松茸の産地としても有名だったらしい.今でも発生している場所もあるという.

バス停より歩いて5分,団地のすぐ裏にマツタケ十字軍の活動拠点はあった.
ぱっと目に飛び込んでくる整備されたアカマツの小山.
changed-1.JPG

ここは,バブル期に宅地造成されたが,バブルがはじけて25年そのまま放置された
場所らしい.
造成のために表土は削られ,痩せた土地にアカマツ林が出来た.
2年前から整備が進められ,松枯れで倒れた木を下ろし,コナラなど広葉樹,
ササなどの下草も刈り払い,現在に至る.
整備されたアカマツ林はとても美しい.
changed-3.JPG

いつマツタケが拝めるかと聞くと,「早くて5年後,おそければ30年後」
と笑いながらみなさん答えられる.

マツタケは待つだけ(ダジャレです)ですか?
と気が遠くなってしいそうだが,いえいえ,こんなのもあります.

changed-10.JPG

小さなアカマツの苗は,マツタケの菌根をもつ苗だ.
マツタケシート(マツタケの菌糸がたくさんついた不織布)
にアカマツの根を包み,マツタケを感染させる.
この苗についた菌が,30−40年生のアカマツの根にも感染すれば,
マツタケの発生が見込める.

このように,林を整備して待つだけでなく,マツタケを導入しちゃおうというアクティブな
方法にも取り組まれている.

マツタケ十字軍の活動は毎週行われている.
活動拠点には,手作りの小屋,テーブル,椅子,かまど,ピザ釜がそろい,なんだか秘密基地みたいだ.
みんなで昼食を作り,食べる.燃料は切り出した木材.隣には畑もあり,宇治の方が作られた茶畑もある.今日は野菜たっぷりのおみそ汁,炊き込みご飯,釜で焼いたジャガイモ,お好み焼き,焼きそば,漬け物など,おなかいっぱい食べた.
changed-9.JPG

changed-8.JPG

changed-6.JPG

やはり,ただマツタケ山の整備をするだけでは,苦労が多く,
楽しみも少ないため継続は難しいだろう.
楽しみながらやる,十字軍のやり方は大変参考になった.

マツタケ十字軍のメンバーは200人以上,毎週の活動にも関わらず20−30人
の参加者がある.多くは京都,大阪の定年を迎えられた団塊世代の方々だ.
人口100万の都市,都市に住む団塊世代,近郊にある活動拠点.
京都は良い条件がそろっている.

かたや珠洲市は,人口1万9千人.
半島の先端で,金沢からも遠い.
自分の畑や山を持っている方もおおく,
何で人の山で整備なんか,という意見も多いだろう.

しかし,珠洲市のマツタケ生産量は年々減少し,特に昨年は大不作だった.
珠洲のマツタケ再生には,山の整備しかない.
過疎,高齢化が進む奥能登でも出来る里山の保全.
また奥能登でしか出来ない里山の保全を考える,大チャレンジのスタートだ.

投稿者 赤石大輔 : 15:12 | コメント (2)

2007年02月06日

冬のキノコ

最近,ご近所の方々に,キノコの同定依頼が来るようになった.
この時期,たいていヒラタケ Pleurotus ostreatus (Jacq.:Fr.) Kummer
か,エノキタケ Flammulina velutipes (Curt.:Fr.) Sing.
のどちらかなのだが,小泊のヒトはあまり食べる習慣がないようだ.

現在の所ヒラタケ2件,エノキタケ2件.

たとえば,ヒラタケの別名はカンタケ(寒茸),エノキタケはユキノシタと呼ぶ土地もあるが,師匠の図鑑「北陸のきのこ図鑑」の方言対照索引によれば,珠洲ではヒラタケもエノキタケも「モタセ」ですまされている.モタセは木材から発生するキノコ(たとえばナラタケなど)のことを呼ぶことから,木から出てれば何でもモタセなわけだ.

エノキタケは菌床栽培のものが多く出回っているため,本来の姿を見て驚く人も多い.
enoki.jpg

写真は,ムクゲの木から発生したエノキタケ.
ものすごい数の傘で,ほんとにエノキタケかなと不安に思った.
去年までは花を咲かせていたらしいが,残念ながら枯れてしまうだろう.

角間でも昨月大きなヒラタケを採った.
今年はヒラタケやエノキタケに出会う機会が多い.
暖冬で,外を歩く機会が多くなったからだろうか?

投稿者 赤石大輔 : 18:53 | コメント (2)