季節
素材 切干ダイコン,油揚げ,野菜,醤油,砂糖,だし汁,
調理法 煮る
調理時間
難易度
切干大根と油揚げの含め煮
材料 切干大根・油揚げ・砂糖・醤油・だし汁

作り方:
①切干大根は水で戻す(戻した汁は捨てる)
②油揚げは短冊切りにする
③だし汁の中に戻した切干大根と油揚げを入れ、砂糖、醤油で味付けする(切干大根は甘味があるので、砂糖は控えめにする)


エピソード紹介:
切干大根作り

 2月~3月の晴れた日にダイコンを細切り器でおろし、すのこに広げたり、ござをひいて干す。
 3月も終わりになると、「とうがたって、もったいない(ダイコンが花が咲いて、もう食べられなくなる)」と、畑のダイコンを全部取って来てものすごい量の切干大根を作る。(からっからに乾燥して縮んでしまってから、缶に入れて保存。梅雨の時期にカビたりするので注意)
 煮物はもちろん、酢の物・・・早春に出るセリとの酢の物はとても美味しいものである。

たくあん作り

 冬、たくあん用にとダイコンを軒先に干す風景もまた田舎の風物詩。干し柿、干し芋、かきもち・・・夏、魚や海藻を干す風景とはまた違って趣がある。 
 寒い中、畑からダイコンをほじってきて、水で洗う作業は辛い。ましてたくあんなら大量だ。
 洗ったダイコンを紐で1本1本縛って干す。干したダイコンに糠と塩を入れて重石をして漬け上がるのを待つ。
 味見しながら食べ初めてよく漬かった頃には無くなって・・・とうのが漬物らしい。
 最近はビール漬け、焼酎漬け、たくあん一つとってもいろんな漬け方が紹介されている。

 コメント:
お名前