季節
素材 ナス,野菜,砂糖,味噌,
調理法 焼く
調理時間
難易度
なすの舟焼き
材料 ナス・油・味噌・砂糖

作り方:
①ナスは縦半分に切り網目状の切り込みを入れて、水につけアクを抜く(ナスはアクが強く変色しやすいので、切ったはしから調理するか、水にさらしておくのがポイント。あまりさらしすぎると旨みが抜けるので注意。)
②味噌と砂糖で甘味噌を作る
③フライパンにたっぷりの油をひき、水気を切ったナスを焼く
④ナスが柔らかくなったら甘味噌をのせて火を止める

写真のタイプのナスが柔らかくてお勧め。


エピソード紹介:
厳選素材 ナス

 ナスは栄養的に特別にとりたてるものはないが、体を冷やす作用があり、紫色の成分であるナスニンとポリフェノールはコレステロール値を下げる効果がある。
 独特の色合いや風味が好まれていて、揚げ物、焼き物、煮物、漬物となんにでも広く用いられている。
 ヘタについているトゲがチクチクするほどしっかりしているもの、実のツヤのあるものが新鮮。
 冷蔵庫に入れたり、風に当たると味や風味が損なわれるので、食べる分だけ収穫する。(とは言っても、ナスはすぐに大きくなるし、ご近所からもおすそ分けが来るし・・・)
 夏は特に甘みが増すのでシンプルな焼きなすなどがおすすめ。油との相性も良いので炒め物に向いている。(ナス・シソの葉の豚肉炒め・・・)

 コメント:
お名前